ハイスペック・バカ

リアルグレード

7月24日はガンプラ第一号、「ベストメカコレクション 1/144ガンダム」の発売日だったそうです。1980年のことです。
そして30年後の2010年7月24日、リアルグレード(RG)ガンダム1/144が発売されました。

当時のガンダムは300円で、総数40にも満たないパーツ数で、全身真っ白のプラモデルでした。
30年後に誕生したRGガンダムは、値段は2600円と9倍近くなりましたが、パーツ数は5倍近い200以上、11色もの成型色で彩られ、様々な素材で構成されているという、数字上だけでも凄い進化を遂げました。
パーツ数の増加はギミックに大きな進化をもたらしています。全身の可動箇所は大幅に増加し、指も可動(根元だけでなく第二関節までも可動!)し、さらにコアファイターが付属して、コアブロックに変形して本体に納める事が出来るようになりました。
さらにMSジョイントという独自の骨組みを採用する事で可動範囲自体も大きく増加し、背中のビームサーベルを握ったり、片膝をついたり、両手でビームライフルを構えたりといった、アニメで動いていたガンダムの動作をほぼ完璧に再現出来る様になっています。

さらに11色という成型色は、パーツ数の増加と相まって、一切塗装しなくてもパッケージの通りの出来上がりがほぼ保証されるという状態になりました。例えばガンダムの顔では、口に当る部分のヘの字や、頬から耳にあたる謎の四角い穴達が実際に穴が抜かれて黒くなりますし、こめかみ位の位置にある黄色いバルカンも専用のパーツを組み込む事で塗装不要に。他にも関節部によくある丸の中に一本線が入っている部分(肘、膝、踝にある部品。マイナスモールドなどと呼ばれたりしていたような。)の底面がグレーのパーツで色分けされている徹底ぶり。

これらが全て1/144のサイズ、12センチほどの全高のプラモデルに凝縮されているのだから恐れ入ります。
詳細についてはガンプラ秘密工場さんでレビューがされていますので、そちらを参照して下さい。読めば読む程その凄さを実感出来ます。発売まで毎日見てました。

お台場に昨年現れた1/1サイズのガンダムをそのままスケールダウンさせたRGガンダム、あのお台場ガンダムのデザインが大好きだった私は発売をずっと楽しみに待っていました。発売日が待ち遠しかったり、発売日に店に走ったりしたプラモデルなんて多分初めてだと思います。

ガンダムのプラモデルはMSVや限定を除いても十数種出ており、1/144だけでも6種類出ていたりします。節目となる時期に出される事が多い為、その時代の最先端の技術を駆使して作成され、出る度に「これは究極のガンダムだ!」と言われ続けています。今回ももちろん言われるでしょうが、今までの流れから、また5年後や10年後にもガンプラが作られ続けるようであれば、またその時にも今の我々が想像もつかない「究極のガンダム」が登場するかもしれません。

未来のガンプラがどうなるのかはわかりませんが、とりあえずこの凄いガンダムを堪能したいと思います。
いやホントに凄いよコレ。
    21:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

相撲も宇宙世紀

もう相撲は全部ガンダム相撲にしよう。
東西に分けずに連邦とジオンで分けて。
四股名もMS由来やキャラ由来にしよう。せっかく武者ガンダムで結構な当て字が決まっているのだし。

生放送をやめて全部編集。SEにモビルスーツの起動音とかを挿入しよう。エフェクトも追加だ。
さらに豪華声優陣による哲学戦闘を副音声で追加。

「さあ、両者からミノフスキー粒子(塩)が散布されました。これからは有視界戦闘のみという合図です」
「両者起動して…射 出!」
とかそういう感じでどうでしょうか。

普通の相撲番組に音声だけかぶせて遊べばいいような気もしますが
    22:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

OSバージョンアップに潜む罠

iPhone3GSを交換対応してもらった場合、少々困った事態になる可能性があるようです。

私のiPhoneは3GSをiOS4にアップグレードした状態でバックアップが取ってあったのですが、交換された3GSはOS3がインストールされた状態でした。今後の交換用3GSがiOS4になっているかどうかはわかりませんが、そういう事態があったよという事で書かせて頂きます。

これ、何が問題かというと
「交換して帰宅してパソコンに繋いでもすぐにバックアップから復元出来ない」のです。
何故なら前述した通りOSのバージョンが違うから。
で、ここで特に何も調べず適当にやったらえらい手間取ったので、その時の状況と、そこから想定されるおそらくベストな手順を書いておこうという訳です。

まず、バージョン上げなきゃ復元出来ないよ、と言われたので「じゃあバージョン上げます」、と更新ボタン押したら「でもまずは認識させてね」と言われました。前の名前「俺のiPhone1(仮名)」で登録しなおして、万が一データが初期状態で上書きされたら困るので、「俺のiPhone2(仮名)」という別な名前で接続し、更新ボタンを押してバージョンアップ。iOSは無事4へ。

そして次に元々のバックアップから復旧させようと思ったらどうやってもiPhoneが「俺のiPhone2(仮名)」としか認識してくれません。当たり前です。
ここでどうやったらいいのかわからず、「俺のiPhone2(仮名)」のバックアップデータを削除してみたりとか色々やったんですけどなんともならず、結局「復元」ボタンを再度押して初期化してみました。これでOSまで戻ったら振り出しに戻る所でしたが、iOS4の状態で初期化されました。ここで繋ぎ直し、バックアップから復元しますか?と聞かれた時に元々のバックアップデータである「俺のiPhone1(仮名)」を選択して、ようやく元に戻りました。危なかった。
10GB近いデータの移動はさすがに時間がかかりましたが完全に元通りになってほっとしました。一日分のメールデータと写真データは勉強料ということにします。


さきほど書いた通り、最初に接続した時の、「新しいiPhoneの設定にする」所で従来の登録名にしたらどうなるのか怖くて試せなかったんですが、とりあえずそこをやった通りにするならば、手順は以下のとおり。

1.PCに接続して「バックアップから復元」しようとしても当時のデータ(これをA設定とする)がバージョンが違うと実行出来ないので、いったん以前とは違う名前(これをB設定とする)でiPhoneを登録してから更新し、OSのバージョンを上げる。

2.そのままではB設定が適用されて以前の情報が一切入っていないのでiTunesから「復元」を押して初期化する。OSのバージョンは上がったままになる。

3.その状態で再度PCと繋ぐと「バックアップから復元しますか?」と改めて聞かれるので、A設定を選んで復元すれば元に戻る。


もっと楽な方法があるのかもしれませんが、とりあえず見つかるまではこのままにしておきます。見つけ次第追記するかも。
    19:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

無料無料詐欺

携帯交換の際、担当の店員が大変商売熱心な方で、自宅のネット環境を聞いて来たりポケットWiFiをすすめてきたりとウザかっセールストークを交えながら手続をしていました。
そして話の最後に「このフォトフレーム、今無料でお配りしてるんですけどいかがですか?」と聞いて来ました。
一時期CMでも流していましたが、携帯から写メ送るとフレームで表示されるというアレ。
ほう、無料なら一つくらいあっても良いかなーと思ったので乗り気になったら
「では月々480円と初期手数料2800円がかかりますので~」
いやちょっと待て。
お前らの国では月々の使用料や手数料を必要とするものを無料と表現するのか

確かに月々の使用料が半額になっているし本体価格18000円ほどが免除されているのはわかるよ。安いよ。金額説明時に二年以内に解約すると解約料取られる事もちゃんと省かず説明してくれた事は良いよ。

でもこれは何か違うだろ。「以前CMで流れていたフォトフレーム、今なら月々の使用料も半額で本体料金が無料でご使用出来るのですが如何でしょうか?」と聞いてくるなら『お金が月々かかるけど安くなっている』事がわかるから納得するけど、まるでお金が恒久的にまったくかからない機械であるかのように話を進めるのは詐欺と言われても仕方ないんじゃないか?

実は使い道あったんだけどやり口が気に食わなかったんで「お金かかるならいらないです」と断りました。まるで限定商品で今じゃないと手に入らないような言い方してましたが知るかボケェ。

前もこの店の愚痴書いた気がするなあ。でも今回緊急時だったから仕方なかったという事で次からはもう行かない。
    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

3GSの故障

先日iPhoneが壊れまして。
iTunesに繋いでくれ、という画面が出て来て操作不能になり、それでいて実際に繋いでも復旧が出来ない(工場出荷時の状態にも戻せない)という状態。
しょうがないので購入したソフトバンクショップに持って行ったらあっさり交換となりました。個人情報が入りまくった携帯をそのまま置いて行くのは大変恐ろしい気がしますが、まあそういうきまりだそうなので仕方あるまい。
故障について色々調べたらショップ対応についてあまり良い話が出て来なかったし自分自身あまり良い印象がないのでちょっと怖かったんですが、拍子抜けするくらいあっさり交換されたのでびっくりです。
購入してちょうど一年、バッテリーもへたってきていた所だったのでちょうどよかったのかもしれません。アップルプロテクションプランに入っていて本当によかった。

復旧に色々手間取りましたが何とか元通りになり、データ上の空白は一日分で済みました。一部ゲームの成績がリセットされていたのがちょっと痛かったですが。


あと唐突に拍手コメントレス。
    21:56 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

蛇の人

先日のスネークセンターの職員さんが登場するというテレビですが。
私はてっきりスネークセンターの取材だとばかり思っていたら中島美嘉に蛇を貸す係だったのですね。確かに職員さんは出てましたが、何つうかテレビで金塊とか出すときに一緒に出てくる警備員みたいなアレ。
すみません、テレビで参考にしてくださいとか書きましたがセンターの参考にはまるでなりませんでした。
    10:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

大人の修学旅行二日目

群馬の微妙な観光地に行こう旅行、二日目。

さて二日目でございます。
宴会とか風呂とか、本当に普通の宿を堪能したのですが、日中があまり普通とは言い難いのでバランスは取れていたかもしれません。これでホテルまでおかしな所だったら本気で疲れが取れなさそう。

最初は竹久夢二記念館、の近くにある珍宝館(特に公式サイトはありませんが珍宝館でググると山程レポートがあがります)。またか。
こちらは女神館とはちょっと違って、純和風。となりのうどん屋がオーナーらしいです。
そしてこちらの売りは館長のおばちゃんです。来客に対して面白い解説をしてくれます。真顔で坦々と早口で繰り出される下ネタトークは必聴。雑誌やテレビでも何度も紹介されているようですね。何年かに一度ネタが改訂されているようで、ある程度の時事ネタも混ざります。我々は大人しく聞いてただけですが、他のお客さんの質問などにはアドリブで返答が出来ているようで、さすがです。
話している内容は下品きわまりないのですが、お年の割に非常に通る色っぽい声(あくまで年の割にですが)で、どちらかというとそっちの方に感心してました。
展示物は春画とか古いエロネタがメインとなっており、これはこれで史料的価値は高そうで感心します。一部の春画(レプリカというかカラーコピー?)は修正入ってましたが

二日続けて下ネタを堪能した後、プラムの国という観光農園に出発。
普通の観光農園かと思ったらプラムはまだ時期じゃないしなぜかロバはいるしガードレールを再利用した滑り台とか手書きのダーツとかバドミントンとか兎小屋とか、とにかく「なんか遊べそうなもの集めてみたから好きに遊んでね!」という手作り感満載のアトラクション(?)です。これでプラムなしで金を取るのかという気はしましたが、我々は例によって小学生レベルの堪能っぷりではしゃいでました。天気が良くなかったせいで全体的に光量が足りず、冒頭のサイトの写真のような「明るく楽しいアウトドアライフ!」っていうよりはかまいたちの夜2みたいな微妙な空気が常に漂ってましたけど。
滑車を利用したターザンロープは末端にわっかが出来ていないので完全に腕の力だけで耐えなければならない苛酷なものだったり、自力で掘ったのかわかりませんが色々変な物がおいてある恐怖の洞窟があったり(どうもメインアトラクションらしくて入り口にでかでかと看板がありました)、まるで手入れがされていないので打ち捨てられたようにしかみえない遊具があったり。前日に雨が降ったせいでその辺の雰囲気がとても良い具合にというか悪い具合に怖さ倍増してました。また、雨で濡れてしまっていて今日は使えないものも結構ありましたが、この手作り感はなかなか味わえません。
最後に駐車場の近くの畑の周囲に作られた「自転車おもしろ周回コース」を自転車で走り回って終了です。おもしろ●●って言われるとカルチャーブレーン思い出すゲハ脳ですが別に関係ありませんでした。畑の位置の都合上、プラムの国から完全に出た所にあるのが難点です。自転車も例によって特に手入れされているわけでもなく、適当に集められた不揃いなラインナップがいい味出してます。一応サイト見る限り老若男女問わず乗れるようにという配慮だそうですんで文句つけてはいけません。

という訳で群馬の微妙な観光地巡りは終了。
ほとんど全てのものに共通して言えるのは「手作り感」ですね。ほとんどが個人でやってるところなのでクオリティは高くありませんが味わいはあります。あと個人でやっているが故のフリーダムっぷりというかカオスっぷりも良いですね。

こういうのはどう考えても初デートには向いておりませんが、気心の知れた、というか洒落の分かる友人とちょっと変わった所に行きたいなと思った場合には最適ではないでしょうか。
今回行った場所の大半が屋外で鋪装されておらず、高低差の高い場所が多いのでちゃんとした靴を用意する事をおすすめします。
Genre : 旅行 旅日記
    19:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

大人の修学旅行一日目

世間では熱海旅行が流行しているのに(DSを縦に持つ紳士の方々に限定しますが)、私は群馬に行ってました。
同居人含めて7人の大所帯で、群馬県は伊香保近辺にある微妙な観光地巡りです。
写真はギガ単位で撮影したんですけどさっさと更新してしまいたかったので写真なしで行きます。かわりに公式サイトのリンク貼っておきますのでそちらを参照してみてください。私が撮る写真よりよほど参考になるでしょうし。

まずはジャパンスネークセンターへ。
様々な蛇が展示されている中に何故か豚がいたりとかクレヨンしんちゃんのような人形があったりとか謎が多いのですが、キモは毎日行われる採毒。研究者が色々と蛇の豆知識を交えながら採毒を見せてくれるのですが、これが面白い。オタク気質な研究者が様々な蛇に関する迷信をぶった切りしつつ役立つ知識も教えてくれます。我々の中に医療関係者がいたりしたせいで講議が白熱し、次の採毒時間ギリギリまで続けてしまったりしました。あの方ちゃんと昼飯食べられたでしょうか。後半は結構時間気にしておられたのですが、なんか途中からどうでもいいや!的なテンションになっていました。なんかもうここだけで十分モト取れた。人によってはあの人の態度は馬が合わない可能性が高いのですが、ちょっとこちらを気に入ると一気に態度が軟化して打ち解けてしまうのでぜひ怖がらずに話しかけていただきたいです。
今週15日22時から放送のひみつの嵐ちゃんでスネークセンターが取材されて放送されるそうですんで、とりあえずそちら見てから行くかどうか決めてはいかがかと。

その後、昼も過ぎたので、その上にある三日月村で弁当を食べました。ここの係員の人、とてもフレンドリーなおばちゃんばかりで大変和みます。茶屋のおばちゃんが(空いていたからでしょうが)店内で弁当を広げる事を許可してくれたり、友人の作ってきた弁当がかわいらしいからと入り口の係員を呼びに行ってたりとなかなかゆるい所です。弁当の量が多すぎたので一緒に食べてもらえばよかった。
ここは実際は木枯らし紋次郎に由来したプチテーマパーク的な村なんですが、有料アトラクションがからくり屋敷とか斜めに傾いた家とか仕掛け付洞窟とか、多分渡世人とはあまり関係なさそうなものばかりです。しかし我々はどれにも抜群にくいつき、特に斜めの家は汗だくになるまで遊びまくるという小学生レベルの堪能っぷり。ジョジョ立ちがとても楽に出来ます。
最初に現金を村の中で使えるお金に両替しなければならないのですが、余っても同じレートでまた両替してくれるので、ちょっと多めに両替しておくと良いかも。レートは100円=1文で、そばが6文、かき氷や心太が3文でした。おみやげもひとつ5文前後が多かったような。
ちなみに本来は江戸時代の風景を再現した町並みが一番の見どころだと思います。

本日最後は命と性ミュージアム女神館という、秘宝館的なアレ。真面目な性の話とかエロい話とかオリエント工業製(かどうかは未確認ですが)リアルドールとか満載です。真面目というわりに胡散臭いネタも多かったりしますけど。トイレにリアルドール置いてあったり館の隅にベッドが置いてあってご自由にお使い下さいとかちょっとやりすぎの感はありましたが。というかサイトには「来場記念に赤ちゃんを作っていこう!」とあったのでむしろ使用が推奨されてました。本気か。
リアルドール初めて現物見たけど凄いね。シリコンがぷるぷるしてる。一部の人形は口が裂けてたりして怖かったですけど。あと本当はあまり触らないようにと言われましたけど。
しかしここの一番の目玉はリアルドールより医療系教育用ビデオじゃないでしょうか。特に最後の7番のボタンを押して放送される出産のやつはヤバい。無修正とかそういう話じゃなくて血とかに耐性ない人が見たら吐くレベルのドキュメンタリーっぷり。様々な状況の出産シーンを画面いっぱいにアップして撮影してくれており、えーと大変勉強にはなります。父親が出産時に立ち会うと「あれはそばで見るもんじゃないな」とよく言う、という話がありますが本当にそんな感じ。でもあれは教育として見ておくべきなのかもしれないなあとちょっと真面目に思ったりもします。性行為の末に必ず発生することなので、あれだけ凄惨な絵面を見せられれば精神的ハードルは上がるというか、避妊とか色々真面目に考えるようになるんじゃないかと。子どもに見せたらトラウマものの精神的ブラクラですが
あとSM系に結構偏った展示物はなかなか愉快。最後に展示してあるエロ本関係はSMスナイパーからサンタフェから水色時代まで取揃えて読み放題です。まさかやぶうち先生も団鬼六先生と同列に並べられるとは思わなかったことでしょう。
最後に館長さんと一緒に写真撮らせていただいて帰りました。そういや今日は全ての観光地で中の人と写真撮ったなあ。
初日はここで色んな意味で疲れ果てたので宿に入りました。宿は普通でした。普通過ぎて何も書く事がないくらいに。
Genre : 旅行 旅日記
    22:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

くっ!ガッツがたりない!

イマズマイレブン3、どうもバランス調整として必殺ワザを一回の試合に出せる回数がかなり減少したらしく、いつ使うかを考える必要が出て来たようで。
試合は地味になるかもしれませんが、使い放題に近い状態だと「ドリブル技とシュート技持ったFWを中央に配置しておいてずっとボールキープさせておけば安泰」とかそういう状況になりがちな気がするので良い変更かと。実際どうだったのかはわかりませんけど。

ボールを確実に奪うDFや、ゴール前のFWに確実にボールを運ぶMFなどの存在が光る方がサッカーっぽいですよね。僕サッカー全然知りませんけど。
あとよく考えたらサッカーゲーム買ったの初めてじゃなかろうか。スポーツゲームをもともと買わないタイプなんですが。いやコレはRPGですけども。
    20:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

とりあえずサッカーで全て解決する話

今までアニメはそれなりに見ていたイナズマイレブン、3になってようやくゲームにも手を出しました。デフォで半田くんの出ないゲームなんて…ッ!と思いましたがあえてそこで半田くんを探すイベントだと思えば楽しめるかもしれません。携帯のモバイルサイト連動は所持携帯の都合上使えないので難易度が理不尽に跳ね上がりましたが。
家人と一つずつ購入したのでスパークとボンバーが両方我が家に存在します。私はボンバー担当で。

ゲームとしてはスポーツゲームかと思ったらRPGで、雑魚戦闘が4on4のミニサッカー(勝利条件は複数アリ)という、なんだかどこぞのレーシングでラグーンでポエミーなゲームを思い出しました。「今日の格言」がゲーム中にも適用されていたらマジでそっちのリスペクトだと断言していた所です。
個人的にタッチペンを使うゲームあまり好きじゃないんですが、特に気になるのが「普段は使わない方が便利なのに特定の場面で使わなければならなくなる」ゲーム。出したり入れたり面倒臭いヨ!たいていプレイ中出しっ放しになるから終わってから紛失しがちだヨ!
RPGはフィールド移動をクリック位置まで移動するタイプ(ラグナロクオンラインとかMMORPGでよくあるアレ)にして欲しいです。

あとアニメ見ているから許容しているのかもしれませんが、イベント戦闘というか(他のRPGで言う)中ボス的扱いである「世界大会の試合」において、キャラが勝手に動いて試合が進み、突然必殺ワザを覚えたり点を取られたりというシーンが発生します。今の所毎試合そんな感じ。そういうのは試合前に済ませておいて欲しい気がしますが、アニメだと実際そういう流れなので「ああ、きたきた」と思えてしまったりするのは良いんだか悪いんだか。アニメ見ていなかったら「ウザっ!」と思ってそこでプレイやめてたかもしれない。そういう意味では「キャラゲーとして良く出来ている」と表現すべきなのかしら。発売日の都合でアニメの方がストーリー先行しちゃいましたけど、どっちかというとゲームが原作なんだよね、本来。
ただ、やはりキャラの動きの指示がキモとなるゲームで勝手に動かれる演出はあまり好きではないですな。

で、半田くんなんですけど、現状ではまだ出現条件すら満たしていないようなので(まだ4章入ったところ)がんばります。正直数千人の選手が使えるといっても思い入れのない選手をメインで使おうとはちょっと思わないですなあ。

なんだかんだ言っても対戦相手が確保出来たのでそのために頑張れている状態です。
    18:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

基本無料!ってのがコンシューマーでも登場

iPhoneゲームとかでローグライク(不思議のダンジョンライク)のゲーム作って、死亡時に原因がtwitterにアップされるとかの機能があると面白そうだな。

と思ったのはPSPで出た新作ゲーム、バクマツ☆レボリューションというローグライクっぽいゲームのキャンペーンを見て思ったことであります。このゲームでのtwitter連携は、単にフォローしてタグ入れて発言すれば課金アイテム一つプレゼントというだけでしたが。
あとこのゲーム、ローグのシステムにモンハンのスタイルを持ち込んだ意欲作ですが正直相性が悪すぎる気がします。
ローグ的な部分は画面構成と基本的なシステムくらいで、不確定のアイテムとか装備品とかまったく落ちてないので基本力押し。レベルの概念もないようで完全に装備での成長となる部分もモンハン寄りですが、そこにローグの「死んだら全部消える」システムを搭載したので死ぬと本格的にイチからやり直し。一応倉庫はありますが容量が少ないので素材すら満足に保管出来ず。

金を払わなくてもある程度遊べて、こんなに楽しいなら最後まで遊びたいから金を払うよ、という形が理想的でしたが、金を払わない事には満足に遊べない足枷が付いているという状態なのが残念。現段階でフルに払うと3500円となりますが、そこまでの価値があるかというと……。

ただ、方向性として面白いなとは思うので、もう少しバランス練れば十分面白くなるんじゃないかなーとは思います。ゲームとして「苦難を乗り越えると味わえる楽しさ」の部分だけ抽出して作られたような感じなので、その苦難を乗り越えようと思えるだけの楽しさを用意するべきだと思います。
    19:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

マウスとキーボードはケチるな

今まで使っていたマウスは過去に何度か書きましたがロジクールの無線レーザーマウスV450です。電池が一年持つヨ!というのが売りの、最低限の機能を備えたバランスのよいマウスです。
使用頻度が減って二年経ってもまだ電池が切れなかったというのは(放電分を考えても)結構凄いんじゃないでしょうか。

マウス自体に不満があったわけではないのですが、同居人のマウスが寿命っぽい感じだったので、このマウスを献上し、それを口実に私は新しいマウスを買いました。いや、人柱ですよ。これで新しいマウスが地雷だったら僕だけ涙目なのですから、大変なリスクを負っているのですよ。

という訳で色々調べてウキウキ気分で買ったのがロジクールの新作、「M905」。


新しいレーザー出力方式によって、今まで直に置けなかった(マウスパッド必須だった)我が家のテーブルでも使用が可能になり、USB出力部のでっぱりは5ミリと小さくなって刺しっぱなしでも破損を心配する必要がなくなり、マウス上部のスイッチでフリースピンに簡単に切り替えられるようになり、戻るとか設定可能なボタンが二つついています。
さらに今回も電池の持ちは大層良いらしいのですが、単三電池一本でも動くというのも大変素晴らしい。単三電池って結構重いんですよね。一本にしてみるとかなり軽いです。使用頻度は激減しているので多分これでも相当持つと思いますし。単四電池を単三サイズにするアダプターがあれば使うんですけど、なかなか見つからないんですよ。

サイズは前のモノよりも全高が低くなり、側面の歪みが大きくなった分「つかみ持ち」のタイプでもホールドしやすくなったので使い勝手は良好。新しいレーザーの追従性も変わらず良好です。
前のマウスはスイッチを押すか受信部を本体に収納するかで電源が切れましたが、今回はレーザー発光部にスライド式の蓋がつけられ、これをかぶせることで電源が切れるようになりました。これもかなり楽。ちょっと前のタイプだとフリースピンの切換スイッチも裏側にあったりしたし、モデルチェンジのたびに使い勝手がちゃんと向上しているのが素晴らしいです。もはや劇的な性能アップが見込めない以上はそういう方向で行くしか無いというのもありますが、それが実現出来ているのが凄い。

という訳でちょっと高いですがおすすめです。前回のV450に相当する「M505」がえらく安くなってますんでそっちでも良いかとは思いますが。
    22:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: