ハイスペック・バカ

會川昇さんとお話ししてきた-03

 そういやバッテリーが上がった車についての後日談。
 正確には二日目の夜の話。

 初日の夜にバッテリーが切れていたので放置して帰りまして、二日目は電車で移動しました。
 終わってからバッテリーのケーブルを持っていたスタッフのえらい人にお願いして挑戦してみたのですが、何故かボンネットを開けるレバー(のケーブル?)が破損していたのかなかなか開かずびっくりしたりとか、何とか開いて繋いで挑戦してみれば何と途中でケーブルが切断したりとか。
他にケーブル持っている人がいないものかとガソリンスタンド店員のスタッフなどにも声をかけてみたもののすぐに移動出来る人がいなくて、結局見つかったのは打ち上げで食事中のスタッフでした。本当に申し訳ない。
 何とかスタッフがやってきてくれて(こういう時にやってきてくれる所がありがたいです)、無事にエンジンは始動。
 打ち上げに戻って頂きました。

 さて、これでバッテリーが復活した場合、30分から一時間はエンジンかけておいた方がいいらしいという事で、適当に一時間くらいドライブして帰ればいいのですが、実はガソリンが残り僅か。計算上一時間くらいなら問題ないはずなんですけど、これでガス欠までつけたら数え役満レベルのバカです
 もうエンジンがかかった段階で夜の九時で、昼食が遅めだったとはいえさすがに空腹。でもエンジン停められないからコンビニも寄れないし、割と詰んできました。
 実際、何度かこの車でガス欠した事あるもんで、さすがに無茶は出来ないなあ、という事でゆっくり走りながら大きめの駐車場でちょっと長めに停車して(エンジン切れないから停車だよな)、時間を稼ぎつつ30分過ぎにガソリンスタンドに到着して給油。ここで金がない!とかだと満貫くらいにはなったかもしれませんがプリペイドカードの残高があったので無事給油完了。
 車に乗って、気合いを入れて、キーを回します。

 一発で起動!

 胸を撫で下ろし、念のためさらに30分程適当に近くを走ってから帰宅しました。疲れ切りましたわ。

 しかし初日のあんな大仕事があって緊張する基準というか事件の基準がおかしくなってしまったのか、エンジンがかからなかった時もケーブルが切れた時も、やけに冷静にしてました。多分周りの方があわててくれてたかも。

 翌朝も無事にエンジンが起動したので、多分もう大丈夫だと思います。
 もう20万キロにも届こうかという走行距離なので、今年中に買い替える予定なので、なんとかギリギリまで使っていきたいと思ってますこの車。
    19:50 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

會川昇さんとお話ししてきた-02

 あまりに長かったのと、うまいことオチがついてしまったのでエントリを分けました。
 上がったバッテリーの話を先に打ち上げ会場にいる人たちに伝えたら「じゃあ車乗らないで済むんだからここで飲めるじゃん!」と返してきた代表にはかなわないと思いました。飲みましたが。
 打ち上げでラジオ番組関係者(今回の件とは無関係)の人がいたので色々話したら、私のポジションと進行方法が相当特殊な無茶ぶりだと言われてびっくりしましたよ。そういうものなのか。

 翌日は斎藤千和さんのトークショーです。斎藤さんのお相手はFM新潟の村井杏さん。さすがプロだなーという安定した聞きやすい喋りと、観客をちゃんと巻き込んで話を進めるやり方、サインプレゼント企画で斎藤さんが喋らない時の間の持たせ方など、色々勉強になりました。調子こいてやらせろとか言ってましたが、一度運営側の視点でプロの仕事を見せて頂く事が出来てよかったです。やってたらボロボロな内容になっていただろう事が今なら容易に想像出来ます
 声優さんの場合(というか作品を限定しないトークショーの場合)は、ゲストの方だけでなく、その交友関係とその方の情報、共演作なども知っておかないと話が広げられなかったり観客へのフォローが出来ない事もわかったので、かなり事前準備が必要という事もわかりました。そして台本はあまりに詳細に書きすぎるとかえって見ていないと不安になるのでやめた方がいい(言うべき事を箇条書きくらいで丁度良い)とか。

 という訳で何とか二日間無事に終了。

 この年になると、新しい出会いなんてのも(女性の事でなく)なかなかないし、自分の可能性を広げるチャンスなんてめったに来ません。今回の話も、きっと断ってしまったら、脳内で「プロ級のオレ様トークで会場がドッカンドッカン沸きながらのトークショー妄想」を一生繰り広げてしまうんだろうなー(さながら出るあてのないテレフォンショッキングの練習をするが如く)と思ったら死にたくなったので引き受けました。「答え合わせがしたかったんだね」って言われてなるほどと思いましたが。
 今後も何か新しい、面白そうな事があったら躊躇せず挑戦していきます。とりあえず最新アニメのコスプレをする事になりましたが。いや、その方向性はおかしいだろ。

 最後に。
 何度も夜中に電話して相談に乗ってくれた市役所の(名前出していいかわからんので)美人担当者様、プロの仕事を見せてくれたり、話し相手になって頂いたりと当日に多分一番お世話になったFM新潟パーソナリティの村井杏様、当日の運営でお世話になった(この辺も名前出していいのかわからないので)企画会社の担当者様、そしてこんな大舞台に推薦して下さったガタケットの坂田代表、途中で仕事場を離れる事になって迷惑をかけてしまったガタケットスタッフの皆(常に人手不足で大変なんですよ)、特に車の復旧で最後の最後まで迷惑をかけてしまった方々、そして最速でとても好意的なレポートをブログに上げてくださった(笑)方を含めた観客の方々、関わった全ての方に感謝を
 大半の人からしたらたくさんあるイベントの中の一つという位置づけだったとは思いますが、元々ただの平凡なオタクである私にとっては一生の思い出です。
 ありがとうございました!

 
 勝手に興奮してこの一週間謎のツイートとかしつつ一人で盛り上がってきましたが、このエントリをもってまた日常に戻ります。またご縁がありましたらよろしくお願いします。とりあえず録画されたものを我慢して全部見て反省点を洗い出す予定です。途中で首をつりにいかないように気をつけます。代表は今後のトークイベントは全部私に振る気らしいですし。
 女性声優なら何でもやるよ!
    19:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

會川昇さんとお話してきた-01

 色々な大人の事情がありまして、にいがたアニメ・マンガフェスティバルの會川昇さんのトークショーのMCをやらせていただきました。

 何故僕なのかという事については様々な大人の事情が絡み合う中での決定なので書けませんが、一つだけ書ける事は、候補者の中で一番會川昇さんのファンだったからという事。あとUN-GOも好きだったし。

 いやあ、なんかね、言われた時に「これ皆に言ったら驚くだろうなー」とか考えたらそのままうっかりハイって答えてしまいましてね。その後の顔合わせでお会いした市役所の担当者の方が素敵な女性だったのでこれは断れないじゃないかと。
 まあ、人前でマイク持って喋った事とか一度もやった事ないんですけど、なんか大丈夫じゃないかなって思って引き受けました。根拠はまったくありませんでしたが

 急遽質問も考え直しって事で原案の「明治開化 安吾捕物帖」を読んだり、アニメを見返したりして一生懸命失礼にならないように質問も考えました。チラシにも「ここでしか聞けない制作秘話が!」とか無駄に煽ってるんで、脚本家の立場として聞くべき質問は何かを考えてみました。先方の担当者からも喜んで頂けたようで胸を撫で下ろしました。気を使いすぎて質問が饒舌になってしまった事は反省点ですが(観覧者を置いていく可能性が高まるから)。質問というよりは、どれだけ作品を見ているかのプレゼンでしたね、あれ。
 その後會川さんのツイッターで「トークショーの相手はガタケット関係者らしい」というようなつぶやきがあったので、ご本人にも話が通って「素人と話させるのはちょっと…」とか言ってご破算にならずに済んだ事もほっとしました。
 この辺で気が大きくなってきて、日曜日の斎藤千和さんのトークショーもやってみたいとか口走ってみたりもしましたが、すでに担当者も決まっている状態だったので断られました。何様のつもりだったんでしょう僕は。ただの素人なのに。會川さんより失敗時のリスクが高いのに

 ちなみにギリギリで僕が担当する事を発表した、というよりはギリギリまで発表「しなかった」のは、ツイッターで會川さんに補足されて万が一このブログみてガンダムAGEの感想を読まれた時に困るなーと思ったからです。作品をバカにする意図はないんですけど、作ったものに対して本来意図しない所で笑いを誘うというスタイルは、制作者から見たらあまり面白いものではないだろうし。あれ見て不機嫌になられたら困るなーと思って、ギリギリ補足されないタイミングで公表しましたテヘ。
 まあ結局あっさり捕捉されました。多分ブログまではチェックされてないと思いますが。

 準備のために、一度文語体で書いた質問を話しやすいように口語体で書き直し、軽く小ネタ追加してから暗記したりして、だいたいは台本なしでも話せるようにしました。まあ、これが後で予想外の問題を引き起こすのですが

 質問の書き替えや、會川さんのプロフィール紹介などの追加を行い、台本完成がイベントの数日前。市役所の担当の方はもう本当にいつ寝てるのかというようなスケジュールで頑張っておられました。がんばりましょう!とか言いつつギリギリで質問の差し替えを頼んだりするひどい人ですみませんでした。仕事増えそうになったのに笑顔で応対してくださる女神でした。電話だから笑顔かどうかはわからないけど。
 自分のパートがほぼ質問だけに絞られたので多少気は楽になりながらも、日に日に緊張の度合いを増しながら当日を迎えます。
 長いので続きはクリックで。
    23:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ガンダムAGE19話「アセムも旅立ちを強いられる」

あまり突っ込んだ内容に出来ないのですが、推敲する時間が取れなさそうなもんで。
その理由はまた後日書くつもりでおります。

UEという正体不明の敵ではなくなったので、ヴェイガン側の描写を期待したいところなんですが、無理かなぁ………と思ってしまいますね。国家体制とか指導者とかどうなってるんですかね?

 ゼハートがヴェイガン側を描くための駒と考えれば、多少は出てくるようになるのかなーと思っています。今週実際出てきましたけど。

続きを見るをクリックで本文にはいります。
    21:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ガンダムAGE18話「もう卒業を強いられた」

 もう次の回の放送日だよ!ここまで引っ張るか!
 まあ、色々と事情がありまして最近リアルタイムに視聴できなくて録画を見るのも後に回ってしまうことが多いのです。などと言い訳をした所で更新が遅れればきつくなるのは自分なので、頑張って更新していきたいと思いますよ。
 そういや先日よく行く飲み屋でガンダムAGEのサントラを聞かせてもらったんですけど、ものすごく良い曲が揃ってますね。ちょっとびっくりしましたよ。どこで使われたかまったく覚えてなかったところに。あまりにBGMの印象がなくて、次回予告の曲くらいしか判別できてませんでした。もともとあまり曲に注意を払わない方だったとはいえ、そこまでわからないものかと愕然としました。自分だけわからないのかと思ったら同席した人とか店の人もどこで使われたか言えてなかったのでそういうことなんだと思います。大河ドラマのサントラって言ったら信じる人いるんじゃないかな、あれ。

 そんな訳で今週の感想文でございます。続きをクリックしてください。あと今回は特に拍手コメントはありませんでした。
    11:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

テキストの共有方法について

会社のMacが新しくなったので、いろいろとネットワーク関係も改善されて、日記用のテキストをどうやって家と共有しようか考えてました。
普通にiPhoneでも使えるEVERNOTEやDROPBOXがいいかなと思ったんですけど、あの辺は他の人がうっかり起動すると普通に中身が軽くバレるんですよね。特にEVERNOTEはログアウトという概念が見当たらなくて困りました。
そういう訳で、毎回ログイン作業をするのは多少面倒ですが、Mac内に痕跡を残しにくいGoogleドキュメントを利用しています。オンラインでメモをした後にコピーしてもいいし、直接起動して書いてもいいし、いざとなったらすぐ閉じられる所も良いです。
    18:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

もげろって言われたらもうもげたって言えるようになった

雪の日の夜に、真っ白く染まった車に乗り込むべく、さっそうとドアに手をかけ、いつものようにドアを開けようとしたところ、通常ではあり得ない軽さでドアノブが持ち上がりました。
軽く円のような軌跡を描いて腕をまわし、その手の中には車のドアノブが残されていました。

ドアノブってもげるんだね……。

もげるまでの一連の動作とその軌跡があまりに美しくコントのようでもう笑うしかありませんわ。
根元は残っているので、開けるのは不可能ではないのですが、かなり大変になります。買い替えようかとか言ってたようなレベルなので、今更直すのに金をかけるのも癪だし、どうしようか思案中。
前の車も屋根のクリアがはがれて愉快な外見になった後でエアコンの吹き出し口から煙を噴くまで乗ってましたが、今回も車内のスピーカーが3/4聞こえなくなったりバンパーのクリアがはがれかけてドアノブがなくなるまで乗っている訳で、まあ普通そこまで乗らないよなあ。
単に面倒だからそのまま乗ってるだけなんですけど、そろそろ維持費が高くつくようになってきたのでいい加減買い替えます。まあ、夏までには探し続けようかなとか。
    20:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ガンダムAGE17話「友情とか恋とか強いられる」

 一月から一ヶ月ほど結構な勢いで更新し続けましたが、そろそろネタが尽きてきました。またしばらく更新頻度は下がるかもしれません。それはそれとしてガンダムは毎週やっていくのできっと大丈夫。先週ちょっと面白くなってきたかも?とか思ったけど今週はどうなのでしょうか。
 いろいろあってまたギリギリになってしまいました。

褐色肌の白髪の人は入浴シーンを見せる決まりでもあるのかと思うような始まりでしたね。アスノ家の人は必ず母親の髪の色の遺伝子を受け継ぐ特質でもあるんですかねぇ。フリットもそうだし。

 どっちも男性なのがつまらないのですがネタ的にはありがたいですね。母親の髪の色に関しては遺伝とか難しい事は何も関係なく、単純に父親と同じだと見分けがつかなくなるから、というだけだと思います。関係ない色にしちゃうと何だかそれも問題ありそうですし。

 という訳で続きはクリックを。
    10:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ドールマスター新作

藤岡建機さんのドールマスター新作が出ましたよ。前の話の2巻については聞いてはいけないのでしょうかね。

彼の描くメカが大好きなので、ヘイズル改も大好きだし、メダロッターりんたろうで描かれたメダロット達も大好きです。
もちろんサンセットスパローも格好良いし、今回登場するセイブ・ザ・クイーンも言うまでもないのです。
ヘイズル改以外はインジェクションキット化は多分絶望的なのが残念。

足の太さが魅力の一つなのですが、彼の描く女性キャラも同様なので、きっとそういう趣味なのでしょう。
    18:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ガンダムAGE16「馬小屋に強いられる」

 フリット編完結で一旦まとめようかと思ったんですが、まとめてみたら「UEの正体が実は火星に移住を強いられて失敗した地球人だった。あとユリンが死んだ。」くらいしか内容がなかったので記事になりませんでした。マフィアの存在意義ゼロだし。
 そして周りの人がほとんど視聴を諦めてしまっていたので一生懸命先週の面白かった所を説明したら「今後もお前があらすじを言えばそれでいいや」と言われる始末。本末転倒気味。

 そんな訳で感想です。
 特にコメントもなかったので淡々と進みます。続きをクリックでどうぞ。
    21:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

読めたものは仕方がない

友人と話していた時にふと目に入ったポスター。
まあ、なんて事のないイベント告知のポスターなのだけど、そのロゴを見た時に最初に僕はこう読んだ。

「大倉らめえ」

いや、実際には「大倉ざらえ」だったのだけど、毛筆で書かれた文字がパッと見た時にそう見えた、というだけ。それを口にしたらそこにいた友人全員にあり得ないという顔をされ、さらに少し離れていた他の友人を「おーい!ここに馬鹿がいるよ!」と呼び寄せられたのだけど、その人がどんな馬鹿がいるのか聞く前に

「大倉らめえって何かと思いました」
と発言。

二人目である。

八人中二人という事はつまり25%の確率でこの文字がらめえと読めるのだから、これは結構な確率なのであり、それほど異常と言う訳ではないのだという事を僕は言いたいのである。
家に帰ってこの事を同居人に伝えた所、あの場にいた誰よりも冷たい、ゴミを見るような目で僕を見た。
    19:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

食べることを強いられてみた

 ガンダムAGEスナック買いました。蓋部分のタイトルロゴと「スナック」の文字の位置関係、そしてデザインのズレっぷりが面白過ぎます。おまけのトライエイジカードも初期に販売されたものの再録だそうで、この手のお菓子のウリである「お菓子を買わないと手に入らない!」がないあたり、東鳩もどんだけ強いられているんだという気分になります。わざわざ使い回しの効かなさそうな「A」の形を作っちゃうし。放映開始と同時に売り出せなかったのはこの形状のせいだとしたら(カードが完全にフリット編のものしか入ってないし)かなりの機会損失が発生した恐れがありますが、同時に出た所で売れたかというとそれはそれでわかりません。
 ちなみにバーベキュー味のスナックは普通に美味しかったです。
    21:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: