ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

RG GP-01作成

リアルグレードのガンダム試作1号機GP-01が完成しました。
gp-01-01.jpg

 登場した作品も大好きですが、RGになって足元がガッシリした好みのスタイルになったので発売日に購入し、一部だけ改修して全塗装。デカールをどうしようか考えつつ放置してました。
 しばらくしたら公式にガンダムデカールが出ちゃったので、これ以上放置も出来ないなーという事で作業を再開してようやく完成しました。
 
 そして完成して撮影した後にまたしばらく放置していたという。

 とりあえず写真多めなので続きは畳んでおります。
gp-01-02.jpg
 足の太さが大変心強い感じで好きです。下半身のがっしりしたタイプ(HGUCヘイズル改とか)が好きなのです。

gp-01-03.jpg
 陸上型なので背面の推進機は最小限。ちゃんとダム成分もしっかりしています。
 RGを買ったのはRX-78以来二度目なのですが、あの基地外みたいな色分けに比べると幾分マイルドというか、「あ、ここは1パーツなんだ」みたいな所が結構ありますね。デザインが複雑になっている分パーツ数はそんなに減ったりもしていないでしょうけど。

gp-01-04.jpg
 顔は初代よりもマーク2寄りの悪い目つきになっていたのでひさしを削って角度を変えました。ツリ目の角度そのものは変わらないですが、それでもキットのままよりは優しい印象になったように思います。
 アンテナは真ちゅう線で細くした方が格好良いかもしれませんね。以前HGUC作った時はそうしました(あれは事故で折っちゃったからって理由ですが)。

gp-01-05.jpg
 このサイズでコアファイター(特殊文字扱いにもなるし2って書いても突っ込まれると面倒なのでこれ以後もIIは省いて表記します)内蔵。RX-78と違ってコアファイターなしの状態で組めません。むしろRX-78だけが特殊なのですけど。
 このハッチも、今は基部などを丸ごと上に上げた状態ですが、ハッチだけを開閉する事も可能になっています。ヒンジのパーツを破損してしまってうまく固定出来なくなったので丸ごと接着して動かなくしちゃいました。RGは「どこもかしこも動かせるようにしたから気に入らない部分は固定してね!逆より楽でしょ!」という仕様だと思ってるので勝手にいじります。

gp-01-06.jpg
 製品では内部フレームの大半をガンダムマーク2と兼用しているので、肩の付け根に謎の突起物が出ています。それによって肩幅も少し広くなっていたので、模型雑誌を参考に切り取って詰めました。もちろん極端に強度が落ちるのでほとんど動かしたくなくなりましたが、あまり動かして遊ぶものでもないんで構わないかなと。大きくいじったのはここだけで、後は素組です。RGは対象年齢も上がっていることもあってアンテナが尖っててフラッグもつかないので大変楽です。

gp-01-07.jpg
gp-01-08.jpg

 一応コアファイター形態も。隙間から見えると悔しいので塗装やスミ入れもやってあります。キャノピーとか着陸脚とかは塗ってませんが。あと面倒なのでコアファイター用のダクト(黄色いパーツ)に交換、というかひっくり返していませんがご了承ください。製品ではこのパーツの前後をひっくり返すだけで設定通りのダクトになるように出来ています。

gp-01-09.jpg
 シールドは上部分が可動。あと握り手とグリップが固定になったパーツがあるのですが、前面に突き出すポーズをとる時のためのものなので普段の構えには使いにくいです。逆に言えばそういうポーズを取りたくても今までなかなか固定出来なかった人には朗報。どれくらいの割合なのかわかりませんが。
 で、かわりに可動指で握るには保持力がなさすぎるので前腕のハードポイントに差し込むベルトみたいなパーツがシールドについていて、それで固定します。この穴も浅い上にあまりきつくないのですが…。
 とりあえず腕の穴を貫通するまで掘る事で多少マシになります。HGUCヘイズル辺りの固定方法をアレンジしたらいいんじゃないかなーと思うんですけど、そこまでいじると終わらないと思ったので何もしてません。写真撮る程度なら固定出来るからいいや。
 逆にビームライフルは専用握り手があるのであまり気にしなくても良いかも。固定用ダボをスミ入れ時に割ったので接着しちゃいましたが。あとスコープのクリアパーツも紛失したのでとりあえずそのまま。そのうち部品請求するか、ビルダーズパーツのライフルに交換するか考えます。

gp-01-10.jpg
 適当にポーズつけて撮影。可動範囲は広いですが肩をいじったせいであまり動かしたくなくなってて、恰好よく立ってくれれば満足です。
 アクションベースには専用パーツを使って接続します。股間に穴はあいていません。

 今回は全面塗装後にエナメルでスミ入れと軽いウォッシングを行いました。RGはパーツが多すぎて途中で嫌になるのでスミ入れからは組んだ状態でやってたんですけど、予想以上に割れまくったので真似しないようにしましょう。忘れた頃にパーツが落ちるんですよね…。左手の親指の付け根が割れたのはさすがに修復諦めました。

 RGは大変精密な上に筋彫りもしっかりしているので掘り直しをしなくてもそれなりに流れてくれるので、成型色仕上+スミ入れペン(+クリアorつや消しコート)とかでも満足度は高そうな気がします。単純に青の色が好みじゃなかったので塗りなおしてしまいましたが。

 というわけで久しぶりの模型作品はRGのGP-01でした。
 実際に撮影したのは2月なのでかなりの期間放置してしまい、今見ると全て写真撮り直したい感じなのですが、まあ今でもまだそこまで上達したわけじゃないからあまり変わらないかも。
 あと二つほど撮影して放置しているものがあるんで、早めに更新するようにしたいと思います。
 今年はできるだけ完成させていきたいと思ってはおります。ほぼ月1体ペースで今のところ動いているのですが。
    23:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1067-95f718d3
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。