ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

009を観てきたよ(だいぶ前に)

書いてからどんだけ放置してたのという感じで賞味期限切れかけてますが、せっかくなのであげておきます。

009 RE:CYBORGを観てきましたよ。
キャッチコピーの通りの内容なんだなーというか、続きが観たいなーというのが最初に出てきた感想でした。

前提となる設定が微妙に説明が足りてないので、何となく皆が想像するであろう「ギルモア博士の元に集まった九人の赤い服着た戦士が一丸となって戦うぞ」的な始まり方はせずに、30年くらい前に一度実質的な解散をした後のお話になっているようで、009をまったく知らない人の方がすんなり入れるのかなとも思えました。でもやっぱり説明は足りてない気がする。

冒頭にも書いた通り、キャッチコピーの、そしてサブタイトルの通りに「終わらせなければ…」とか「RE:」という言葉がしっくりくる作品だったので、ここ(今回の劇場版)終了からの続編が観たい作品でした。「サイボーグ009」という作品とはまた違う、「009」という作品として。正直、ここまでやるならロゴも変更してしまえばもっとその意図が伝わったのではないかとすら思う程でした。最終章にあたるGOD'S WAR編も結構な設定変更が本人の手で行われてますし、そういう意味ではこれもまた009なのか。

3DCGについては、事前にMAGネットで「自然な動きになるように心掛けた」「アニメのような見得を切る動きでメリハリをつけた」というこだわりを持って製作している事を聞いていたのですが、実際どうだったかというと、動きに合わせてリアルに段影が変化して行くのがセルアニメっぽくなさを強調していて、長いカットで自然な日常的行動をするほど違和感が出てきました。CGというか、人形劇っぽい印象が。日常的な動きを自然に見せようとする部分では、手書きなら豪快にすっ飛ばして表現する所も細かく中割りされているのか、実写とアニメのどっちつかずみたいな感じに。フルアニメに慣れてないんだよ、と言われそうですがディズニーのアニメではあんまり気にならないんですよね。あと微妙に肩とかの関節が硬いなーという動きも多かったです。
しかし逆に戦闘シーンでは細かいカット割りとスピーディな動きのおかげでそれほど気にならず、CGである事をあまり意識しないでみる事が出来ました。そういうことなのでしょう。

ところで私は常々劇場に貼ってあったフランソワーズこと003のポスターの「策敵」を「素敵」と空目していたのですが、実際に作品を見たら案外間違いでもなかったなと思いました。今回最も活躍したキャラクターの一人でもあるフランソワーズは、石森章太郎先生の描く「無垢な少女」とか「純真で献身的な少女」っぽいイメージではなく(僕だけですかそんなの)、「素敵な大人の女性」として描かれていて、ありていに言えばエロくて素敵でした。これみよがしにセックスアピールを強調しない割には(いや、普段着がしっかり胸の谷間を見せる服ではありましたが)、立ち振る舞いや言動が常にエロくて、さらに斎藤千和さんの演技の魅力も相俟って何をしててもエロく見える素敵な女性となっておりました。元々原作でも未来編だったかでフワンソワーズはあんなことになっていたことが判明しているわけで、個人的には全然アリだと思うのですが、まあ島村ジョーさんとの再会時の突然の行動には目を見開いて驚きましたよ。隣にジョロニモいたのに。ちなみに2D版は全体に明るめの映像になっているので、レースの模様もかなりしっかり見えるらしいですよ。競走じゃない方のレースの模様です。
二次元女性のエロさは線のやわらかさと水分量(または湿気)だと思っていたのですが、このフランソワーズのエロさは両方ともあまり当てはまらない気がするので、もしかしたらこれは3DCGの恩恵だったのかもしれない。CG万歳。

あとジェット・リンクが設定上色々気になる所はあるのはさておき、びっくりするくらい恰好良くて素敵でした。小野大輔さんの演じる色男は、どうしても鼻にかかった喋り方の「キモカッコイイ」感じが多かったのですが(あれはエロスっぽい表現なのかしら)、どっしりと抑えて常時低音で落ち着いた演技に徹していたお陰でとてつもなく恰好良かったです。役どころとしてもジョーとの対比で活躍されていて、ファンも納得。飛行時にユニコーンガンダムのデストロイモードみたいになっちゃうのはびっくりしましたけど。ちなみにジェロニモも普段は普通の体で、戦闘時にサイコフレームが輝くようになってました。

全然関係ないですけど、友人と話していて「杉田さんの変態キャラは『清ました顔で全裸でいられる』変態で、小野さんの変態キャラは『下が全裸の状態でコートを着て笑みをこぼす』変態」という表現をしてみたら割と賛同を得られたのですが、本気で関係ない話でした。

ストーリーの都合上、活躍するキャラクターに偏りが出たのは仕方がない所ですが、出来れば綺麗にあの服を着て勢揃いしたシーンが観たかったなーとは思いました。続編が出来たら叶いそうな展開なのですが。

全体的にはとても満足でした。七割くらいフランソワーズのために観ていた気がしますが。
しかしここ最近のアニメ・特撮映画ラッシュの中でなんとか観られたのがまどかマギカ後編とこれだけで、基準が斎藤千和さんが出ているかどうかという状態に偶然なっていて、まあ特に問題はないです。前情報がないと終わってからスタッフロールでようやく気付くことが多いくらいなので、声のバリエーションとかそういう問題じゃない、役への溶け込み方が尋常じゃないなーといつも思います。ラジオが聞きたいとかCDが欲しいとかそういう欲求はあんまりないんですけど(それはそれで失礼な話だな)、斎藤千和さんの演技はもっと沢山観て行きたいです。

という訳で結局声優の話で終始してしまいましたが、僕はかなりお気に入りです。是非ともこの作品が売れることで続編も描いて頂きたいなと思います。
スポンサーサイト
    18:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

iPhoneケースとか。

 iPhone5になって何が困ったかというとベルトポーチが使えなくなった事。使えない事もないですがサイズがギリギリすぎて使いにくいので。
 サイズの事まで考慮してなかったのでiPhone5の出る二ヶ月前くらいに3GSにピッタリのサイズのベルトポーチを買ってしまったのが失敗だった。まさか縦に伸びるとは。
 しょうがないので買い替え。思ったより安かったので助かりましたが、殆ど傷んでもいない旧ベルトポーチが大変勿体ない。4/4Sまでならほとんど問題ないサイズなので、欲しい人がいたらあげます。

 新しいベルトポーチはiPhone5専用を謳っているだけあってサイズはぴったり。大きめのケース付けたら入らなくなる恐れがあるくらいに。
 側面が伸びる素材で作られていないので、少し取り辛いですが、中で暴れたり勝手に落ちたりベルトから外れたりはしないので、しばらくは使います。

 あとは本体カバーについては適当に買った急場凌ぎのカバーが思ったより良い質感で気に入ってしまったのでしばらく使います。iPhone買ったその日にとりあえず買ったものなので、商品名とか全然チェックしてなくて覚えてないのですが。そこらの未来デパートで1200円くらいで売ってるような商品でした。
    18:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

iPhone5に変更して思った事

 これ、書いたのはかなり前なのですが、自分用のメモも含んでいたんで、一応残しておきます。

 iPhone5に買い替えました。
 ついでにキャリアも替えました。

 家に一番近いauショップで一週間以上在庫アリの張り紙がずっとあったので、うまくいけば即日もアリかと思って、休日に同居人と二人で行ってみたら全パターンの在庫がありました。潤沢すぎるだろ。
 僕は64GB、同居人は16GBを選択して、プランとしてはデータ関連以外一切なしのネット端末特化型の僕と、電話機能特化型の同居人という棲み分けになったら月額は僕の方が少し安くなりました。やっぱり電話として使いたい人には向かない機械だと改めて思います。そうはいっても、そういう人が携帯電話とモバイルルーターと小型タブレット(又はiPod touch)を持ち歩くというのも負担が大きい気がするので、しょうがないのかもしれません。

 十年以上ツーカー(から派生して行った一連のキャリア)を使い続けてきたので、MNPは初めてでしたが、特に問題なく進められて、これで晴れてキャリア変更です。違約金とかメールアドレスとか様々な面倒な問題よりも変更したいという欲求が圧倒的に勝ちました。

 3GSからの「復旧」は、一旦PCのitunesでやり取りした方が楽ですね。アプリの配置もゲームデータもバックアップ通りに復元されました。一部のアプリは一旦インストールしなおしてIDとパスワードを入れないと起動すらしてくれませんでしたが。一部というか嫁コレですが。嫁コレも容量に余裕が出来たのでシュタゲ勢以外の嫁も迎える事が出来そうです。別にそのために容量増やした訳じゃないよ!ないってば!

 5に替えてどうかというと、何か新しい事が出来るというわけでもないどころか地図が劣化してるので、特にどうということもないのですが、各アプリがキビキビ動作するというか動くようになるまでの時間が早くなってくれたのでありがたいです。動き出してからの速度は変わらないんですが。
 あとはネット関連もかなり快適になってます。機種変更の恩恵なのか、キャリア変更の恩恵なのかはわかりませんが。どっちもなのかもしれない。
 解像度の向上は3GSでも綺麗だったんで見た瞬間「これは違う!」と叫びたくなるほどの差はありませんでしたが、使ってみるとアイコンのハイライトが適度な太さになっている事がわかったり、フォルダ内のアイコンの絵柄がよりハッキリ区別出来るようになっていたり、Safariなどでの本文の小さな文字のドット感がほぼ払拭されていたり。確かに違います。

 前の機種を使っていた時から前面への保護フィルムは貼ってないんで、今回も貼るつもりはないです。ただ、側面と背面は守りたいのと、落下時の衝撃を和らげたいのと、異様に持ちにくいのを何とかしたいので(相変わらずアップルの製品デザインは実際に使い続ける人の事は考慮されていないと思う)、とりあえず安いカバーを購入。良いものが見つかったら買い替えます。
 そのカバーについていたホームボタンに貼るシールがとても使いやすくて気に入りました。思えばCLIEのTG50で同様のシールをキーに貼る事で少しでも使いやすくしようという工夫がありましたが、まったく同じですね。使い勝手は大幅に向上しましたが、構造上シールの周りにホコリがくっついていくのがちょっと怖いかも。様子を見ます。

あとはストロボ機能が地味に嬉しい。暗い所への移動時に昔の携帯のストロボ機能はフルに使っていたし。あの時はボタン一つで光ってくれたからとても使いやすかった。今回はアプリ起動をスイッチにするので多少煩わしいけど使えるだけありがたい。

というわけでキャリアを変えたのでメールアドレスが変わってしまいました。だいたいの人には伝えたと思うのですが、まだ知らないぞという人がいたら新しいアドレスかブログ、Twitter経由でご連絡ください。


久しぶりに拍手コメント頂いたのでクリック先でご返答。
    18:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ゴティックメードを観てきたよ

ゴティックメードを観てきました。
永野信者という訳ではないのですが、ファイブスター物語(以下FSS)は勿論好きだし、しばらくソフト化されないという噂も聞いたので(すると思うが)、新年早々観てきました。がんばって上映館を増やしているのは、もしかしたら連載再開にあたって「観ておくべきもの」なのかもしれないという危惧もありましたし。

PV等を観た時、「なんだか古くさそうな映画だなあ」という実に失礼な印象を持っていたのですが、実際に観た後も、言葉の意味は全然変わりましたが、やっぱり「これはとても古くさい映画だ!」と思いました。理由は後述します。

永野ファン、並びにFSSファンの中でも、連載再開を大人しく待っていた人は見るべきなんだろうなと思います。そういう作品でした。
永野先生の絵のままでキャラが動き、メカが動き、エフェクトが舞います。漫画の中での動きの表現やエフェクトの表現が、そのままアニメになっています。あの独特の描き方は作者の頭の中ではこうなって動いていたんだな!というのを確認するための作品と言えましょう。ヘッドライナーの独特の走り方や、モーターヘッドの動き方など、きっと彼の脳内ではずっとこうやって動いていたんだなと思うと、ようやくファンもそれらを共有出来たという感動が味わえます。そうでない人には手抜きとかFlashかよとかそんな印象になるかもしれません。

あとは設定的にも色々と面白そうな感じになっているので、詳しい人程ニヤリとしたり、むしろ首をかしげてしまったりするのではないかと思います。

お話としては、詩女と呼ばれるヒロインが、とある国の王子様と出会い、解り合うまでのお話で、特に(ストーリーだけなら)これといった見所もなく、淡々と代わり映えの無い演出で終わりまで続くという、それはそれは永野作品をそのまんまアニメにしたような内容です。永野ファンならば「よくぞここまで永野作品をそのまんまアニメにしてくれたものだ!」と感動出来るほどのそのまんまっぷりです。メカ戦以外は。主人公二人が出会ったばかりの頃の、まだ理解しあう前の会話における皮肉の言い合いや、その時の二人の表情など、脳内で逆に漫画のコマとして映し出されて来た気がするくらいに「そうそう、これこれ!」という感じです。メカ戦はストーリーの都合もあって、実力伯仲のライバルとの鬼気迫る戦いとはならなかったため、実にあっさり終わってしまい、原作の迫力あるバトルを期待していた人はちょっと残念かも。ただし前述した通り、動きと音の再現としては完璧なので、それ以上を望むのは酷なのかも。
実際にはこのような漫画の(いや、厳密には存在しないですが)再現というのはなかなか出来る事ではないのですが、永野ファン以外の人が見ても、おそらく楽しめないでしょう。何しろストーリーが盛り上がらない。詳細は書きませんが、普通ならもう一捻りそこであるだろうというところをスルーしてしまい、代わりにファンがびっくりするお楽しみ要素だけ突っ込んで「一捻りってそっちかよ!」と言いたくなるような展開であるために、その突っ込みが出来ない「非永野ファン」は、ただの肩すかしで終わる可能性が非常に高いという諸刃の剣です。

おそらく最初から、この映画は、永野カントクが「自分が作りたい、観たい作品を作ろう。だからこの作品は僕のファンなら絶対に観たい、楽しい作品になるよ!」という、エンターテインメントの概念からするとなかなかあり得ない覚悟を持って作られていると思います。そしてそれは実際にその通りになっていると思います。何と、永野ファンなら一度観ただけでは満足出来ず、視聴後に色々と調べて状況と設定を確認して、もう一度視聴してそれらの再確認をしたくなってしまうという中毒性を持っているのです。様々な演出の意図、設定を理解した上で全てをもう一度俯瞰の視点から見直す事でわかる事実などを楽しむ映画なのです。
アニメが一般化していく過程でアニメ業界があえて切り捨ててきた、オタクによるオタクのためのオタク映画のある種の究極の姿が、この映画と言えるのではないかと。そういう意味で(他にもちょっとだけあるけど)この映画はとても古いタイプの映画だなという感想を持ちました。観る前とは違う、割とポジティブな意味で。

まだ見ていない永野ファンの人は、順次全国で上映館を増やしてくれておりますので、連載再開前に出来るだけ観ておく事をおすすめいたします。そうでない人は無理に観ない方がいいです。ファン以外が楽しめるような要素がほぼ皆無なので。
    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あけました

 パンおいしいねん!

 改めましてあけましておめでとうございます。
 昨年はあまりにブログに書かなさすぎて振り返りようがなくなるという事態に陥ってしまいました。まあガンダムAGEな一年だったといえばそうなんですが。
 今年はもうちょっと更新出来るように、iPhoneからの更新とかも視野に入れつつ考えて行きたいと思います。まあ、毎年同じ事言ってますが。

 今年はどういう年にしようかなー、なんて事を考えつつも、大人のピタゴラスイッチを観ながら「大人の、とかいいつつピタゴラ装置に刷毛水車とかその上にまたがる女性とかいないじゃん!」みたいな事を口走ったりしていたので、多分例年通りなんじゃないかなと。BSとCSの録画が可能になった事で、アニメがもうちょっと観やすくなってブヒブヒ言ってそうな気もしますし。多分毎週感想文を書きたいと思う作品がそうそう出るとも思えないので、今年はカブトボーグ復活に全力を注ぎたいところ。やるやる詐欺とか言われないようにしよう。

 あとは模型に関しては今年は明確に目標があります。
 「完成させる事を怖がらない」
 ある程度工作が出来ると満足しちゃって次の模型に手を出して放置する事が多いんですけど、今年はそこで怖がらずに先に進めるようにします。完成させてしまわないと反省も出来ずにそれ以上のレベルアップが出来ない、というのはあらゆる作品に於いて当てはまり、模型もまた例外ではありません。仕上げの甘さや工作の未熟さなどは、完成させる事でより一層際立つ事が多いし、区切りもつけられないので、今年はそれぞれの模型作成に個別の目的というか目標を付けて完成させていきたいと思います。
 うん、今一番興味のある分野だけは饒舌ですね。

 まあそういう感じで頑張って行きたいと思います。
 あと冒頭の一言はあまりきにしなくていいです。
    20:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。