ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

PC五年ぶりに更新


 PCが突然壊れまして、平日の夜中で、仕事で使っているモノという事でかなり緊急事態。
 自分が趣味で使っているだけならノートPCやiPhoneがあるので、休日に原因究明と部品交換などで何とか対応する程度でいいんですが、一応同居人が仕事で使っているPCなので復旧速度を最優先に考えて速攻で買い替えました。
 元々、PCがCore 2 Duo E8400でXP搭載という一世代前の構成だったので、近いうちに買い替えるなりマザーボードとCPU交換なりをもくろんではいたのですが、こういう形で買い替える事になるとは。

 前回のPCが五年前購入で、その頃にはすでにPC関連の知識のアップデートをしなくなっていて、現状は「Corei 7とか5とかにしときゃ大体いいんだろ?」程度の知識。グラフィックボードに関してはまったく無知。お店が出してくる構成におまかせする形で発注かけました。静音タイプにするとか、その程度の変更。

 翌々日にはもう届いて、換気口に換気扇のフィルターを貼るとかゴム足に替えるとか適当にいじってから起動。物凄く静かでびっくりしました。
 急な事だったのでソフトのシリアルとか諸々の設定とかをまとめておく間もなかったので多少バタバタしましたが、何とかインストール終了。

 ここから問題は周辺機器。
 今までのXPからWindows7-64bitに変更したので、あまり新しいとはいえない周辺機器達がのきなみドライバがない。
 スキャナが無理矢理別の機種のドライバを入れて使う上に繋ぐ度にドライバ入れる必要がある状態。プリンターはそれなりに新しいので何とかなりました。
 一番やっかいなのがスマートスクロール。
 未だに左手用デバイスとして活用しているのですが、生産終了時期があまりに早く、ドライバはかなり前から更新されていません。今回も色々と調べてなんとかしました。設定が再起動で消えてしまう不具合とか、レジストリを弄ったりしなければならないのでちょっと面倒。最新のintuosとゲーム系左手デバイスを使えば面倒はなくなるんですけど、そこまで金はないので使える限りは使います。
スポンサーサイト
    18:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シュタインズゲート劇場版ネタバレ感想


 シュタインズゲート劇場版の感想です。完全ネタバレでお送りしますので未見の方はご覧になさいませんようお願いいたします。


 クライマックスにかけての展開が、テレビ版の怒濤の盛り上がりを知っていればいるほどこじんまりとした印象を受けてしまいます。解決方法をテレビ版と同じにならないように配慮した結果だと思うのですが、キスシーンがちょっと淡々とし過ぎてて、それが本当に印象に残るようなものだったのかなーという風に考えてしまいます。過去オカリン(以下ショタリン)も初めてとか言う割にリアクション薄いし。まゆりのおかげで免疫あったとかあの頃は頭が良いからモテていたとか色々仮説も立てられないこともないですが。宮野さんの演技がイケメン声過ぎてねえ。
 でも、その辺のくだりがテレビ版の二人の関係や体験談とうまく繋がっちゃってるのは、面白いですね。

 テレビ版で紅莉栖と岡部が初めてキスをした時に、岡部が「(今回のキスが)初めてではない」と答えた所があって、実際には萌郁とのキスが初めてという事になっていたんだけど、劇場版で「未来の紅莉栖が初めての相手」に上書きされてしまってて、そしてどっちにしろ紅莉栖はその相手をあの段階では知らないという面白い事になるんですよね。まあ、あのシーンは結局世界線が変動してなかったことになってますが。

 で、そこからずっとキスが海馬に最も印象に残すものだっていうのを何度も繰り返してきた事で解決策がキスっていう伏線になってたんだけど、それが過去に戻った時に直接明示されたり紅莉栖がそれに気付いて躊躇したりといったシーンがなかったし、紅莉栖が話のついでのようにさらりとしてしまうので、視聴者の海馬にはあまり残らない感じで、ちょっとわかりにくいかもなーという。何度も「カイバー」ってホワイトボードの文字を見せたり、途中で二人が何度もキスをしたりとしつこくやってはいたんですけどね。しかし二人がキスをすると必ず何かしらの別れが発生するな。

 ラストシーンが、テレビ版の最終回(24話)の「秋葉原で二人が再会」というラストシーンに合わせた形になっている上に、劇場版のポスターなどに使われたメインの図版とも対応した構図(色んな意味であの絵柄の逆)になっているのがとても綺麗でした。

 くるくる変わる紅莉栖の表情や感情が、とても自然に演じられていて伊達に長い事付き合ってきたキャラじゃないよなあと感心する事しきり。号泣するシーンはテレビ版での萌郁とはまた違った感情の発露として(あれは鳥肌が立つ程凄かった)、物凄く「恰好悪い」鳴き方が、逆に紅莉栖らしかったなあと思ってます。


 疑問点もいくつか。
 過去に戻った所にいるショタリンは、SG世界線のオカリンなので、元々ストーリーの基点にいたβ世界線から漂流を繰り返してきたオカリンとは違うはずなので、SG世界線に「やってきた」オカリンは未来紅莉栖とのキスを経験していないはずなんですよね。だからラストでR世界線にいたオカリンも、なぜ覚えていたのかが謎。
 「様々な世界線を超えてきた中で紅莉栖とキスをした記憶のあるこの世界線こそが本物であり海馬に強烈に植え付けられた記憶はリーディングシュタイナーの能力を超える」というのかしら。うーん。なんだか「愛の奇跡は全てに勝る」みたいでシュタゲっぽくない気がする。紅莉栖が主人公になった段階でオカリンルートしか存在し得ない以上、愛の物語になっても仕方ないんだけど、事件そのものまで愛で解決しちゃうとは思いませんでした。

 鈴羽はシュタインズゲート世界線においてもなおタイムマシンを操るのは、作劇の都合上仕方がないのですが、彼女の行動は「お父さんの友達がなんか昔の男引きずってて、その男の名前をタイムマシンに付けるくらい思い詰めてるのに実行しないから見ていられなくて過去に来た」という動機として相当弱い感じな上に、誰も覚えていないはずのオカリン情報を熟知していたのがちょっと謎。紅莉栖がそこまでベラベラ喋ったのかしら。劇場版の酔っぱらい紅莉栖を見る限り、酔った勢いならやりかねないね。そこまで詳しく話してタイムマシンまで作っておいて行動に出ない!というのは鈴羽の性格的にイライラして勝手に動くのもアリかもしれない。
 ただ、ホテルの鍵を開けたりとか色々とバイト戦士の時のような能力を持ったままなのは、平和な世界のはずの鈴羽に何があったのか気になります。

 あとはラストのアレのシーンでちょっとだけ紅莉栖の服が変化するんですよね。あれが何を意味するのかがわかりませんでした。あの辺は、駅のホームで途方に暮れていた紅莉栖に何故ショタリンが話しかけたのかとか色々不思議な所はあります。

 冒頭の紅莉栖の帰国時に帰国理由を聞かれて「not your buisiness.」って答えていたのがちょっと気になる。そういうキャラでもないような気がするのだけど。

 ゲームで描かれて、アニメでは描かれなかった分岐の物語である無限サイクリングやキリング綯については、実際にあれを経験してしまうとSG世界線に行けないのでアニメでも経験はしてないはず。ファンサービスとして「ゲームやってた人はニヤリとできるおまけ」以上の存在価値はありませんよね。それよりはシドを動かしてあげた方が…ってアニメじゃシドは結局オカリンと会ってなかったね。

 最後はちょっととりとめもない話になりましたが、また何か考えがまとまったら書こうかと思います。
    19:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シュタインズゲート劇場版観てきたよ


 シュタインズゲートの劇場版がとうとう新潟でも上映が開始されたので観てきましたよ!入場者特典も貰えたしパンフも買えました!パンフは翌日には売り切れていたそうです。再入荷してましたが。
 テレビ版は新潟では一切放映されていなくて、ニコニコチャンネルかAT-Xでなければ観られなかったという状況ながらも上映初日の深夜には多数の観客であふれ、急遽追加上映を決定するという事態になりました。エヴァQの時と違って女性比率が極端に低かったのが印象的ですが、それは仕方がないネ。

 今回の劇場版を見て最初に思ったのは「劇場版だけの新キャラクター!」とか「劇場版だけの縁もゆかりもない大物アーティストとのタイアップ!」とかそういうのがなくてよかったなーという事。話題作りのためには重要な事だと以前聞いた事がありまして(有名な俳優やアーティストを起用すると宣伝費を使わなくても勝手に取材が来てくれるとか何とか)、それはそれで構わないんですけど、シュタゲくらいのマイナー作品だと、それによって失われるであろう旧来のファンの数と、得られる新規顧客のバランスが合わない可能性が高いというかバクチにも程があるので、これで良かったと思います。

 内容については、ネタバレにならないように書きたいと思いますが、事前情報を得たくない人のためにたたんでおきます。ネタバレ感想は後日改めて。
    18:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

自治体とマンガの関係


 5月3日に行われた、新潟マンガ・アニメ情報館オープン記念シンポジウム「マンガ・アニメを活かした町づくりは税金の無駄遣い?!」に参加してきました。タイトルが挑発的すぎです。市が作った情報館の記念イベントで、市長も挨拶に来てるのに。そういう姿勢を最初から見せてくる辺り、逆に期待が持てるとも言えましょう。参加者数は思ったより多くはなかったようですが、これマジで聞いておいた方がよかったって思える内容でしたよ。
 とかいいつつ一ヶ月近くエントリ上げるの放置してしまいましたが。

 角川書店社長の井上さんからは氷菓とらきすたの成功事例を、プロダクションアイジー役員の郡司さんからは戦国BASARAの宮城県の取り組みを、北九州マンガミュージアムの表さんからはミュージアムの内容を、新潟マンガ大賞代表の土田さんからは新潟のマンガ・アニメに関する取り組みの現状をそれぞれ説明され、夏目房之介さんや司会進行の呉さんがそれらを大きく包んで状況を解説してくださいました。夏目さんのお話はどれも目から鱗の概念ばかりで自分がいかに不勉強かを思い知らされました。一番面白かったのは「マンガ・アニメという括りを一言で言えるジャンル用語が存在しない」という所。確かにこれらはもう拡散・浸透しすぎたせいで「オタク」という言葉でももはやくくれないし、そもそもマンガとアニメを一緒くたにして良いものかという問題も発生するし、一番近い言葉が「キャラクター」というのが、確かに現状の落としどころになるのかなーと思いました。実際にこの文章書いてると話題の対象になるものをいちいち「マンガとアニメ」って書かなければならないのが煩わしい。あとはこれらをわざわざ括らなければならない状態になっている、という風に考えてもいいのかもしれないですね。
 しかしこんなシンポジウムで「腐女子」とか「薄い本」とかそういう単語がポンポン出てくるのは、まあ内容考えれば当然なのかもしれませんが、ちょっと面白かったです。あとラグランジェの話題は出なかったなーとか、予想通りクールジャパンの話題も出なかったなーとか(いや本当に関係ないんで出るわけないのはわかっておりますよ)、全国各地に富永一朗さんの記念館的なものがやたらある事を知って驚いたりとか、どうでもいい事も考えながら聞いておりました。

 様々なお話を聞かせていただいた中で、新潟の取り組みが「長期的なアーカイブとしての取り組み」と「短期的なイベントとしての取り組み」の両方を取り入れたものだという事で、これが意外と珍しい形態であるようです。行政主導だとエライ人が書類と数字で納得しやすい内容になってしまう事が多いのかもしれないですね。
 そしてイベントはある程度定期的に新しい事を続けていかないと集客能力は右肩下がりになる一方なので、今後も続けていかなければならないだろう点も指摘されていました。マンガやアニメは現在進行形で増え続け変化し続けるモノなので、古さが良さに必ずしも繋がらない状態であるのが他の美術館や記念館とは違った難しさだそうで。確かに、まだ一般的な「古典」と呼べるレベルのものはないですよね。我々はずっと慣れ親しんでいるから古い作品を普通に「古典」と呼びますが、それはその歴史の中にいるからそう思うのであって、長い人類の文化の歴史に比べたらまだまだ短いものですし。

 個人的な感想ですが、「税金の無駄遣い」という言葉には、「税金を払った人がその恩恵を得られず、一部の人間だけが不当に(と外部から見えてしまう)利益を得る事業」という表現をすると一番しっくりくるかなーと思うのです。ハコものであれば建築会社とか内装業者とか、そういった所だけが潤って、税金を払った市民にとっては特に行こうとも思わず、かといって観光客が増えて周辺地域にお金が落ちるわけでもなければ「無駄遣い」と思われやすそうです。
 しかし「誰も儲からないけど今残しておかなければならないモノ」を残せる組織は、結局行政団体かお金持ちの道楽しかあり得ず、後者の存在を宛てもなく待つ訳にもいかない以上は行政がやらなければならない訳で、そういった必要性をちゃんとアピールしつつ、市民もある程度楽しめる施設(または観光施設)となってくれるなら、無駄遣いとは思われないのではないかなーと思います。
 そうならないためには結局お金を使い続けなければならないというのが難しい所ですが。

 話を戻して、シンポジウムは二時間余りの中で非常にためになる話が多く、あっという間に過ぎてしまった気がするくらい、有意義な時間だったと思います。
 沢山の事例から学ぶ、マンガ・アニメを取り巻く現状と、これからやるべきであろう事のヒントが沢山あったと思います。税金の無駄遣いだと言われないように、是非皆が楽しめる情報館として活用していただきたいです。自分でやる訳じゃないので最後が丸投げで終わってしまいますが、マンガ・アニメという現象にちょっとでも興味のある人は是非聞いていただきたかった、そんなシンポジウムでした。

 しかし普段自分の考えている事を適当につらつら書いているだけのブログで、他の方々の意見とか事象とかを書く事になれていないので難しいですね。
    21:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

百均モデリング

 模型道具は100均から。
先日書いたエントリで100均でメタルラックを作りましたが、他にも様々な道具を100均で揃えております。根幹となる部分は専用品を買うようにしてますが、その周辺の道具で代用が効くものはほとんど100均。

 ウチにある100均道具を簡単にご紹介。

●ワニ口クリップによる塗装用持ち手
 以前大量に売っていたので大量に購入して、同じく100均で売ってる竹串と合体して持ち手にしました。竹串だとワニ口クリップの根元にちょうどフィットしてペンチで潰すだけで固定出来るので楽。ちなみに固定用の台は、アマゾンダンボールの中敷を短冊状に切って貼りあわせて作りました。薄いタイプのダンボールがちょうどよいので。

●作りかけキット入れ
 タッパーが三つで百円とかの奴。それなりに固く蓋が閉められて積み重ねられて安く、中身も見えるので便利。キットの箱は仮組で形にした段階で潰して処分しちゃうのでこれがないと部品が紛失してしまいます。実際バラバラの状態が長いのでよく紛失します。

●塗料トレー
 ダイソーの「システムボックス」という透明なケースがミスターカラーの瓶を12本入れるのに丁度良いのです。アクリルケースなので下に100均の滑り止めシートを敷いて、破損防止と消音を兼ねてます。

●クランプ
 接着時の押さえつけに樹脂製のクランプを使用します。滑るのでビニールテープを貼り付けてあります。

●ネオジム磁石
 最近は小型のネオジム磁石がそのまま売っているのでびっくりですね。みんなが樹脂部分割って中身使うの知って販売したんでしょうか。

●グルーガンとスティック
 ダイソーが最近出した奴。空洞を埋めるのにたまに使います。さすがに表面に見える所には使わないですが軽いので大きな穴を埋めるならパテより良いですね。ケーブルが短いので延長ケーブルが必須です。

●カッターマット
 机の保護の意味合いが強いので100均で十分です。すぐ汚すし。印刷されてた目盛がガイアのツールクリーナーでキレイに消えて笑いました。

●A4トレー
 ヤスリがけとかパーツ切断とか、細かいゴミが出る作業は全部この上でやります。後片付けが楽。接着剤とか液体をもしこぼしてもダメージが少ないので楽に作業出来ます。裏に滑り止めシートを貼ってあります。

とりあえずこんな感じ。道具をいれるケースとかは省きました。
多少割高なものもあるんでしょうけど、様々なジャンルの商品が一回でまとめて買えるのは結構なメリットなので、今後も利用して行きたい所。
    18:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シュタゲ新作というか岡部携帯

 連休中に模型関連のお買い物をしに色々とうろうろしてたら、立ち寄った未来デパートでうっかり見つけてしまって、しかもそれが店頭在庫ラスト1だったので、気がついたらレジに持っていってました。

 という訳でSteins;Gate「線形拘束のフェノグラム」PS3版の限定版を買ってしまいました。主に岡部モデル携帯が欲しくて。
 ゲームに関しては映画観てからやろうかなーと思ってます。本当は携帯機の方がプレイしやすいんですが、まあ買ってしまったものはしょうがないよね。どっちにせよいつか買う予定だったし。

 いつプレイ出来るかはわかりませんけど早めに遊びたいと思います。
    19:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

エアブラシとか新調してみた

 エアブラシのコンプレッサーをクレオスのL5に新調しました。APC-002は性能的には何の問題もないんですが、振動が大きいので買い替えました。もともと最初に想定していた用途だと圧の強いものが良いだろうと思われていたんですが、色々あってL5で十分だという結論になっちゃったという。

 ついでにサフやメタリック用としてエアテックスのKids-105を購入して、エアブラシ環境がかなり変化しました。

 L5は実際に手に取ってみると驚く程小さくてびっくりです。しかしレギュレーターセットについてくる固定用のパーツがレギュレーターIVにあわせて作られたように思えない合わなさが不安になります。音はAPC-002とそれほど変わらない気がしますが、振動が小さいのが良いかも。あと小さくて軽いので机の上に置けるし。
 kids-105はグリップが小さくて持ちにくいけど、サフとかべた塗りするだけなら十分だと思います。接続口のサイズが1/8じゃないので付属のケーブルを使うか改造するかという感じになってしまうため、一台目のハンドピースにするのはちょっとおすすめしにくいですが、安さは魅力的。このケーブル問題は後日解消したら改めてご紹介予定。

 で、これらを購入して、某掲示板に上がっていた「100均メタルラックに纏める」を真似してみました。

 ダイソーのメタルラックの15×30cmの棚板と39cmの柱を使って三段ラックを作成し、下段と中段にプラ段を敷いて裏からグルーガンで固定。足はキャスターを使わずEVA樹脂の滑り止めを重ねて貼り付けてグルーガンで固定(気休め)。下段にはL5本体とプチコンキュート本体を対震ジェルに載せて(L5は三枚重ね)固定、中段には滑り止めシートを敷いてから溶剤や持ち手を置き、上段にはハンドピースのスタンド(waveのエアブラシハンガーHG)とハンドピース二つのケースを置きました。ハンドピースは毎回洗浄して箱に入れるようにしています。使用頻度がそれほど高くないのでほこり被ったりすると勿体ないなーと思って。あとはこういう習慣つけないと毎回綺麗に掃除しなくなりそうだというのもあります。高いからね。
 メタルラックは接着の道具や材料も含めて全てダイソー製品だけで揃えました。グルーガンが意外と役に立つので買っておいて良かったかも。

 普段は机の下に自転車籠カバー(ゴム部分を切ってしぼらないようにしてある)を掛けて置いてあって、使う時だけ机の上に持ち上げます。今までエアブラシ関連の道具が色んな所に分散しておいてあったので一つにまとまると机が広くなるしあちこちから取り出さなくて済むので楽です。

 三段にするとメタルラック本体だけで1000円するので注意が必要ですが、ホームセンターとかにある製品だとこんなに小さなものが見当たらなかったのでありがたいです。幅15の棚板だとL5にぴったりなんですよね。まあ、買う前によく確認しなかったので棚板が一枚結構なゆがみがありましたんで、買う時に注意が必要ですが。(その程度の強度であるという事を改めて認識出来た事はある意味よかったと言えなくもない)

 五月の連休は色々と忙しくもありましたが、模型いじりと模型制作環境整備も行えたので充実した休日だったように思います。
    19:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。