ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

最近のモバイル文字打ち環境

 外出先で文章を打つ、ということに関しては当ブログは実はもう十数年追い続けてきたテーマの一つであります。
 シグマリオン3から始まった僕のモバイル人生、本気でモバイルを追求してきた、モバイルじゃなくてモビールって呼ばれてた時代からやってた人から見たら若輩者ではありますが、それでも結構な年数です。
 しばらくはほぼ理想的な環境を手に入れて安定していたんですが、最近飽きてきたので何か新しいものないかなーって思って軽く調べてたら物凄く面白くなってたので現段階でのメモとして記録しておきたいと思います。

 モバイル文章打ちは、人によって理想が異なるので最適解の最大公約数というのはなかなか広くならないんですよね。環境の違いもかなり大きいですし。
 そういう訳で色々カテゴリに分けた上で、自分なりの理想を書いてみようと思います。

 環境の違いというのは大きく分ければ「電源」と「ソフトウェア」、そして「データ運用方法」の3つに分かれます。
 電源は、単純に外出先でコンセントが用意されてるかという事。あるとないとでは機械のバッテリー能力やモバイルバッテリーの能力をかなり重視しなければなりません。
 ソフトウェアは、IMEやエディタの種類にこだわりがあるかどうかですね。特にIMEについてはこだわる人は多いんではないでしょうか。僕は長いことMacOSのことえりを使い続けてしまったため、物凄く短い間隔(ほぼ単語ごと)で変換しちゃう癖がついてまして、頭の良さよりは語彙の多さを重視します。
 エディタは、例えばHTMLエディタなどの特殊な文字や単語を簡単に入力出来る機能が欲しいとか、タブ機能やアウトラインエディタがいい、という場合はかなりOSが限定されます。
 データの運用方法は、最近ではメディアによる移動以外にもクラウドストレージが実に便利になってますんで、その辺を使えるかどうか。データの保存だけでなく取り出しも出来るかどうかも重要です。

 で、最近見て面白そうだと思った機械を、この3つの環境に「重量」をプラスして評価してみたいと思います。あと久しぶりなのでアマゾンリンク貼っておきます。
スポンサーサイト
    16:45 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

「あの人は今」ってあんまり良い意味で使われないけど今日は良い意味。

 久しぶりに会った友人が凄く変わってしまっていた、というのはよくあることです。
 大体、その手の変化はあまり嬉しくない方になる場合が多いのですが、今回は全くもって良い方向で、さらに想像の斜め上の変化を伴ってやってまいりました。
 あ、ちなみに半年ぶりに更新するこのブログですが、ブログ主は半年前と一切何も変化ありません

 まずはこれを見てくれ。

 これの大賞の名前をよく見てくれ。
 何となく見覚えのある名前じゃないか。

 「鳩」で「すた」だ。

 我々はこの名前に見覚えがあるッ!

 「鳩時計が僕をつつくフィルム」(跡地)や「無人島には何も持っていかない」(更新終了)でおなじみのあの人だ!

 というわけですたさんが第21回電撃小説大賞の大賞を受賞されたのです。大賞ですよ大賞。リオの若大将くらい大賞ですよ。意味わかりませんね。
 そして大賞なので電撃文庫で刊行されます。最初のリンク先を改めて見ていただければ普通に書いてあります。

 というわけで、皆は2月になったら買いなさい。
 発売日にだ。
 僕は買いますよ。地元の本屋全部回って一冊ずつ買ってきます。
 売れたら続きも出るし、すたさんが専業作家になったら格好良いじゃないですか。
 そして僕はなんか自慢出来そうじゃないですか。UTSUWAが小さすぎますね。

「へへ、俺よぉ、この鳩見すたって作家、実は知り合いなんだぜぇ!」
「……お前って凄い人と知り合いってよく言うけどお前自身は全然凄くないよな」
「」

 本当に言われそうな気がしてきました。

 あと鳩時計が僕をつつくフィルムはお引越しをして更新再会されましたんで、先ほどの跡地からリンクを辿ってお進みください。前の鳩時計を読んでいた人はそのリンク先の(移転後に最初に書かれたエントリに進むようになってます)記事から読むことをおすすめします。まあ、ここから進んだ場合は最初の大ネタである「電撃大賞受賞」という部分がバレバレなのでちょっと申し訳ないのですが。
 まあ、PVが彼のブログと僕のブログでは二桁くらい違うだろうからここから知った!って人は全宇宙で二人くらいいればいいほうかなって思いますけども。

 それはそれとして、改めておめでとうございます。
 良い意味の「人生の再スタート」を何度も出来る人はそういないと思います。
 今後も陰ながら応援させて頂きます。
 ステマとか。
    00:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。