ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

今年のゲーム総括2010

 今月後半にまったく更新がなかったのはモンスターハンターを延々とやっていたせいであります。ブログの右上にあったツイッターで進捗は書いておりましたが、まあそういう感じです。しかしさすがに年末恒例のアレをやっておかないとなんとなく収まりが悪いのでこれだけは帰省前に書かせていただこうと思い、帰省前の準備であわただしい中に無理矢理PC起動してみました。
 という訳で今年もやってまいりましたゲーム総括。今年も8本となっており、月1本すらいかないという状態で、さらに7本が携帯ゲーム機という、状況をよく表した結果となりました。すたさんトコは年50本という大台に達したというのにこのような体たらくでは申し訳がたたないところではありますが。ちなみに据置で欲しいゲームがなかったのではなく、買ってもほとんど遊べないだろうと思ってスルーしてしまっただけなのですが。今後もこの傾向は続くと思うので、是非携帯機でも箱庭系ゲーム作って頂きたい所。

・モンスターハンターポータブル3rd(PSP)
 今年の大本命。最後の最後でやってきました。FとTri以外全部やってるんで、そろそろ新鮮な楽しさもなにもなあ…と思ってたんですがやってみたらイメージ一新で結局はまってます。友人知人のほとんどが遊んでいるというのも恐ろしい。

・タクティクスオウガ(PSP)
 まったく予想外の所からやってきた今年の大穴。タロットカードとサントラが欲しかったのでコレクターズパックを予約して購入しましたが、ゲーム自体は同居人が遊んでおります。いや、モンハンがすぐ控えててクリア出来るわけがないという事で最初からそのつもりで。ちう訳でまったく遊んでおりません。

・デモンズソウル(PS3)
 なんと今年は据え置きマシンのゲームソフトがこれ一本という。欲しいゲームは多いんですけど「最後まで遊べない」と思ってしまうと手が出ません。そんな中、「せっかくPS3買ったんだからPS3ならではのゲームを一本!」と思ったのがコレでした。
 面白いですよホントに。今はモンハン始めちゃったんで休止中ですが(操作方法混乱しちゃうので)、いつかクリアしてやりたいと思います。

・イナズマイレブン3ボンバー(DS)
 終わって無いんですけどね。ポケモンと同じで遊ぶ相手がいて楽しめるタイプのゲームだなーとは思います。どっちかというとキャラゲーとして買っていますが、単体でアニメ知らずにやるとストーリー部分に面喰らうかもしれない。逆にアニメ知ってるとアニメスタッフは頑張ったな!と思う事が多いよ。

 
・CROSS †CHANNEL(PSP)
 エロゲ発のアドベンチャーとして大変評価の高かった本作。期待を裏切る事のない面白さでした。エロシーン削除部分を茶化した修正はあまり好きではありませんでしたが。

・戦場のヴァリュキュリア2(PSP)
 システムの革新性と携帯機への親和性は以前書いた通りで、惜しむらくは膨大なボリュームをやり遂げるモチベーションの維持が難しかった事か。シナリオでも成長でもアイテムでも、もうひと味あればなーと思わざるを得ません。続編発売が決定してますな、そういや。

・ラストウィンドウ(DS)
 DSアドベンチャーゲームシリーズの最高峰というかコレしかやってないというか。この作品の後に会社がなくなってしまったそうで、続編の出る可能性は限り無くゼロに近づいてしまいましたが、個人的「DS心の名作」として永遠に語り継いで行きたいゲームです。


今年は特別に「やりたかったけど買えなかったゲーム」も自分用メモとして書いておきます。いつかやりたい。

・レッドデッドリデンプション(PS3/XBOX360)
 GTAシリーズのスタッフが作ったんだっけか。無法者の世界はこういうスタイルのゲームに合いそうでやってみたいです。

・ゼノブレイド(Wii)
 日本製箱庭RPG。ゼノシリーズ一個もやった事ありませんが、これはやってみたい。

・Fallout3(PS3/XBOX360)
 オブリビオンもやってないのですが、これもいつかやりたい。モンスターがグロいのが難点だったような気がするけど。

・Fable3(XBOX360)
 2は大変面白かったのでやってみたい。2はあっという間にワゴンレベルまで値段下がってましたが。好き勝手遊べる系の中ではボリュームが膨大になりすぎず、わりと満足するまで飽きずに遊べたバランスの良さも2の魅力の一つでした。

・メトロイドotherM(Wii)
 リモコンだけで遊べる痛快なアクションゲームという事で。坂本さんがしっかり監修されたという事もあって、いつか遊びたいところ。


 まあそういう感じで。ゲーム系ブログとはまったく言えなくなってきたような気はしますが、元々「何やってんのかわからない」ブログですんで、今後も思いつくままに適当にやっていこうと思います。
 今年は月に10回更新する事もなかったおかげで「リア充のフリしやがって」とか言われたりもしましたが別にリア充って事もなく時間の使い方が下手になってるだけでありました。来年はせめて二日に一度のペースくらいは何とかしていきたいなーという事を何か去年も書いたような気がします。
 今後はツイッターとの使い分け(鮮度と質)を強化していく形になりそうなので、ここを読んでいただいている方でツイッターやってる方はフォローしていただければなーと。DMいただければフォローもさせていただきたいと思いますし。

 では来年もよろしくお願いします。よいお年を。
 可能なら携帯からでも元旦更新したいところです。帰省先が電波悪いのが懸念材料。あとモンハンやってて終わったりとか。
スポンサーサイト
    11:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ユニコーン

ガンダムユニコーン2巻観ましたよ。いやあHD画質ってのは凄いもんだねえ。あんなはっきりクッキリやられたらちょっとしたモブですら手が抜けないというのは作品によっては相当アニメーターに負荷かかりそう。そりゃあキャラ数少なくても画面が成立する萌えアニメ系が台頭して行っても仕方ないと一瞬思ったりしましたわ。

以下はネタバレ。

主人公が前回の終了時に父から託された一角獣座の聖衣を手に、バナージは本当の名前邪武を名乗り、ギャラクシアンウォーズに参戦するというのがおおまかなあらすじですが、会場に着く前に謎の聖闘士に襲われた時の戦闘は大変興奮しました。
その後ギャラクシアンウォーズ会場に遅れて現れた鳳凰座の一輝とのファーストコンタクト、そしてその戦いの最中明らかになる、沙織さんが実はアテナの生まれ代わりだったという驚愕の事実まで息も吐かせぬ怒濤の展開は時間を忘れるほどでありました。
今回は一輝との戦闘で破壊された聖衣の修理のためにジャミールへ行く所で終了しましたが、続きが楽しみですね。

以上ネタバレ終わり。

HD画質で描かれた聖衣による戦闘は手書きの意地を見せつけてくれましたし、限られた時間の中でうまくキャラクターの演技などで説明を補助してくれる演出は、「ト書きや台詞に絵を付けたモノ」ではない、一つの映像作品である事のこだわりを見せてくれました。
二度三度見る事で新たな発見が出て来る素敵な作品なので、これからも時間を作って何度か観ておきたいと思います。
アニメオリジナルの聖闘士(まだ言うか)は出ないと思いますが、可能な限り立体化して欲しいなとは思います。
    18:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

記憶にございません

最近深酒すると記憶なくす事が年に一度くらいはあります。
昔は「いくら酔っぱらったからって自分で起こした行動を覚えて無いなんてそんな事あり得ないよなー」と思っていたもんですよ。酩酊したとかならもうすでに意識が飛んでるからしょうがないとしてね。

でも世の中ってあり得ないなんて事はあり得ないんだねえ(ハガレン)。

先日の記憶喪失っぷりはかなり美しくて、途中までビール飲みまくっていた所と、最後にマッコリに手を出して「こりゃあ飲みやすいや!」と勧めてくれた人に話した所までは覚えているんですけど、次に気がついたのは(宿泊先の)自室のベッドの中という漫画みたいな展開。
漫画じゃないので隣に女性が寝ていたりはしなかったんで残念ですけども。寝ていたらそれはそれで問題があるし記憶が無いなら意味はないしイヤイヤそういう問題じゃないネ★

とりあえずマッコリには手を出さないという事と酒は飲んでも飲まれるなという言葉を心の中のXボタン押して忘れないようにしようと思いました。
でも後日知人からマッコリビールはうまいよとか言われてゆらいでます。
    19:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

声に出して読みたい日本語

日用品というか食料品の買い物は近所のジャスコかサティが我が家の定番。今日もジャスコへお買い物。

地元にいくつかあるジャスコの中では規模が一番小さいせいか、普段はあまり繁盛してはいませんが、この日だけはやたら混雑してました。
なんだろうと思ったら31周年とかで記念に抽選会やったそうで、今日がその最終日でした。
30周年は何もしなかったのかしら。去年同様のイベントみた記憶ないしな。

5000円で一回くじが引けるよ、という設定で、普段からジャスコに買い物に来ていればそこそこたまりやすい金額です。さらに店内の専門店や飲食店の分もカウントされるので、ここぞとばかりに飲食店混みまくり。そして一回のくじコーナーも列伸びまくり。このジャスコのレストランや他の場所で行列が出来ているの初めて見たかも。

5000円で一回という事で、正しいジャスミン(ジャスコを愛する市民の略)としてはやっとくべきだろうという事で、色々買って挑戦すべく並んだのはいいんですが、商品の看板を見てびっくり。

特賞にあたるのが「金玉賞」って書いてありますよ。わざわざ「きんぎょく」と読むとも思えないんで「きんたましょう」だと思いますが、本気ですかジャスコ。女性の店員がガラガラの応対してるけど、もし金色の玉が出て来たら女性がハンドベルかき鳴らした後に
「おめでとうございます!金玉です!」
って言うのか?!言うのか?!
そりゃあもう俄然やる気にもなろうというもの。知らない女性に金玉と言わせたいためだけにがんばりました。

結果は5000円相当のポケットティッシュが手に入っただけでしたが。
    18:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

新鮮な気分で

モンスターハンターポータブル3(MHP3)、ファームウェアのアップデートやメディアインストールを経てようやくプレイ。
今までと違って東洋風な世界で、モンスターもかなり大胆な入れ替えが行われていて新鮮な気分。敵の動きや強さがわからないというのはやっぱりいいですね。完全に入れ替えではなく一部に残されているのも安心感があります。

MHPではずっと女性キャラを使っていたんですが(装備のデザインが可愛いから)、今回は男性で。適当にやってたらリーゼント爺が爆誕して気に入ったもんで。温泉シーン見たら「このキャラ作成は正解だった」と思わずにはいられませんでしたよ。

とりあえず村長クエストをプレイして★1の緊急クエストが出た所で終了。★1の最後のクエストで熊が出て来て、ティガレックス的な扱いなのかと思ったらクック先生扱いっぽいですね。時間が無くて倒す前にやめちゃったんですけど、がんばれば初期装備でも十分行けそうな。

しかし田舎に暮らす身としてはこの時期に熊が出て困ってるってのもタイムリー過ぎて笑えないかも。
    19:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

このカテゴリ長生きするよなーと

モンスターハンターポータブル3(以下MHP3)買いました。
近所の量販店が軒並み予約終了しちゃった後でどうしようかなーと思っていた所、偶然立ち寄った店で受け付けてくれたのでなんとかなりましたよ。まったく割引のない店で予約前金1000円なのでユーザーの優先順位低かったんだろうなー。
正直発売日じゃなくても再出荷は早そうだから焦らなくても……とは思ったんですけど、手に入るなら手に入れたくなるもので。

MHP3を始めると色々と支障を来すものがいくつか。
・デモンズソウルが遊べなくなる。
 この手の似たタイプの操作形態のゲームは、複数やると操作やプレイスタイルが混乱するので二股は不可。そんな甲斐性ございませんわ。どっちもアクションゲームだし、操作ミスが致命的な事態を生みそうなので。
 あとデモンズソウル以外のゲームもやらなくなるでしょうな。もともと進行中のゲームほとんどなかったけど。

・プラモデルをいじらなくなる。
 空いた時間全てがモンハンに費やされるのは確定的に明らか。携帯機なのでちょっとした空き時間も埋めてしまいそう。接着乾燥待ちの呂布トールギスや表面処理待ちのRGガンダムがバラバラのまま放置されていたり。あとHGUCシナンジュはガンダムエースのシナンジュヘッドも一緒に買ったのにどちらも開封してません。

 まあ、とりあえずしばらくはMHP3を出来るだけ楽しみたいと思いますよ。そこらでモンハン部が設立されているし、今回はPS3のアドホックパーティも使えるので、そこら中で寄生していきたい(最悪だ)。
 メイン武器は前回同様ハンマーの予定ですが、もうちょっと色んな武器を使える様になっていこうかと思います。特に前回まったく触らなかった太刀とか。

 しかしタイトルにも書きましたがこのブログカテゴリがそもそもPS2のモンスターハンター2(Dos)の時に作ったカテゴリなんですよね。一種類のゲームだけでカテゴリが生き続けているのも凄い話です。モンハンブログは作る予定ないんで今後も使われ続けそうです。今回からカテゴリ名は「モンスターハンターシリーズ」に変更しましたけど。
    18:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

思い出に浸りたがるのは疲れている証拠か

永田さんのFF11日記の本を発掘してしまって久し振りに読んだらやっぱり面白かったので、懐かしさのあまり自分ちの日記も久し振りに読んだら意外と面白いかも、とか思っちゃってごめんなさい。末期のグダグダっぷりは自分でもどうかと思いましたけど。
多分十年間のweb日記生活において最も力を入れていたコンテンツだと思います。こんなに真面目に書いてたのか、と驚く程に。

難点としては備忘録としてよりも読み物(のつもり)として書いていた割に後半はその辺の設定を完全に忘れて普通のプレイ日記になってる所。あと初期のその設定が逆に災いして友達の名前とかボカしすぎで自分でも思い出せない所。そして最大の難点は日付がない事。

初期に知り合って一番長い付き合いだったタルタルのDさん、最後の大ネタにもなった、多分ヴァナで一番大好きだったと思うヒュム白魔導士のCさん、ひじきの話で盛り上がって以降ちょくちょく遊んでもらったヒュムPさん、何故か要所要所ですれ違ったりしてたエルモンクさん、常にキャラを崩さなかったエル王子さん。
本当に僕はヴァナの同鯖で友達がいなかったので、彼らの事は(ほとんど会う事が無かったにも関わらず)今でも覚えてます。大好きでした。逆にパーティレベラーゲの愚痴は思ったより沢山書いていてびっくりしましたけど全然覚えて無いです。

あ、日記繋がりの友達は今でも繋がりがあるので忘れるとか言う次元ではなかったり。

ちなみにフレンドはほとんどいなかったけどLSメンツには本当に恵まれていたので十分満たされてました。彼らがいなかったらあそこまで続けていられなかったと思います。そういう意味では友達は沢山いたと言ってもいいのかしら。オフ会までやったしな。
こっちの日記まで読んでる友達もうほとんどいないと思うけど、改めてありがとうね。大好きだ。
そして我らがリーダーの虎ナイト、ノレ氏はこの日記で名前も説明もなしにたった一言台詞が書いてあるだけなのに「あ、これはノレ氏の発言だったな」と即座にわかってしまいます。なんだこの存在感。
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

改造の是非について

ガンプラビルダーズのBパーツにおけるスーパーカスタムザクF2000の敗因がプラモ狂四郎の影響と言うかオマージュに感じたのですが、この辺は改造キットの扱いについて難しい問題をかかえていますな。

改造キットは物語的にも、絵的にもバリエーションを広げてインパクトを与えてくれるので重要な要素な反面、主人公が初心者なのでいきなり凄い改造は無理。となると当面ライバル側が改造する事に。
モデラー的には凄い改造をした方が強い事にしたいところですが、それじゃ主人公が勝てませんわな。となると「パテが脆くなった」とか「パテで重くなった」とか「プラ板組み合わせ部分が脆かった」とかに敗因を頼りがちになってしまい、結果として「インジェクションキット素組最強」という形に。特にパテは悪みたいな風潮はなんとかしたいところ。初期のプラモ狂四郎ではポリパテを使用した段階で負けフラグでしたし。

というわけでこの辺は敗因のマンネリ化を防ぐ努力をしてみましょうか。
ぱっと思い付いたのは「アーマーのデザインの関係で可動範囲が狭くなって攻撃出来なかった」「着脱可能にした部品がゆるすぎてもげた」「エナメル塗装で戦闘時に割れた」「そもそも明確に弱点となる場所が存在するデザインにしてある」などでしょうか。無理矢理な気もしますが。
あくまでコンピュータゲームである事を考えると、バズーカに水鉄砲とか接着剤仕込んだり、油や塗料をぶっかけたりは無理ですかね。
この辺も、デザインの問題をそのままでキット化していいものか、とか、何かの素材を敗因にした時に素材のメーカーへの配慮とか、いろいろ難しい問題が新たに発生してしまう気もします。
何でも有りな上にバンダイのプラモデルへの駄目出し(リアルタイプガンダムは成形色が違うだけかよ!とか)までやってのけたプラモ狂四郎は、やっぱり時代の寵児だったんだなあと今更ながらに実感しました。
    19:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

もうすぐDVDも出ますし

ガンプラビルダーズは巨大なロボットの戦闘を主軸に置きつつも戦争を舞台にせず、人死にも出ないという大変秀逸な設定なので、是非テレビシリーズでやって欲しいものです。
テレビシリーズで大々的にやればカラーリングだけでなく「オレの改造したMSコンテスト」もできるかもしれません。デザイン部門とモデラー部門に分けて。
そしたら私はGMグラップラーカスタムとパーフェクトガンタンク(パーフェクトなのでもちろん足が生える)を作ります。昨日思い付いただけですが。

こういう設定は、以前馬頭ちーめい先生が描いていた「ブレイクエイジ」という漫画でも使われていました。こちらはアーケードゲームのデータとして扱われて、ロボットのデータを自由にカスタマイズ出来るという形なのですが、武装の交換といったレベルではなく、骨組みから組み直してオリジナルの機体が作れるという自由度の高いものでした。この作品が凄く好きなので、この流れでアニメ化してくれないものかと思っています。いばらの王が今頃映画化してるくらいだし。
    20:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。