ハイスペック・バカ

ものすごく久しぶりにこのカテゴリのエントリ書く。


 昔、モバイル機器を色々と購入して理想のモバイル環境を模索していた時期がありました。用途は主に文字入力だったので方向性ははっきりしていたのですが、それ故にどの機種もOS的にも機械的にも一長一短でした。
 結局現在はBuletoothでキーボードが使えるiPhoneを使う事が最終的な答えに落ち着いて、ここ数年はそれで安定してました。

 しかし飽きました。

 iPhoneの母艦としてのノートPCを買い替えて、14インチくらいの大きなものにした事で、家の中でのノートPCの使用率は格段に下がり、やはり僕は大きな機械に愛情を注げないタイプの人間だという事を改めて実感。特殊な性癖みたいですが。
 ブログ更新頻度が下がった理由の一つにノートPCの使用率減少があるとか言うと外部環境に言い訳を求める能無しのようですね。実際そうですが。

 という訳で、また小さなノートPC型の文字入力装置がないものかなと物色していたのです。

 一頃のネットブックブームで小さなノートPCは流行しましたが、その後のタブレットブームであっさり全滅。そもそも終了と起動に数十秒かかるWindowsはこの手の用途には向いていません。徒歩10分圏内の買い物にリムジン乗りましょうかみたいなもんですし。そこにロマンを感じるというのも十分理解出来ますし過去にもその手のマシンを絶賛するエントリ書いてたり実際買ったりもしています。

 しかし僕が色々使っていた時代とは違って、今は大変モバイルにやさしい時代。スマートフォンの進化に伴うOSの進化、屋外でのネットワーク環境の普及、そしてそれらに優しいソフトとクラウドコンピューティングの台頭。
 これらのおかげでOSがどんなものでも大体は同じような環境を構築する事が出来るようになり、基本性能が高い為に機能の取捨選択をあまり気にしなくても良くなり、さらにデータのやり取りをサーバーを介して行えばデータメディアの互換性も気にする必要がありません。
 OSもメーカーも気にする必要はなく、純粋にスペックやサイズなどの「自分が使いたい用途に合致しているか」だけ気にすれば良いという素敵な時代になりました。

 という訳で最近はAndroid端末が気になってます。ノートPCのような形態の、クラムシェル型端末がいくつか出ており、小型ノートPC大好きっ子としては軽く興奮気味。
 今の所一番気になっているのがNECのLifetouch Note。Android2.2搭載で7インチ液晶とフルキーボード採用。シグマリオン3やモバイルギアの再来とまで言われているようです。肝心のキーボードが多少残念な仕様であるとか重心バランスがノートPC型としてあり得ないトップヘビーっぷり(液晶側が重くて倒れる)であるとか、もうちょっと詰めて欲しかった気はしますが、それでもこの時代に出してくれた事がありがたい。

 今までもPalmとかPPCとかCEとかザウルスとか色んな物をいじってきましたが、今度はAndroidにも挑戦してみようと思います。モバイル系OSでまったく触った事がないのはあとはSymbianとBlackberryくらいかしら。もうあんまり機会ないけど。
    19:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1033-ac9dc9c0
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: