FC2ブログ

ハイスペック・バカ

調子に乗ってデジカメも買い換えた


 撮影ブースも出来た事だし、せっかくだからカメラもちゃんとしたものにしようかな、と思ったのは撮影ブースver.2の頃。
 某プラスティックラジオに作品を投稿した際は所持していたコンデジで撮影したのですが、しっかりした画が作れずに困っていたのです。
 バカは自分の腕以外の部分をまず疑います。
 つまりカメラが良くなればきっとピントのしっかりした良い写真が撮れるに違いない!と考えて、以前からやたら安くなっていたミラーレス一眼のデジカメを購入してしまいました。多分現状のデジカメより購入価格安いです。
 モデルグラフィックス誌で連載している模型撮影に関する連載(他の模型誌でも撮影関連のコーナーやんないかなあ)がとてもわかりやすくていつも読んでいて、あれの影響で「絞り優先モードの入ったカメラが欲しいなあ」と常々思っていたというのもあります。

 購入したのはカメラ本体、オリンパスのE-PL3


と、ついでに

裏面の液晶保護フィルム



ソフトケース、


三脚。


どれも持ち運ぶ予定がないので安いもので固めました。液晶保護フィルムだけはダイソーの3インチ用を先に買ってみたら全然大きさが合わなくて買い直してますが。

 ミラーレス一眼という事で、レンズないとほとんどコンデジと区別がつかないようなサイズですが、レンズを装着すると(今までコンデジしか使った事のない身としては)意外と重くてびっくり。

 最初はホワイトバランスの調整方法とか、焦点距離の調整とか、色々とコンデジでは縁のなかった機能や設定が多くて大変でしたが、何となく使えるようになってきた気がするので、撮影始めました。
 これ以後の模型写真はこのカメラと撮影ブースFXで撮影されているものだと思って頂ければ大体間違いないかと思います。
 

 久しぶりにアフィリエイト貼って遊びたかった記事です。

スポンサーサイト



    21:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

撮影ブースを作ろう。その3


 撮影ブースは光量がやはり足りない気がするので、何かいいものはないかしらーと思って調べてみたら、フォトラを自作している人を発見。
 フォトラというのはスタパ斎藤氏も絶賛している簡易撮影用照明器具であり、左右からの安定したライトと背景を使用する事で本格的なスタジオでなくてもクオリティの高い撮影が可能になるというもの。小物専用です。

 しかしこれがまあ、1セット2万とかするのです。
 デザインや使い勝手などを考えると納得のお値段ではあるのですが、趣味で使おうというレベルで、その趣味も模型「製作」が本題であることを考えると、ちょっと金をかけすぎな気がしてしまいます。
 そして、模型「製作」が趣味だというのなら、「モノがなければ作ればいいじゃない」という精神を大事にしたいものであります。

 というわけで、こちらのサイトを参考に材料を集めてフォトラもどきを製作しました。
 レセップの脇に穴があいていないタイプだった(またはリンク先の方は自力で軽やかに穴を開けられたのかもしれない)ため、蓋で押し付けてごまかしていたり、ケーブル接続部分は被膜剥がしてネジで押さえつけた後にグルーガンで無理矢理固めただけだったりしていますが、多分真似しない方がいいと思います。ちなみに透明グルーガンはちゃんと絶縁物だという話(ブラックとラメは止めた方が良さそう)なのできっと大丈夫です。
レセップを固定してケーブルを繋いだのがこれ。
booth-2-1.jpg


 そしてそこに蛍光灯を付けて、内側に反射材を貼りつけたケースに設置したのがこれ。
booth-2-2.jpg

 最後に蓋にトレーシングペーパーを二枚重ねて貼り付けて完成。
booth-2-3.jpg
 ケーブルの途中にあるスイッチも付けました。これがないと案外面倒なので。


 で、何とか完成したので、デスクライトと旧ライトの三つを組み合わせ、ワイヤーラックに背景紙を固定して照らすというやり方で撮影ブースver.3は完成です。
booth-2-4.jpg


 ver.2で不要になったと思われたワイヤーラックが復活し、プラ段ブースがここにきて用済みという劇的な展開に作った本人が一番びっくりです。


 そしてこの後、「別にワイヤーラックやっぱいらなくね?」という事に気づいて、ワイヤーラック一枚に別売りの足を付けて背景紙の土台にしてみたら十分成立した上にライトの位置の制限が緩和されたので、やっぱりワイヤーラックは不要になっちゃったのでした。
 これを撮影ブースFXとでも呼びましょうか(呼びません)。

 以後の模型写真はこの最後の状態を利用して撮影しております。
    18:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: