ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE46話「ちょ、俺まだフラグも立ててないのに!」

 そろそろ秋の気配が見えてきたようで、夜中はそれなりに気温が下がることも多くなりました。ようやく夜に動けるようになるかと思うとありがたい。
 それはさておきドミニオンとサンダーストーンというゲームを買いました。ドイツ生まれのイカしたカードゲームです。トレーディングカードゲームの流れを組んだまったく新しいゲームという事で非電源ゲーマーにはかなり有名なものらしく、結構ボードゲームとかが身内で流行しているので(遊ぶ暇がなくて最近は全然やってませんが)、私も何か買っておこうと思って手を出してみました。
 ついでにカードスリーブを購入して保護のために入れようとしたんですけど二つあわせて1,030枚のカードをスリーブに入れるとか何の修行なんだこれと思いながらやってました。
 この辺のゲームについてはまた後日改めて(ルール理解してから)何か書きたいなと思っております。

 残り話数がまったくないのに何故かアバンで二話前のあらすじを放送する謎の構成からはじまりました今週のガンダムAGEですが、いよいよ要塞への侵攻を開始します。要塞とセカンドムーンがドッキングでもするかの如く近づいてますが、あんなでかいものがゆらゆらやってきても(一ヶ月強で火星から地球までやってきたのでとてつもない速度ではありますが)惑星とか衛星の軌道に影響でないもんなんでしょうかね。今更な疑問ですが。

 アバンどころか本編も先週の話はなかったことにして始まりました。アルグレアスの演説から始まり、要塞への侵攻をいよいよ開始します。

 出撃前にアビス隊長とナトーラ艦長のマリア様が見てるみたいなやり取りがあったり、久しぶりにウェンディがやってきてキオと話をしたりしてました。ウェンディだけは戦闘反対派なのね。
 あとはFXにバーストモードという攻撃力アップ(代わりに命中率ダウン)のモードがついたという事で説明を受けますが、華麗に首チョンパが出来なくなるのが嫌なので使うつもりはないようです。全然関係ないですけど、キオとロディとウッドビットが並ぶとウッドビットが何かのゆるキャラの着ぐるみみたいに見えますね。目の描き方も一人だけ違うので。動いているときはもう慣れたんですけど、一時停止押してみたらちょっとおもしろかったです。
 バーストモードを使おうとしないで不殺を貫こうとしていたら、アビス隊長がやってきて直球でダメ出し。殺そうともしないとは何事かと正論を行ってきます。まあ、聞く耳持たないんですけど。おじいさんや隊長ともわかりあえないのにどうやってヴェイガンと解り合おうというのでしょうかね。ちなみにウッドビットからも同様にダメ出しされててなんだかなー。意固地になりそうです。

 さて、ヴェイガン側でもこれを最終決戦的な感じになっているのか、ゼハートがヴェイガン市民に巨大ホログラフィーで演説して鼓舞してました。ヴェイガン市民だけでなく、以前ちょっとだけ出ていた武田信玄もどきとか、しばらく出番のなかったザナルドもこれを見ており、特にザナルドは「何様?」とかそんな感じの態度で見ていたのですが、途中でイゼルカント様から「あいつに全権引き渡したから以後はあいつに従え」と言われてふてくされてました
 そしてそのイゼルカントは自分の遺伝子を継いだ若者(以前培養液に入っていたやつ)にパイロットとして頑張れとか言ってます。魂はゼハートに受け継がれたからだとか。ここまでこいつの存在引っ張る理由あるのかよくわかりません。打ち切り漫画によくある展開ですよねこれ。ラスボスが唐突に出ないように伏線張っておいたよ!という感じなのでしょうか。70年にも渡る因縁の戦いで、そこに数十年居座ってがんばっているキャラが何人かいるにも関わらず何の説明もなく新キャラが最強でラスボスなのよとか言われると今までがんばってきたキャラがかわいそうな気がします。特にイゼルカントはもうちょっとタイミングあわせてコールドスリープしてたら最終決戦に間に合ったんじゃないのと思えないでもないですし。
 あとはゼハートとフラムもフラグを立てたりブチ折ったりしつつもフラムの乙女回路的には「部下でもいいから大事だと言ってくれて嬉しい」とか無理やり自分を納得させてました。この番組中でここまで乙女回路を持った女性キャラはいなかったんじゃないかしら。明確に劇中で相手に好意を持って接していた女性ってあとはレミとユリンくらいのものですよね。
 なんで正ヒロイン達はそこに上がってこないのかね

 まあ、とにかくいろんな思惑が交差した中で、要塞ラ・グラミス戦の開始です。
 かなりの総力戦で、様々なMSが登場して戦闘を繰り広げます。前半のフラグを立てるためだけの会話の後という事もあって、戦闘中心の展開はメリハリもあってとても良かったと思います。左右に撃ちあうだけとかそんな単調は戦闘ではなく、ちゃんとしてるなーという印象。相変わらずキオは首チョンパしかしないけど、時折味方へのシールドとして頑張ったりしてました。
 作戦上、宇宙要塞のすごいビーム(ビッグリングを破壊した奴)の射線上に陣取ってしまった連邦軍ですが、「ヴェイガンの艦隊も射線上にあるんだから撃ってくるはずないじゃん」と判断してそのまま特攻。しばらくはそのまま戦闘していましたが、途中でジョナサンがとある戦艦の適当な攻撃を不審に思って近づいた所で、それを見ていたフリットが囮作戦である事に気付き、全艦射線上から退避させるのですが、一部(ジョナサン含む)が間に合わずにすごいビームで焼かれてしまいました。明確に身内が犠牲になるのはものすごく久しぶりですね。

 意外な攻撃に驚く連邦側ですが、お前ら同じような作戦やった事あるじゃねえか。しかも普段から「ヴェイガンは血も涙もない殺戮兵器だ」みたいな事言ってる割には「今回は味方が邪魔だから撃たない(キリッ)」とか考えるのも甘すぎませんか。
 まあそれはともかく、さすがフリットさんは味方が死のうが何が起ころうが自分の気に入った人さえ死ななければ特に気が動転する事はないのですぐに立ち直り、アルグレアスに声をかけて立ち直らせ、作戦を続行させます。さすがに一度撃ったらエネルギーチャージに時間がかかるだろうと考えて(根拠は一切ありませんが)中央突破で行く事に。また撃たれたらここでヴェイガンの勝利でしたね。ディーヴァはフォトンブラスターを撃つために前進し、アビス隊も護衛のために同行。
 しかしそれを「読んでいた」ゼハートは自らガンダムレギルスで出撃してFXを牽制。来るの分かってるんだったらあのビーム二回撃てるようにしとけば終わったのに。
 それはさておき、FXとレギルスの幻魔大戦とかマクロスプラスみたいな超戦闘はなかなか決着はつかず、途中でフラムまでやってきたものの決定打に欠け、二対一という不利な条件でもバーストモードは意地でも使わないでいたらヴェイガンが助けてくれました

 ザナルドの裏切りです。

 イゼルカントがまだ生きてるのにそんな事して大丈夫なのか気になりますが、まあ戦場で名誉の戦死を遂げられた事にしてしまえばなんとでもなるのでしょう。FXとザナルドの配下のMSを相手にフラム一人で戦わせてゼハートは引き、第二攻撃部隊とやらを召喚します。フラム明らかに来週辺り死にそうなんですけどいいのか。

 で、第二攻撃部隊ってどんなエリートちゃんがやってくるのかと思ったらキオ編の砂漠で初登場したファントム3の生き残りとキオがセカンドムーンでお世話になったディーンが再登場です。今まで忘れていたので慌てて登場させたかのようなギリギリのタイミングですが、まあ忘れられるよりはマシですよね。大した活躍もせずにキオに殺されて苦悩させる役として頑張っていただきたい(ひでえ)。特にディーン。ちなみにディーンは特にエフェクトもなしで「キオがこの戦場にいる」事を感じ取っていたのですが、キオの気でも発見したのでしょうか。まあXラウンダーなのでしょう。もしかしたらミューセルによる強化人間なのかもしれませんが。
 ファントム3の生き残り、ゴドムはMSの整備が終わっていなかったために、何を思ったか隣にあったボールみたいな簡易MSに乗り込んで戦いに挑みます。いいのかそれで。死にに行くようなもんじゃないのかそれ。

 まあそんな訳で最終決戦は来週に持ち越しです。色んな謎や問題を放置したまま終わりそうな雰囲気になりつつありますが、まだあと30年戦わなければならないし、これが何度目の最終決戦かはもう忘れてしまったので、あまり気負わずに次週も見たいと思います。

 今週は「死亡フラグ立てなかった人だけ死んだよ!」という回でした。彼の死が特に話の流れや戦局に大きな影響を与えていない(そもそもストーリーに一切絡まなかったキャラだし)ので、「ほらほら味方が誰も死なないとか言うから殺してやったよ?って言ってるんじゃないの」みたいな感想以外出てこないのですが、この番組ってセカイ系なので主役陣と喋るモブという二極化が激しいのが原因なのかなーと。ディーヴァクルーに至っては三世代編に入ってから一人も喋らないしバルガス族のオペレーターは何も口にしなくなってるし、もはやセル画で描かれた背景と化してきています。デジタル化されてもセル画っていうのかしら。どうでもいいけど。

 来週はイヤボーン的展開でバーストモードを発動させてザナルドが死ぬっぽい予告でしたがどうなるんでしょうか。楽しみですね!
    17:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1010-861152ff
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。