ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

竹田城を見に行こう(GW旅行三日目)

 三日目。実質最終日です。
 朝八時に車を受け取りに行って、そのまま姫路を出て北上。一時間ほど走ると景色は完全に山に囲まれます。
 目的は竹田城跡。
 ドラマか何かで使われて有名になったという話を知人から聞き、せっかくだからと今回の旅程に追加しました。特にドラマは見ていません。
 
 観光地化したのが最近らしく、一番近い駐車場と遠い駐車場が車で十分くらい離れてたりしますが、バスが運行されているので多少遅くても大丈夫かもしれません。かなり早く着いたので一番近いところに停められましたが。レストランや売店もあるのでここに停めるのが一番良さそうです。朝十時でほぼ全部埋まってましたが。

 駐車場から竹田城までは(一番近い駐車場からでも)徒歩では20分ほどかかるという事なので、大人しくバスに乗りました。それほど整備されている訳じゃないので、道路も狭く、徒歩で移動している人をうまく避けながらの運転は大変そうというか絶対運転したくないですこんな所。
 五分くらいでバスの停留所まで到着し、ここからならすぐだね!って思って歩いてみたら、そこから全力の斜度の山道を十分くらい歩いてやっと到着です。あの「歩いたら20分」というのは、停留所までの時間だったのですかね。城に着くまでに体力の大半を使いましたよ。

 竹田城跡は石垣しか残っていないので、その上を歩いて回り、周囲の景色を楽しみ、季節と運が重なれば雲海を楽しめるという感じなのですが、この季節は全くそういう事もなく、ただ暑く、強い日差しに照らされるだけでした。なかなか見られない景色なので十分楽しめましたが、どうせなら雲海が見られる季節をおすすめします。雲海に佇む城が一番楽しめるのは、多分空の上とかでしょうけども。

 地元には平地に突然山がぽつんとある、という景色がないので、西日本に来るとそういう小さな山を見られるのが実はちょっと楽しいです。ペンギン村の山みたいなイメージ。

 無事に下山して、帰路につきました。ここからはまっすぐ帰ります。日本海側の高速道路が繋がっているので、一般道走らずに済みます。

 帰りの高速道路がほとんど一車線だったせいもあり、途中でキャンプカーの集団が走っていて、完全に道路を支配していました。たまにある二車線でも、そのキャンプカー全てを抜去る事は出来ず、キャンプカーの隙間に入って行きます。どんどんと吸収されて行き、肥大化していくキャンプカーキャラバン。その最後尾で肥大化していく様を見ながらチンタラ走って楽しんでました。
「そうじゃ……若いものは次々とアレに挑戦し、そして取り込まれていった……おぬしも、行くというのか……」みたいな気分で。
 ちなみに二車線化された途端に散り散りになってました。

 という訳でゴールデンウィーク城めぐりの旅でした。小牧の山の上の城にも行っておけばよかったかもしれないんですが、まあ時間なかったし。あと写真撮ってるんだから載せろやって話ですけど面倒なので載せません。姫路城の夜のプロジェクションマッピングも数分間ですが動画も撮ってみました。ああいうの見ると良いレンズが欲しくなりますよね……(本体がバカ安だった時に買ったので今やレンズの方が高い状態)。

 次の長期休暇には広島の大和ミュージアムに行くべきだろうかと話をしている所です。高速道路上に泊まれる施設があるんですよね。そこで一泊すると面白そうだなーと思って。行程の半分位しか進んでないのが難点ですが。
    17:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1117-65ec7e7d
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。