ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

久しぶりにオススメゲーム

久し振りにゲームが面白かったという話がしたいんですけど、体験版が面白かったというだけの話なので、実はゲーム買って無かったり。うーん、でも書きたいので書いておく。自分が忘れないように。
スクウェアエニックスから発売された「トライン」というゲームがそれ。パッケージ販売ではなくダウンロード専用販売だそうです。
何となくアクションRPGだというので体験版を落としてみたんですが、これが非常に面白い。他にも幾つか試したんですが、一番楽しめたかも。
どういうゲームかと言うと、色々あって三人が一つの身体に合体というか憑依というか良太郎の意識のない電王クライマックスモードというかそんな感じになっちゃったので、その状態でなんか冒険に出るよ、という話です。
要するに「性能の違う三人のキャラクターを自在に切り替えて遊ぶゲームを作るために『三人が合体した』事にしてストーリー上の整合性を出した」という感じ。もしかしたら合体した事がストーリー上深い意味を持つ可能性もありますが、最近はこういうのにも突っ込み避けが必要なのかーと思ったり。

性能の違う三人というのが、どれくらい違うのかというと、攻撃力や防御力のバランスの違いとかじゃなくて、完全に「別なゲームの主人公が三人集まった」くらい別物。
1人は脳筋戦士で剣を振り回すのが商売で唯一盾による防御が出来る戦闘要員。
1人は魔法で自在に足場や箱や板を作りだしたり物を持ち上げたりする魔法使い。
1人は海腹川背さん。

1人目はそのままなのでいいとして、二人目の魔法使いがかなり愉快。MPの続く限り空中浮遊する三角のブロックや浮遊しない四角のブロックを(右スティックで描く事で)作り出して足場にしたり、長い板を作り出して足場にしたり、特定のオブジェクトをサイコキネシスで動かしたりする事で普通に歩けない所を通行可能にしてくれます。かなりパズル風味のキャラで、その分攻撃手段なし。
三人目は特定の場所にのみアンカー打ち込んで海腹川背さんなアクションが出来ます。弓の攻撃も一応可能。アンカーの移動能力が高すぎて万能気味。

普通に先へ進むだけなら実はそれほど難しくはないんですが、経験値になるらしい緑色のポットを手に入れるにはかなり頭を悩ませる事になり、うまい使い分けが必要になります。
もちろん悩んでいる間も敵が襲ってくるので剣士の出番も結構多く、爽快な戦闘は思ったより楽しくて(Fable2のそれに近い爽快感)メリハリが効いています。
RPGとか名乗ってますが、取ってつけたような成長要素くらいしかRPG成分は見あたらなかったりするので、横スクロールパズルアクションという方が近いかも。パズルのご褒美が成長というのは良く出来ているなーとは思いましたけど。

難点は洋ゲーっぽいグラフィックと、始終オルゴール開けっ放しみたいな緊迫感のないBGM(体験版だけかも)。なんかファーストサムライ思い出した。

しかし操作性の良さとキャラ使い分けによるゲーム性の豊かさと、物理エンジンを積んであるらしい納得の行くモノの動き方・壊れ方が一体となる事で「解法がいくつもあるパズル」に仕上っているのがとても楽しい。何と言うか凄く久し振りに「ゲームやってるわ俺!」って感じたんですよね。ゲームらしいゲームってこういうのじゃないかなー。システムで楽しませてくれるゲームというか。まあ個人的な意見ですけど。

後で知ったのですが、体験版だと魔法使いはほぼ全ての魔法が使えるのですが、あれは製品版だとレベルが上がる事で一つずつ覚えていくみたいですね。それなら納得。
スポンサーサイト
    18:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

これで現行機種全部揃ってしまった

エントリする順番間違えましたが、PS3を買いましたよ。
とりあえず地デジの録画ができる様になっておきたいなーというのとブルーレイとかDVDの良いプレイヤーが欲しいなーという辺りでPS3を選びました。とりあえずというには十分すぎる機能を持っているのですが。
という訳でtorneセット版です。ウチのCATVはパススルー式なのは確認済だったので特に問題なく接続。しかしPS3は裏側にもUSB端子一つ付いててくれると拡張機器にやさしかっただろうなあ(見た目が)。

とりあえず手近な番組を録画して三倍と高画質の確認をしたり、番組表の使い勝手の良さに感心してみたりしてました。高画質モードだと容量かなり食うのですが、三倍モードでもVHSの標準くらいの画質は確保出来ているように思うので十分でした。まあその程度の眼です。

本体購入時にソフトを一切買っていないので完全に家電扱いしてます。いや、体験版落としたりはしてるんですけどね。
    19:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

PCお引っ越し(物理的に)

引っ越して以来2階でたまに使っていたデスクトップPCにももっと出番を増やそうという事で、リビングのハイビジョンテレビに繋ぐという実験をしてみました。
グラボの端子がDVIしかなかったので変換端子でHDMIに繋ぎ、音声端子も繋いでテレビのスピーカーから音を出します。
フルHDの画面が広すぎてびっくりよ。SAIとかのパレット地獄な画面もほとんど邪魔にならないのでありがたいですね。

現行のゲーム機が全てワイヤレスコントローラーなので、PCもキーボードとマウスをワイヤレスにして見た目スッキリさせてみました。背面はHDMI三つにD端子二つ塞いだのでカオスですけど。

リビングPCにするにはエロい構成物がそのままなので問題が多々ある事に今更気付いたのでアカウント分けたりアクセス権制御したりして何とか誤魔化そうと思います。多分「私用」「同居人用」「来客時用」の三つが必要な気がして来ました。

で、メインPCをこれにするためにitunesのデータ移動とか色々やってて面倒臭いことこの上なし。今回の移動で同時に母艦データ整理も兼ねられるので、以後は楽になるかとは思うのですが。
データ移動とか始めたら突然ノートPCのファンが異音を発するようになってきてちょっとびびってます。なんてタイミングで。
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

長期シリーズの弊害

テイルズオブシリーズは本当にどれがどれだかファン以外にはわからないので「テイルズオブ藤島康介1」とか「テイルズオブ中澤一登2」とかにして頂きたい。
まあファン以外はどれがどれでも構わないと今気付いたのだけど。
    18:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

最強の文字入力環境が

iPhoneにATOK Padという面白いアプリが登場しまして。コレ「IMEとして組み込むのは出来なかったからATOKの動くメモ帳アプリ作ったよ!」という事らしいです。
ATOKの変換を用いて作った文章はそのままメールやtwitterやEvernoteに流せるし、クリップボードにも当然乗せられるので「でっかい仮想キーボード付IMEがiPhone画面の上に乗った」と考えてもいいかもしれません。IMEというにはクリップボードからのペーストがちょっと面倒ですけど。

ちょっと前のiOSバージョンアップで念願のBluetoothキーボードが使えるようにもなったので、「ATOK+フルキーボード」でワイヤレスというかなり素敵な環境が揃いました。公式には対応していなかったりはするんですが、十分使えています。
ちなみに使っているのはリュウドのRBK-2000BTII。ver.1ですけどちゃんと使えているので大丈夫です。安かったし。US配列については仕事でUS配列使ってるのでとくに問題なし。

ポメラやシグマリオン3のような機動性(使いたいと持った時にぱっと開いてさっと入力開始が出来たりとか)はなく、文字が打てるまで結構モタモタしてはいるんですが、以前と違って「いつでもどこでもさっと取出して文字を打つ」ような状況までを要求しなくなったので、これで十分です。何より、普段持ち歩いている携帯電話にプラスアルファで文字入力環境が揃うというのは荷物も少なくてすむし(普段使わない機器の)維持に気を使う必要もなくなるので大変良いです。

さらに他の古いPDA達と一番違うのはEvernoteなどで簡単に母艦と同期が取れたりメールが送れたりする所ですね。メディアのやり取りなしで簡単に送れるのはポイント高いですよ。文章書くのはいいけどそこからデータの移動が面倒とかよくある話ですし(私には)。

という訳でとても楽しい環境が出来たので議事録作成以外にもPC使わない文章マシンとしても使って行きたいと思います。
    18:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

結局何の生き物なのかは謎

リサとガスパールってあるじゃないですか。なんか可愛い絵本のキャラ。
偶然あれの出会いとなる本を読んだんですけど、これが面白かったので紹介。

まず、ガスパールのいる学校にリサが転校してくるところから話は始まります。特に登校中にぶつかったりすることもありませんでしたが、まず「ガスパールのいる学校」はガスパール以外全員人間でした。ガスパールだけヒトじゃない何かなんですけど、それについては誰も疑問に思っていないので、これは絵的な表現で実際には全員がヒト(または全員がガスパールと同じ外見)なのか、と思い読み進めていたら、本文中に「転校生のリサちゃんはガスパールにそっくり」というクラスメイトの発言があったのでやっぱり二人以外はヒトらしいです。そしてガスパールだけはそっくりだという事が理解出来ないようなので、ガスパールは自分がヒトだと思っている可能性もあります。
たった二行で随分深い話になってしまったような気がします。

その後、一方的にガスパールが敵意むき出しにしていたら、ふとしたきっかけで二人は殴り合いの喧嘩を始めてしまいます。まさかグーで殴る方の喧嘩をリサから仕掛けてくるとは予想外。ちなみにリサが女の子でガスパールが男の子です。
この喧嘩の後、かけっこなどのイベントで二人は仲良くなり、お互いのしていたマフラーを交換する事で友情の証とするのですが、そのマフラー交換を他の人は誰も知らないらしいです。行為自体を知らなくてもマフラーの色が変われば気づきそうなもんですが、誰も知らないという事なので、普通のヒトには彼らの固体識別が出来ていないとも受け取れてしまい、やっぱりなんだか随分深い話になってしまったような気がします。

深い話はともかく、まさかこんな異国の絵本で日本の漫画によくあるベタな展開が満載とは思いませんでしたよ。転校生で最初は仲が悪いとか喧嘩して友情を深めるとか、この辺の「ベタな展開」というのは万国共通なんでしょうか。
    19:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

なん……だと……?!的な

漫画やアニメによくある戦闘シーンで、
1.敵に向かって雑魚が一斉射撃
2.土ぼこりの舞う中、「これだけ撃てばやっただろう」とニヤリとする雑魚代表
3.晴れて行く土ぼこりの中に人影らしきものが?「ま、まさか!?」
4.完全に土ぼこりが晴れるとそこには微動だにしない敵がニヤリ。
…という奴があるじゃないですか。

トイレで用を済ませた後に便器を見たらちょっと水に入らずに便器についたうんこがあったので、普段より気持ち強くレバーを引いて流したのですが、水流が治まったあとにまだ少しだけ残っていたのです。
水流のせいで表面が見えなくなっていたので前述の(3)の雑魚代表気分が味わえました。

やや興奮気味にこの発見を同居人に話したところ、「いいから掃除してこい」とそっけなく言われて終わりました。
まあ、雑魚代表のかなわなかった敵が今度は一撃で倒せてしまったので主人公の強さも味わえたという事でどうでしょうか。どうでしょうかじゃねえよ。
    19:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

トリビアってもうモテないよな

会社でファミコンの話になって盛り上がったんですけど、さすがに力加減が難しいですな。
オタクだという事は明言してるんで「バレないように」とかは必要ないしゲーム好きだし詳しいってのも隠す必要ないんだけど、知って盛り上がる知識と引く知識のバランスが難しいというか。大体話題に出るソフトのタイトルは瞬時に思い出せるけどそこもあまり早過ぎると引くし。
例えば「『聖飢魔II』のファミコンゲームはファルコムのドラスレファミリーのキャラ替え版でありゲームとしてはナムコから発売されたドラスレ4やった方が良いよね」
的な話は誰も求めてないわけで。
ファミコンロッキーを読んでいるかどうかも話の振り方は変わってしまうし、なかなか難しい。

どっちかというと当時のプレイの思い出話の方が受けが良かったりするので、オタク的知識を喜ぶのはやはりオタクだけなんだなあという事を実感した次第。
    20:03 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

また装備全部売られるんだろうか、冒頭で。

ロックマンDASHの新作が!
3DSで!
買うだろ!

ロックマンシリーズは無印以外はまったく手を付けていない私ですが、DASHは大好きでした。箱庭系アクションRPGの走りとも言えるんじゃないでしょうかね。フリーランニングRPGというくらいですし。

わりと自由に動ける
ダンジョン
TPSでアクション要素強め
操作性抜群
箱庭感

と個人的に好きな要素が沢山つまったRPGで、秘かに主人公二人の声がラピュタの主役コンビだったりするのも良いです。ロールちゃん結構外道ですけど。
こういうゲームは携帯機でいつでも遊べると大変嬉しいので、3DSというのはとてもありがたい。ゲームシステム的にも立体映像と相性良さそうだし、是非このまま細々とでいいので続いて欲しいです。移植ではなく新作からのスタートというのも本気っぷりが凄いです。
こういうのが出ると「きっとそのうちガチャフォースも…」とか希望を抱いてしまうのが困りものですね。3DSの性能なら無線LAN対戦くらいは何とかなりませんかねえ。

とりあえず3DSを買う理由が出来てしまったので困ってます。ああ、困ったなあ!


以下は拍手コメントレス。
    19:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。