ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

【アナログゲームレビュー02】王たちの同人誌

 感想文に変なタイトルをつけるとあとで検索しにくいので感想関連は直球タイトルにするように最近しています。

 王たちの同人誌という同人ゲームがちょっと話題になっていて、最近通販可能なお店で入荷してたので買ってみました。1800円でした。
 DLサイトで1800円の同人ソフトがあったら買うのめっちゃ躊躇するのにアナログゲームだとホイホイ買いますね……。

 プレイ人数は3人から5人という事でしたが、家に三人いないので、二人でそれぞれが二人分担当してプレイしてみました。条件がだいぶ特殊ではありますが、簡単な感想を書いてみたいと思います。

 まず、箱をあけて気になったのは内容物の詳細が書いてないこと。カードが複数種類あって、いろんな種類があるので出来れば最初に確認したかったのですが、マニュアルの最初に書かれてませんでした。残念。
 そしていきなりフェイズの説明から始まるので、まず準備の方法がわからない。途中に描かれたイラストを頼りに準備をします。
 ちなみに文章で説明すると以下のようになります。
・同人カード(裏がグレー)、イベントカード(裏がブラック)、切札カード(裏がブルー)をそれぞれよくシャッフルします。
・切札カードをプレイヤーに一枚ずつ配ります。このカードは他人に見せないようにします。
・同人カード、イベントカードの山を場の中央に置きます。
・流れでカードを破棄する事がありますので、その場所を確保します。

 こういう事がイラストから読み取れるのですが、出来れば最初に説明があった方がいいんじゃないかと思いました。

 ルールは公式サイトにもありますが、手札を増やして同人誌の素材を集めて一冊の同人誌を作成し、それが終わったら即売会に移行して様々なイベントを乗り越えていき、最終的に得点の高い人が勝利となって「壁」の商号を得ます。

 切札カードは主にイベントカードへのインタラプトとして使われるのですが、その使用条件が少しわかりにくかった。自分に不利益のあるカードが場に出た時に(誰が出したのかは問わず)使えるのか、自分が引いたときだけにしか使えないのか、カードの破棄というのは引いたカードがなかったことになって全員がその恩恵を得られるのか、自分だけなのか。
 今回のプレイ時には「誰が出した時でも使える」「カード破棄と書かれた切札の効果は全員がその恩恵を得る」にしました。

 イベントカードは所謂同人イベントあるあるなのですが、自分が零細サークルすぎて身に覚えのある現象がほとんどなかった気がします……。本当に僕はコミケ参加してた事がある人なんでしょうか。

 ゲームとして遊ぶというよりは、三題噺みたいな「このゲームで生まれた同人誌を実際に作ったらどうなるだろうか」を考えたり、その場で落書きしたりしながらダラダラ遊ぶのが一番正しい遊び方なんだろうなーって気付いたのは翌日改めて感想を呟いていた時にフォロワーさんにリプ頂いたときでした。
 ゲームと同人誌が脳内で全く結びつかなくて、とにかくルールの把握と文章の解釈に追われてましたね……。カードもフレーバーテキスト無視して点数だけで遊んでたね……。
 実際、これ書く時に公式サイト見たんですが、「高度な駆け引きや熟考による真剣勝負ではなく、運の流れと展開をみんなで笑う面白さに重きを置いた「まじめな皮を被ったネタゲーム」です。」と書かれてましたんで、そういうことなのでしょう。曖昧な勝敗関連部分の記述を見ても感じ取れます。

 予想以上にパーティゲーム寄りだったのを最後まで理解せずに遊んでしまったので、次はその辺考えながら遊んでみようと思います。ルールそのものは難しくはないので。

(2/2追記:前回のレビューでタイトルつけたのに完全に忘れてたので統一しました)
スポンサーサイト
    11:48 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ダンジョン飯


 ダンジョン。
 僕はこの響きが大好きなのです。
 ダンジョンを舞台とした作品も大好きです。
 未だにダンジョンマスターとウルティマアンダーワールドのTowns版を手元に確保してあって、いつかクリアしてやろうと目論んでいますし、ウィザードリィも大好きです。ウルティマアンダーワールドは攻略本も当時の物をとっておいてあります。読み物として面白いんだこれ。
 しかしダンジョンというのは、いったいどれくらいの時間(または期間)潜っているものなのでしょうか。
 日帰り出来るものなのか、それとも数日間じっくり潜っているものなのか。
 日帰りだとしても朝から潜って夕方に戻ってくるような時間なら、途中で空腹に教われるでしょうし、数日間ともなれば用意していくべき食糧の量はかなりのものになるはずです。
 ゲームにしろ漫画などの作品にしろ、そういった部分をリアルに描こうとするとそれだけでかなりの尺や手間を取ってしまうため、よほどの事がなければメインに取り上げる事はない部分ですが、これに真っ向から立ち向かう漫画家が現れました。
 九井諒子先生の「ダンジョン飯」をご紹介。
 九井先生の漫画は、どれも既知への懐疑と未知の余韻のバランスが絶妙で、皆が気になってるけどスルーせざるを得ない部分や、あまり気にしない部分に真っ正面から切り掛かり、見事に解剖していきます。
 今回の漫画も、タイトル通りにダンジョン内での食事を現地調達してみたらどうなるだろう、という内容の作品です。
 モンスターの解釈は作者オリジナルのものもありますが、非常に説得力のある描写と解説で納得させてくれます。「スライムの断面図」を描いた人を私は寡聞にして存じ上げません。

 倒したモンスターの部位を上手に使い、時には罠をも利用し、その場で調理して食します。
 出来た料理の大半が、まあ見事にあんまりうまそうじゃない。
 モンスター料理を好んで食べようとするのが二人いるのですが、彼らは実にマイノリティな存在で、大半の人は食べたがりません。なので、あまりうまそうに見えないのが多分正解。
 それでいて食べてみた時の味の良さに驚く訳ですが。

 モンスターが食える、というのはつまりそのモンスターの生態や構造を知らなければ出来ません。前述した断面図もそうですが、一般的な動物にある程度照らし合わせて似た部分を抽出して、なんとなく分かりやすく……というか、納得しやすいように解説してくれているので、読んでいても何となく「そういう事なら食べられそうだな」って納得してしまいます。この辺のさじ加減が実にうまい。
 以前の作品集でも「お金を食べる人」の話があったりしましたし、納得力においては昨今右に出る人はいないのではないでしょうか。他の作品でも食に関する描写の多い方なので、作者のこだわりが爆発しているのかもしれません。

 食事部分以外でも九井ワールドの面白さは多いです。正直今までの九井ファンタジー漫画の集大成的な、「ファンタジーに無粋なまでにリアリティをぶち込んでいながらフェンタジー風味を打ち消さないバランス」が炸裂しています。今日の文章爆発とか炸裂とかそんな表現ばかりですが。
 一番好きなのはキャラクターの死についての解釈。
 そこら中で死んでます。
 メインのキャラクター達も死亡経験があります。
 しかし、蘇生の魔法がそれなりの手軽さで存在しています。
 特に作中で明確にされていませんが、蘇生の魔法についてはかなりしっかりと九井先生の中で(この世界上での)解釈が出来ているのだと思います。
 そもそも、彼らがダンジョンに潜り、そして食糧の現地調達をしなけらばならない程急ぎで準備不足の状態になっているのは、彼らの仲間がドラゴンに食われてしまった事、その救出のためです。食われた段階で普通は諦めるものですが、消化されきってしまわなければ蘇生は可能だろうと言う彼らの(ともすれば楽観的すぎる)思惑は、蘇生に関するこの世界でのガイドラインがかなり出来ているからなのでしょう。

 ダンジョンのゲームバランスはウィザードリィのそれにかなり近い感じの古臭いものですが、だからこそ「死と常に隣り合わせの状態でありながら彼らが考えるのは今日のご飯(として利用するモンスター)の事」という面白さが生まれるわけです。

 あまりにニッチな内容過ぎて初版部数がやけに少なかったという話で、なかなか手に入らないよ、という人もいるかと思いますが、Kindle版も出てますし、是非一度読んで頂きたい。
 ちなみに過去の記事はこれ
    12:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

NHKのコミケ特集に関して思った事


 NHKでコミケの取材が入ってるよ、という話が出たのは昨年の冬コミの時期で、放送時期が決まってからは戦々恐々。一体どんな内容になるのかと思ってその日を待ち続け、いざ当日となったらコロッケ作るの手伝っててすっかり忘れてました。
 たまたまテレビを付けたら放送が始まって十分ほど経過していたので何とかなりましたが。

 とりあえず、とても好意的な内容でしたね。
 あくまで外に向けて作られた番組なので、コミケという特殊な(あえてそう言い切りますが)環境下における独自の文化を、知らない人にわかりやすく表現する事を常に心掛けていたと思います。専門用語が一部変更されていたりするのも、わかっている人の突っ込みよりわからない人の突っ込みの方が問題だからでしょう。前者はただの様式美的コミュニケーションで終わりますが、後者が発生した場合正確な説明が必要になりますからね。

 そして番組のインタビューに真摯に答えて下さった方々は本当に素晴らしい方でした。どの方の言葉も本当にコミケに出ている人達が知らない人に言いたかった言葉だと思います。センセーショナルな部分だけを抜き出し、笑い者にして視聴率を稼ごうと思ったなら、絶対に使われない言葉ばかりです。
 そしてその年齢層も幅広かった。僕が見始めた時は既にプロ作家である畑先生の所からでしたが、そこから五十代の医療関係の方やコスプレイヤーの方、四十代の住職、十代の女子高生同人ゲームクリエイターといった方が出ていらっしゃいました。つまりこれ、若者の文化として扱ってないんですよね。四十年も続くイベントなので、そこに長年参加している人は結構なお年になるはずで。そういう所も把握されているというわけですよね。
 あとは表現についての問題や、税金に関する問題もしっかり考えている事がちゃんと取り上げられていたりしたのも良かったですね。よく勘違いされますが、コミケは無法地帯ではないんですよ。治外法権でもない。あくまでその時の法律に従って運営されてる。そういった、特に親御さんが不安になりそうな部分をちゃんと描く事で知らない人が安心出来るようになっていました。
 特殊、というよりはマイノリティな趣味の集団は、どうしても周りからは意味がわからないので何をやっているのかわからなくて、そしてわからないのって一番怖いんですよね。
 だから本当はもっとオープンにして、怖くないよって言わなきゃいけないんです。そうしないといつまでたっても誤解が消えない。
 でも、テレビという媒体はどうしても視聴率が欲しい媒体なので、一般に知られていない事を「暴く」時はセンセーショナルな絵の方が興味を引きやすいと思ってしまいますし、実際そういう手口多いです。これは「一般人はそうやってマスコミに踊らされて!」っていう事じゃないですよ。オタクでも恣意的な内容やタイトルでまとめブログとか引き寄せられて話題に上げがちですからね。どんな人でも一緒だと思います。人の怒りを買いやすいやり方、思ってもみなかった煽り方をされれば、つい観てしまうものですから。最近ファミコン世代を貶す釣り記事がちょっと話題になりましたし。
 そういう訳で、一番必要だったのは、オタクでない人が、それも沢山の人が気楽に安心して観られる媒体で、コミケという場を誰もが不安にならないような内容で報じる事だったと思います。それが出来たのは結果的にNHKだけだった、という事になりましたね。
 ちなみに過去にあったとされた、「ここに十万人の宮﨑勤がいます」発言は現在では証拠もなくデマだったとされています。この記事が詳しいかと。(面白過ぎてここからリンク先飛んだ人はもうこの後の文章読まなくなりそう。)

 もちろんあの番組中にはエロ関連についてはほとんど語られる事もなく、巨大な人数が動けば当然発生するトラブルに関しても語られませんでした。これらについて物足りない、本当のコミケはこんなもんじゃない!と思った人も多いかと思いますが、実際にはコミケの参加サークルにおける男性向け十八禁同人誌発行サークルの比率ってそんなに高くないですし、それをいうならBL関連も取り上げられてなかったみたいだし。隠したといえば隠したのかもしれませんが、コミケはそれだけじゃないよねって意味では殊更に取り上げるものではないって事でしょう。
 それよりも僕が公正だなって思ったのは、オタクが良く言うオタク賛美部分も割愛していた所です。
 たとえば「オタクは行列にきちんと並ぶよ!割り込みもしないよ!黙って動かず指示に従うよ!」みたいな所とか「オタクはイベント会場を汚さないよ!ゴミはきちんと持ち帰るんだよ!」みたいな部分。僕は個人的にどっちも信じてませんけど、こういう頻繁に語られがちなオタク賛美な事についてあえて取り上げない事で「NHKはオタクの味方だ!完全勝利だ!」みたいな流れにもならなかったのはとても良かったと思います。(開始十分以内にそういった話題が取り上げていたらすみません)

 で、この後ですよね。
 僕のタイムライン上の話ではありますが、「これで興味を持ってニワカがやってくるのが困るよな」と明確に発言したのは一人だけでした。
 一人だけですが、確実にいました。
 発言しなかったにしても、思った人はどれくらいいるでしょう。
 NHKが向こうの扉を開ける手伝いをしてくれました。
 今度はこちらが扉を開ける事を考えなければなりません。
 長年続いて来た特殊な環境で、ルールも多く、特殊なマナーも各ジャンルから集めれば江戸しぐさ並に多いんじゃないでしょうか。発生時期も似たようなもんですね、そういや。
 オタクはマイノリティであるが故にマイノリティである事を尊び、それを維持しようとする人が多いです。これがゆるくなってくると仲間意識や帰属意識が強くなって、所謂ヤンキー化していくような気がするのですが、それはさておき、新たな仲間を作っていかなければ衰退する一方なのですから、発端はどこであっても新参者を歓迎しなければならないでしょう。そうして裾野を広げていく努力をしていって継続させていくことが今ここに参加している人達の指名なのかもしれません。知らない人が入って来て場を荒らすならたしなめましょう。知ってもらいましょう。外部の人であるNHKの人が出来たのだから、どうして内部の人がそれを出来ないと言えましょうか。

 などとどうせ大して読まれる訳でもない記事で好き勝手書いてますが、本当に、コミケットだって盤石な存在じゃないと思うんですよ。ちょっとした事であっという間に崩壊する事は十分考えられるのですよ。

 という訳でNHKのコミケ特集、大変面白かったです。NHKの中の人の一部は、オタクに対してすり寄る、ではなく理解し、分かり合おうとする人がいるという事をこうやって番組を通じて伝えてくれたような気がしました。これ視聴率取れてたらまたMAGネット復活させてくれないもんですかね(台無し)。
 
    12:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【アナログゲームレビュー01】ラブレター

 昨年のエントリでアナログゲーム関連の記事を書いていこうということを書いていましたが、いくつか書いてみたいと思います。
 結構前から遊び始めて、その頃から書きためてあったものなどの発掘なので最新のゲームではなく、ちょっと今更感はあるかと思いますが、まあいつものことですね。

 今回紹介するのは、現在世界で注目されているゲームデザイナー、カナイセイジさんのゲーム、ラブレターです。


 プレイヤーは姫に恋する貴族となって、ラブレターを何とかして姫の関係者に託して届けてもらおうというゲームです。カードゲームですがカード総数がなんと16枚。お値段もその分お安くなっています。僕が購入した時は700円でした。
 現在は外国語バージョンがあったり、追加カードが入ったものがあったりするようなので、ちょっと状況が変わっているようですが、あくまで最初の16枚版で書いていきます。それしか持ってないので。

 大ざっぱなルールの流れを説明すると以下のようになります。

●山札の中から一枚ずつ手札として持って、順番に山札を引いて、一枚を捨てる。それを繰り返して山札がなくなった時手札の点数の一番高い人が勝ちです。(後述しますが状況によっては一人を除いて脱落するという勝利もあります)

 カードの種類は「姫」から「衛兵」まで7種類。姫に立場の近い人のカードほど点数が高くなっており、さらにそれぞれに特殊な能力を持っていて捨て札になった時に(強制的に)発動します。
 山札がなくなった時といっても全部で16枚なので、4人でプレイしたら3回も手番が回れば終了。その間にいかに高いカードを保持するかが最初のポイントとなります。
 じゃあ姫を手に入れた人はずっとそれを持っていれば勝利確定じゃないか、という気がしますが、前述した「カードごとの特殊な能力」がそれを阻害してきます。例えば姫の特殊能力は「姫を捨て札にすると(捨て札にしたプレイヤーが)ゲームから脱落」というもので、一度手に入れたが最後、捨てる事が許されないわけです。しかし他のキャラで強制的にカードを捨てさせる能力を持ったものがいるので、それらの標的にされると終わり。他にも「相手の手持ちのカードをズバリ当てたら相手は死ぬ(脱落)」なんて能力もあって、かなりあっさりとプレイヤーが脱落していきます。そのため、山札がなくなる前に脱落する者も多く、高い点数のカードを何とか保持しつづけるか、低い点数のカードの能力で逆転を狙うか、色んな戦略が生まれていきます。他のプレイヤーの捨て札をよく観て残ったカードや手札を考察して、うまく能力をぶつけましょう。
 カード枚数は大変少ないながら読み合いと運のバランスが良く、プレイ時間も短いので手軽に遊べます。
 最初に二人で遊んでみた時は面白さがいまいちわからなかったんですが、四人で遊んでみるとルールが意図した通りに回るようになって面白くなりました。出来れば四人で遊んでいただきたいところ。

 このゲームが昨年のドイツゲーム賞4位を受賞したことでカナイセイジさんは世界的にも注目を浴びているそうです。権威や知名度で遊ぶゲームを選ぶべきではないとは思いますが、放課後さいころ倶楽部4巻にも載ってたりとタイムリーなゲームではあるので、今まで遊んだ事がない方はこの機会にどうでしょう。アークライトさんから出てるみたいですし。

 このゲームが出てから「カードゲームは枚数じゃない」という流れが定着したような感じがします(個人的感想)。お手軽かつ奥深いゲームは幅広く遊ばれるしお値段も安くて買いやすいのでありがたいですね。
 しかしボードゲーム色々買い始めると値段の感覚がだんだんおかしくなってくるんですよ。最初は2000円くらいが上限だったのに、今では7000円近いゲームを買うのも辞さない感じですし。だいたい4000円くらいが個人的には分水嶺かなと思ってます。

 
    12:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あけました

あけましておめでとうございます。
昨年は年末にいきなり復帰してみましたが、頑張り過ぎてもうネタがありません。
とりあえず現在はお正月の休みでバタバタしておりまして、色々動いておりますが、5日から仕事も始まってしまいますし、そこからまた頑張りますので。
面白がって毎日更新してましたけど、多分そこまで頑張らないと思います。

とりあえず模型とアナログゲーム関連が増えると思いますんで、また方向性変わりますがあんまり気にしないでいただけると幸いでございます。
    08:50 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。