ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ゴティックメードを観てきたよ

ゴティックメードを観てきました。
永野信者という訳ではないのですが、ファイブスター物語(以下FSS)は勿論好きだし、しばらくソフト化されないという噂も聞いたので(すると思うが)、新年早々観てきました。がんばって上映館を増やしているのは、もしかしたら連載再開にあたって「観ておくべきもの」なのかもしれないという危惧もありましたし。

PV等を観た時、「なんだか古くさそうな映画だなあ」という実に失礼な印象を持っていたのですが、実際に観た後も、言葉の意味は全然変わりましたが、やっぱり「これはとても古くさい映画だ!」と思いました。理由は後述します。

永野ファン、並びにFSSファンの中でも、連載再開を大人しく待っていた人は見るべきなんだろうなと思います。そういう作品でした。
永野先生の絵のままでキャラが動き、メカが動き、エフェクトが舞います。漫画の中での動きの表現やエフェクトの表現が、そのままアニメになっています。あの独特の描き方は作者の頭の中ではこうなって動いていたんだな!というのを確認するための作品と言えましょう。ヘッドライナーの独特の走り方や、モーターヘッドの動き方など、きっと彼の脳内ではずっとこうやって動いていたんだなと思うと、ようやくファンもそれらを共有出来たという感動が味わえます。そうでない人には手抜きとかFlashかよとかそんな印象になるかもしれません。

あとは設定的にも色々と面白そうな感じになっているので、詳しい人程ニヤリとしたり、むしろ首をかしげてしまったりするのではないかと思います。

お話としては、詩女と呼ばれるヒロインが、とある国の王子様と出会い、解り合うまでのお話で、特に(ストーリーだけなら)これといった見所もなく、淡々と代わり映えの無い演出で終わりまで続くという、それはそれは永野作品をそのまんまアニメにしたような内容です。永野ファンならば「よくぞここまで永野作品をそのまんまアニメにしてくれたものだ!」と感動出来るほどのそのまんまっぷりです。メカ戦以外は。主人公二人が出会ったばかりの頃の、まだ理解しあう前の会話における皮肉の言い合いや、その時の二人の表情など、脳内で逆に漫画のコマとして映し出されて来た気がするくらいに「そうそう、これこれ!」という感じです。メカ戦はストーリーの都合もあって、実力伯仲のライバルとの鬼気迫る戦いとはならなかったため、実にあっさり終わってしまい、原作の迫力あるバトルを期待していた人はちょっと残念かも。ただし前述した通り、動きと音の再現としては完璧なので、それ以上を望むのは酷なのかも。
実際にはこのような漫画の(いや、厳密には存在しないですが)再現というのはなかなか出来る事ではないのですが、永野ファン以外の人が見ても、おそらく楽しめないでしょう。何しろストーリーが盛り上がらない。詳細は書きませんが、普通ならもう一捻りそこであるだろうというところをスルーしてしまい、代わりにファンがびっくりするお楽しみ要素だけ突っ込んで「一捻りってそっちかよ!」と言いたくなるような展開であるために、その突っ込みが出来ない「非永野ファン」は、ただの肩すかしで終わる可能性が非常に高いという諸刃の剣です。

おそらく最初から、この映画は、永野カントクが「自分が作りたい、観たい作品を作ろう。だからこの作品は僕のファンなら絶対に観たい、楽しい作品になるよ!」という、エンターテインメントの概念からするとなかなかあり得ない覚悟を持って作られていると思います。そしてそれは実際にその通りになっていると思います。何と、永野ファンなら一度観ただけでは満足出来ず、視聴後に色々と調べて状況と設定を確認して、もう一度視聴してそれらの再確認をしたくなってしまうという中毒性を持っているのです。様々な演出の意図、設定を理解した上で全てをもう一度俯瞰の視点から見直す事でわかる事実などを楽しむ映画なのです。
アニメが一般化していく過程でアニメ業界があえて切り捨ててきた、オタクによるオタクのためのオタク映画のある種の究極の姿が、この映画と言えるのではないかと。そういう意味で(他にもちょっとだけあるけど)この映画はとても古いタイプの映画だなという感想を持ちました。観る前とは違う、割とポジティブな意味で。

まだ見ていない永野ファンの人は、順次全国で上映館を増やしてくれておりますので、連載再開前に出来るだけ観ておく事をおすすめいたします。そうでない人は無理に観ない方がいいです。ファン以外が楽しめるような要素がほぼ皆無なので。
    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1025-97741713
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。