ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ワンフェスに行ってきたよ

 モデラーを自称するなら一度は行っておきたいイベントであるワンダーフェスティバル、略してワンフェス。お会いしたい人がいたので今回だけ行ってみました。

 今回だけだし、お会いしたい人は午前忙しいだろうから午後からつけば十分かなーとか思っていたんですけど、せっかくだからとカタログを事前に購入して、ディーラーチェックなんかしてみたら(ワンフェスはジャンル毎に固めるとかそういうのがないんですね)、何だか欲しいものが出てきてしまったので結局始発の新幹線で行ってきました。

 九時に開場についたんですが、ダイレクトパスという優先入場制度(有料)のおかげか僕の周辺の人達は特に殺気もなく会場に近くなっても走り出す人もなく、実に平和でした。

 入場後、欲しいものは企業ブースでもなく美少女フィギャーでもないので一つを除いて入手出来ました。積むな作れTシャツはそのうちイベントで着たいと思います。のちピーナッツも手に入ったので、何かしら作って投稿しようかなと思ってます。

 しかしのもぴーブースにいたスタイルキューブ所属の女の子ら(能登さん、豊田さん、安田さんの三人。新StylipSのうち半分がいたという事になります)はマジ天使。能登さんは一見の客でしかない僕にもTシャツとのちぴー買っただけで握手をしてくれたりしたし(もちろん僕以外にも皆にしていたのですよ)、その後でノモケンさんが僕を紹介してくださった時も買った事覚えてらして、とにかく素敵すぎました。直接お話が出来るとか思ってなかったし。
 あとUN-GOで夜長姫の振り付けを能登さんがやっていたというのをここで知ってびっくり。まさかUN-GOにも繋がるとは。ガルガンティアの6話のダンスも振り付けしてたりするんですよね。
 さらに積むな作れ等ののもぴー謹製お習字ロゴTシャツも全て能登さんが書かれているんですよ。書道六段で今も続けているそうで、物凄い達筆っぷり。とめはねっ!に投稿したら使われるんじゃないかしら。
 他にも色々と以前お世話になった方にお会い出来たり、地元の知り合いに再会出来たりと盛りだくさんすぎて帰りの道で車に挽かれて死ぬんじゃないかと思ったくらい楽しかったです。案外顔覚えていて下さったのでありがたかったです。

 軽く挨拶だけして昼過ぎに帰ろうかなー秋葉原にでも寄ろうかなーとか最初は思ってたんですけど、三時過ぎまで居続けて、体力も限界だったので会場から寄り道せずに帰って帰宅は夜の八時過ぎでした。
 なんか色々嬉しい事が多すぎて、都合がつけば次回も行きたいなーとか思い始めてます。冬場はきつそうだなあ。

 ちなみに買ったのはバイファムのグレードアップパーツ。SAFSの殻割改造キットが売切れだったのですが、完成品の写真を沢山撮らせて頂いたので頑張って自分で何とかして作ろうかなあ。カメラも次回はコンデジでなく一眼の方を持って行きたいですね。やっぱり全然写りが違う。

 ワンフェスそのものの感想はまた後日にして、とりあえず今日お会い出来た方々に感謝を。
スポンサーサイト
    22:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【模型】BB戦士ゼータプラス完成

 さて、何故か模型ネタのラッシュが来ております。忙しいとか休みがないとかいいながら模型作りまくってて実は暇なんじゃないの疑惑が沸きそうです。月に一回くらいは丸一日集中して模型作れる日があるので、そこでいくつか平行して作業をしているので、完成する時はまとめて完成しちゃうのですよ。半年で三つだから実質2ヶ月に一つのペースだと思えばちっとも早くはないです。
z-plus-02.jpg
    17:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【模型】レジェンドBB 武者頑駄無完成


 レジェンドBB第二弾、武者頑駄無がようやく完成しました。発売日に買ってるので一年近くかかりましたな。
lg-musha-01.jpg
 今回も写真撮ったので畳んでおきます。
    17:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

赤倉温泉にビーフシチューを食べに行く

 色々ありまして、赤倉温泉にビーフシチューを食いに行くツアーを行いました。
 ビーフシチューのうまいホテルのレストランがあるという話で、同居人が昔行った事があるというので、調べてみたら「ビーフシチュー 赤倉温泉」でトップに来るようなお店でした。そりゃあうまいんだろう。

 旅行シーズンとはちょっとずれているので、混雑もしないだろうと思いましたが年の為席の予約をしておいて出発。あまり天候がよろしくなくて、ホテルについた途端霧が立ちこめる始末。このまま出られなくなるのではないかというようなレベルの濃度でしたが、まあ焦ってもしょうがないのでレストランでお食事。
 丁度40周年という事で記念のセットがお安くなっていて、タンシチューセットを頼みました。ビーフシチューにしなかったのは、なんかタンシチューというものをあまり食った事がなかったからで、深い意味はないです。

 あいにくのお天気と時期外れという事もあって客は我々だけという状態ながらもお風呂も入らせて頂いて、満足して帰路につきました。正直全然霧が晴れないのでもう少し休んでいたかったのですが、この後の予定もあったのでがんばって山を下りました。このままいたら何かよくわからないサイレンが聞こえてきそうな気がしたので(ない)。

 特にコレといったオチはありませんが、大変おいしかったのでおすすめでございます。

beef.jpg
    18:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

翠星のガルガンティア終わりましたなー


 彗星のガルガンティア、終わりましたー。面白かった。久しぶりにずっと余韻に浸りたい作品でした。
 放送からそれなりに経過しましたんで、普通に感想文を書きます。最終回を視聴した人だけお読み下さい。

    11:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

【模型】アレクサンダ(アキト機)完成

 久しぶりに模型話。
alex-01.jpg

 とても久しぶりに一つ完成させたので写真撮りました。画像多いので畳んでおきます。今回は例の新しいカメラで撮影して一人で喜んでいるので(製作途中の写真は携帯で取った奴ですが)クリックすると多少解像度の高い奴が見られるようになってます。
    17:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

調子に乗ってデジカメも買い換えた


 撮影ブースも出来た事だし、せっかくだからカメラもちゃんとしたものにしようかな、と思ったのは撮影ブースver.2の頃。
 某プラスティックラジオに作品を投稿した際は所持していたコンデジで撮影したのですが、しっかりした画が作れずに困っていたのです。
 バカは自分の腕以外の部分をまず疑います。
 つまりカメラが良くなればきっとピントのしっかりした良い写真が撮れるに違いない!と考えて、以前からやたら安くなっていたミラーレス一眼のデジカメを購入してしまいました。多分現状のデジカメより購入価格安いです。
 モデルグラフィックス誌で連載している模型撮影に関する連載(他の模型誌でも撮影関連のコーナーやんないかなあ)がとてもわかりやすくていつも読んでいて、あれの影響で「絞り優先モードの入ったカメラが欲しいなあ」と常々思っていたというのもあります。

 購入したのはカメラ本体、オリンパスのE-PL3


と、ついでに

裏面の液晶保護フィルム



ソフトケース、


三脚。


どれも持ち運ぶ予定がないので安いもので固めました。液晶保護フィルムだけはダイソーの3インチ用を先に買ってみたら全然大きさが合わなくて買い直してますが。

 ミラーレス一眼という事で、レンズないとほとんどコンデジと区別がつかないようなサイズですが、レンズを装着すると(今までコンデジしか使った事のない身としては)意外と重くてびっくり。

 最初はホワイトバランスの調整方法とか、焦点距離の調整とか、色々とコンデジでは縁のなかった機能や設定が多くて大変でしたが、何となく使えるようになってきた気がするので、撮影始めました。
 これ以後の模型写真はこのカメラと撮影ブースFXで撮影されているものだと思って頂ければ大体間違いないかと思います。
 

 久しぶりにアフィリエイト貼って遊びたかった記事です。

    21:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

撮影ブースを作ろう。その3


 撮影ブースは光量がやはり足りない気がするので、何かいいものはないかしらーと思って調べてみたら、フォトラを自作している人を発見。
 フォトラというのはスタパ斎藤氏も絶賛している簡易撮影用照明器具であり、左右からの安定したライトと背景を使用する事で本格的なスタジオでなくてもクオリティの高い撮影が可能になるというもの。小物専用です。

 しかしこれがまあ、1セット2万とかするのです。
 デザインや使い勝手などを考えると納得のお値段ではあるのですが、趣味で使おうというレベルで、その趣味も模型「製作」が本題であることを考えると、ちょっと金をかけすぎな気がしてしまいます。
 そして、模型「製作」が趣味だというのなら、「モノがなければ作ればいいじゃない」という精神を大事にしたいものであります。

 というわけで、こちらのサイトを参考に材料を集めてフォトラもどきを製作しました。
 レセップの脇に穴があいていないタイプだった(またはリンク先の方は自力で軽やかに穴を開けられたのかもしれない)ため、蓋で押し付けてごまかしていたり、ケーブル接続部分は被膜剥がしてネジで押さえつけた後にグルーガンで無理矢理固めただけだったりしていますが、多分真似しない方がいいと思います。ちなみに透明グルーガンはちゃんと絶縁物だという話(ブラックとラメは止めた方が良さそう)なのできっと大丈夫です。
レセップを固定してケーブルを繋いだのがこれ。
booth-2-1.jpg


 そしてそこに蛍光灯を付けて、内側に反射材を貼りつけたケースに設置したのがこれ。
booth-2-2.jpg

 最後に蓋にトレーシングペーパーを二枚重ねて貼り付けて完成。
booth-2-3.jpg
 ケーブルの途中にあるスイッチも付けました。これがないと案外面倒なので。


 で、何とか完成したので、デスクライトと旧ライトの三つを組み合わせ、ワイヤーラックに背景紙を固定して照らすというやり方で撮影ブースver.3は完成です。
booth-2-4.jpg


 ver.2で不要になったと思われたワイヤーラックが復活し、プラ段ブースがここにきて用済みという劇的な展開に作った本人が一番びっくりです。


 そしてこの後、「別にワイヤーラックやっぱいらなくね?」という事に気づいて、ワイヤーラック一枚に別売りの足を付けて背景紙の土台にしてみたら十分成立した上にライトの位置の制限が緩和されたので、やっぱりワイヤーラックは不要になっちゃったのでした。
 これを撮影ブースFXとでも呼びましょうか(呼びません)。

 以後の模型写真はこの最後の状態を利用して撮影しております。
    18:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

撮影ブースを作ろう。その2

 撮影ブースを作成後、やっぱり上からの一灯だと影が出来てしまうなーという所で、天井からのライトをデスクライトに任せて今回作成したライトを斜め横から当てればいいんじゃね?という考えに至りました。というか普通のブツ撮りする時の光源の位置って多分こうですよね。一時期話題になったフォトラという簡易撮影ブースセットも左右二灯(天面にレフ板がつく事で天井のライトを省略しているのだと思いますが)だし。

 しかしデスクライトを使うにはちょっとした障害がありまして。
 普段作業や撮影に使っている机は、昔買ったPCデスクなのですが、微妙にオサレな机を買ってしまったために、フチの裏側がいい具合の斜めになっているのです。天面の角度(水平)とその裏面の角度が平行になっていないのですよ。
 これ、何が困るかというと、僕が所持しているデスクライトは机のフチにクランプで固定するタイプなので、このフチが平行でないとうまく固定出来ないのです。最近は隣に設置していたラックに繋いでましたが、これだと撮影ブースには遠すぎ。

 今までこの問題を解決する方法がわからずに困っていたんですが、最近「100均の木工パテで平行にすればいいじゃん」という事を思いつきました。多分このエントリを読んでいる人はここまで読むまでに同じ(またはもっと優れた)解答にたどり着いていそうな気がしますが、本気でここ数年思いつきませんでした。出来るだけ「改造」したくなかったのかもしれません。それなりに高かったし。

 という訳でいつの間にか二種類に増えていたダイソーの木部補修用パテを使い、机の裏の斜面を真っすぐに修正して、デスクライトがデスクに接続出来ました。これで撮影時に二灯体制が可能になります。
 作成したライトは大きめのクランプ(ダイソーに売ってたクランプという名前の強力洗濯バサミ)を足にして自立させました。ライトの反対側にはレフ板を置けばいいでしょう。

 これで撮影ブースver.2の完成です。
 あっというまにワイヤーネットが用済みになってしまいましたが、色々使い道はあるので問題はないと思います。ちなみにダイソーのワイヤーネット連結パーツ(12ヶ入り)は連結はするけど固定はされない(蝶番のようなパーツだと思ってください)ので、シルクに売ってた四隅を固定するタイプの方が良い気がします。
    18:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。