ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

アルティメットニッパー買ったよ

 ゴッドハンドさんのアルティメットニッパーをようやく購入しました。18000番台でした(商品全てにナンバリングが施されています)。
 噂を聞いてからもしばらく手に入らず、近所の模型店でもずっと品切れが続いていたのですが、公式のTwitter情報でアマゾン出荷の報を聞き、何とか購入出来ました。
 という訳で今日は今更ながらのアルティメットニッパー使用した感想です。

 他の方も感想でよく言われますが、切った時の手応えが「サクッ」っていう感じ。または「すっ」と刃が入って行く感じ。
 プラスチックを切るというよりは、消しゴムを切るかのような感触(個人の感想です)。
 押し潰す事がないのでゲートの形状がまったく変化せず、パーツへの負担もほとんどないためにこのニッパーだけで二度切りすればそれでほとんど終了です。厳密にはコンマ数ミリの段差が出るので、ナイフかヤスリで切り取る方がより良いと思いますが、今までのニッパーに比べて切った後の処理は格段に楽だと思います。これまではグッスマの匠ニッパーを使用していて、これでも十分な切れ味だと思っていたんですが、(しばらく使っていて切れ味が落ちてきている可能性も高いですが)ちょっとレベルが違うなーと思ってしまう程。ついでにタミヤのモデラーズニッパーで久しぶりにゲートカットしてみたら、もはや何の冗談かという程に切り口は荒く、白化してしまっていました。いや、従来はこれが普通だったんですが。
 
 届いて最初に作ったのはエフトイズさんの艦これ食玩キット。1/2000の戦艦の塗装済み組み立てキットが入っていて、艦娘のパネルのついたベースに飾る事が出来ます。1/2000と非常に小さく、組み立てるパーツも細かいため、普通のニッパーではちょっとキレイに切れる気がしないのですが、アルティメットニッパーならラクラク綺麗に切れる上にパーツが弾けて飛んで行かないという追加アビリティも。
 その後はMGのキットを仮組するのにも使っているのですが、切った所が白化しないので、ニッパーだけでほとんど切り離し作業が終わります。

 というわけで非常に良い道具です。
 更にこのニッパーは、模型誌や模型作製の教科書的書籍の常識を書き換える可能性を秘めています。
 今までの常識である、「プラモのゲートカットはパーツから離れた所で一度切り、さらに一ミリ弱を残してカット。そこから先はナイフやヤスリで仕上げよう」という記述が変わる恐れがあるわけです。安い普通のニッパーの切れ味までもが変わる訳ではないので、変わるとしたら追記が入る感じでしょうけど、それでもアルティメットニッパーを始めとする薄刃ニッパー系の選択肢が非常に増えてきている昨今、これらを無視する訳にはいかなくなっているのではないでしょうか。

 お値段は3500円程とかなりお高くなっておりますが、半端に良いニッパーとカッターとヤスリを買うのと大体同じくらいですし、プラモデル作成でもトップクラスの使用率を誇る道具なので良いものを買っておいた方が効率は間違いなく上がります。ガンプラなどを無塗装で仕上げようという人にはもちろんパーツの白化がないというのは大変良いですし、塗装する人でも処理時間短縮がはかれるので全体の作業時間も短縮出来ます。どちらのタイプの人にもメリットは大きいです。という訳で出荷するとあっという間に売れてしまうため入手はちょっと難しいですがおすすめです。
    17:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1066-63707fa8
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。