ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

サカサマのパテマ感想

 サカサマのパテマの感想を、書いたまま放置してしまっていたのでせっかくなのでアップしときます。大変良い映画だったので、是非色んな人に見て頂きたいので。ソフト化しましたし。

 サカサマのパテマという映画を観てきました。
 ジブリ製じゃないラピュタ的冒険物語という感じ。

 ポスターの絵面が、男の子が女の子にパワーボムっぽい技(もっと似てる技があるそうですが名前忘れました)をかけようとしている図みたいな感じになってますが、あれはそういう物ではなくてあの二人で重力の方向が上下サカサマなのを表しているのです。言われなくてもわかりますね、そんなの。

 最初に少女パテマが地下の狭い世界で生活し、そこから広い世界に出ようとする様が描かれます。外の世界を知ってしまったらしい男(パテマの初恋の人かもしれない)に影響を受けて、何故か手を離すと空に浮かぶ写真を大事にしていました。
 禁忌の場所とされているっぽい深い縦穴をこっそり降りて行くと、その先は写真で見たような世界が広がっていました。

 眼下に。
 彼女からすると、天井に地面があって、足元に空がある状態。

 地面の上の世界は、空が広がっていて、草木が生い茂り、太陽が輝き、どこまでも広がっていますが、ディストピアでした。
 誰もが国の偉い人のために生活し、規則正しい暮らしをして、空を不浄の物として扱っています。
 この世界では、過去に何か大きな事故か何かで重力が反転するという大変な事が起き(映画の冒頭でこれを示唆する映像が出てきます)、今はその災厄を逃れた僅かな人が暮らしている状態だそうです。そしてその時重力が逆さになってしまった人達は、地下にこもって暮らしているのだとか。
 今では「空に行かなかった我々が正しい人で、行った人は悪い人だった」的な教えが一般的となっているようです。なので空を見上げる事も推奨されておらず。皆うつむいて暮らしています。

 そして主人公である少年エイジは、いつも空ばかり見ている、あまり社会に馴染めていない男の子。父親は気球を作って空を飛ぼうとして、その際に事故で亡くなっており、相当な変わり者として扱われ、息子である少年も腫れ物を触るように周りから扱われて、浮いた存在になっています。
 時折立ち入り禁止区域のフェンスのそばまで来てぼーっと空を眺めたりする事が好きで、割とドロップアウト気味な生活を送っていました。もちろんそういう人は「成績」がよろしくなくなるので、あまり良い暮らしは望めそうにありません。良い暮らしというものがあればですが。

 そこに地下から現れたパテマ。しかも地面からフェンスを伝って空に「降りて行く」という姿。
 今まで伝説と思われていた重力逆転の話が、事実だったのではないかという証拠です(実際にはどれくらい昔の話なのかは劇中ではあまり詳しく語られていないので、伝説扱いなのか事実扱いなのかはよくわかりませんでした)。
 彼女と出会い、世界の真実を知ろうとする男の子と、それを阻止しようとする権力者の戦いが始まります。

 ラピュタのようだと最初に書きましたが、色んな所が今風です。女の子の視点から始まる事や、パズーのような血気盛んな男の子ではない事など。
 また、パテマが夢見た外の世界が、実際に行ってみたら案外理想の世界でもないどころかディストピアな辺りは皮肉というか洒落が効いています。

 メインの視点がパテマとエイジで天地がぐるりと逆になるので、そのうちどっちが正しい方向だったのかわからなくなってきそうにもなるし、それをうまく利用した演出上のギミックが沢山出てきます。
 そして途中で攫われたパテマを救いに行く展開から、世界は大きく動き出して、この重力の謎が明かされる事になります。
 明快な冒険活劇とはちょっと違いますが、重力のギミックが全体に渡って活かされて、どこに落としどころを持って行くのか最後までわからない展開が続くため、ずっと飽きずに観ていられます。全体に渡って非常に細かく伏線を散りばめているので、二度観た方がよいかもしれない。
 あまり語るとネタバレしそうになってしまうので内容についてはこの辺にしておきましょう。
 BDも出ましたし、是非観て頂きたい作品です。こういう作品はどんどん応援していきたい。
    12:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1065-95450ea8
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。