ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンダムAGE45話「守護者じゃなかったの?」

 わりとちゃんと更新するようにしたらここに書くことがなくなりました。
 という事で文章考えてたら日付が変わってしまったのでもう諦めて更新してしまいます。なんか本末転倒だし。
 アップしようとしたらしたで今度はタイトルを考えるのを忘れていたりとか。いやー、暑いねー。
 前回の引きから続いてゼハートVSシド戦です。ガンダペディアがなかったので作中だけでシドについて説明がされてましたね。
 凄い勢いで曲がるビームを何本も打ちまくりながら近づいたものを破壊するようで、レギルスに乗ってXラウンダーの能力をフルに活用したゼハートだからこそ避けられるようなレベルなのでしょう。そうでないと今まで発見出来なかった(多分発見されてたけどシドが倒せなくてたどり着けなかった)理由がつかないですし。
 最初は防戦一方だったのですが、次第にレギルスの力を開放しはじめ、蛍ビットで全身をバリアのように覆ったりとか色々進化してレギルスの目も見開いてたりしました。とにかくここを超えられないようではイゼルカント様の意思を継ぐ事など出来ない!と一生懸命な所は良いと思います。まあ、当のイゼルカントは「Xラウンダーなんか動物的なカンとか使ってむしろ退化だろアレ」とか言ってたはずなんですけど基本的に人の話を概要でしか理解しようとしないタイプの人なので忘れてるかもしれません。

 一方、別な方向からシドの存在を確認した海賊達。海賊、特にアセムには浅からぬ縁があるようで、回想シーンが入りました。今やる事なのかコレ。もっと前からやっときゃシドの登場も唐突に思われなかったんじゃないの。何の工夫も無く自分の口から「俺はアセムだ!」的に正体ばらすくらいなら、ねえ。
 そしてなんとアセムの声が江口さんに戻るという凄い回想シーン(エンディングのキャストでは、キャプテンアッシュとアセムという分け方をして二人一役の状況を整理してました)で、白いAGE-2に乗っていた頃の映像です。シドに出くわしたアセムは、最初こそ攻撃を避けていましたが次第に押され、最終的にはフルボッコ。3部冒頭のダルマ状態のAGE-2にさせられてしまい、アセムもヘルメットが割れる死亡確認状態に。
 ガンダムAGEの世界ではヘルメットが割れるのは死亡の暗喩であることが多いので、今回もここで死ぬのかと思ったら何故か助けられて生還しました。

 という訳でアセムは海賊になったらしいです。全然理由がわかりませんでしたが。詳しくは外伝を読んでね、という事らしいですが、外伝読者から「シドとの馴れ初めがマンガと違う」と指摘されているのが気になる所。
 
 アセムとゼハートはシドの前で合流し、(2部ラストの反省からか)一度はゼハートが拒否しながらも結果的に共闘、という形で二人はシドと対峙。姿を消す能力で翻弄するシドに対してワイヤーアンカーを引っ掛ける事で移動先を発見するという釣りアニメみたいな流れになりましたが、これで何とか勝利に結びつきます。
 正直あんだけ小惑星だのデブリだのが集中している中で、通常のMSの数倍の大きさのシドがそんなに自由に飛び回れるとも思えないので、レギルスの蛍ビットを全方位に照射すればどれかヒットまたはビットにぶつかるんじゃないかと思うのですが、せっかく作ったアンカーなんで一度は見せ場を作ってあげようという気持ちは理解出来ます。どうせならプラモデル発売時期にやってあげて欲しかった所ですが。

 それにしても結局シドは背中にあった小惑星を守っているという事が途中で気付かれて、実際シドを倒した後に小惑星の中に入ったらEXA-DBは見つかったんですが、シドはビームを撃たれた時に普通に避けて小惑星に当てていたり姿消して普通に移動してたりしたんで本当にちゃんと守ってんのか気になりました。

 シドを倒して中に入り、EXA-DBを発見した所で、破壊してしまおうとするアセムと、データを持ち帰ろうとするゼハートの間で諍いが生じますが、空気を読まずに海賊の戦艦が主砲を撃ちまくって小惑星を破壊(最初からアセムが指示していた)。EXA-DBは藻屑と消えました。
 消えた、というかその後誰も残骸等のチェックを行わずに両者が立ち去ってしまったのですが、ラストでホラー映画の余韻を残すような感じでEXA-DBと小さくなったシドが残ってました。シドはEXA-DBによって自己進化を行う機体だそうなので、多分これで最強のMSとなって立ちはだかるのでしょう。
 というか序盤であんだけ拘って戦ってレギルスの目を開くまで使ったというのに見た目壊れたっぽいってだけでろくに確認もせずに「まあいいだろう」とか言って立ち去るゼハートはもうちょっと自分が何をしたいのか考えた方がいいと思います。

 来週がどうも決戦らしいのですが、その次にいきなり30年後に飛んだりとかして連邦とヴェイガンが協力してシドを倒す展開になるとかそんな超展開はいくらなんでもないですよね?

 という訳で今週は「シドを倒したと思ったけどそんなことなかったぜ」という話でした。日野さんの脚本じゃなかったのでお話があまり進められず、まるまる1話使ってEXA-DBの取得に失敗しただけの話という贅沢な内容で、本当に残り四話くらいでちゃんと終われるのか気になって仕方がありません。
 気になると言えばここんとこずっと主人公がゼハートでヒロインがフラムとアセムという状況が続いていて、特にウェンディの影の薄さが気になる所です。まあ、もう無理にキオと結ばれる必要もないっちゃないんで、どうでもいいんですけども。
    13:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://vile.blog31.fc2.com/tb.php/1008-11f31a91
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。