ハイスペック・バカ

注文の多い料理店みたいな

がまん喫茶。

店内は夏場は超暑くて冬場は超寒い。
夏場は鍋焼きうどん、冬場はかきごおりしか食い物なし。
店員の態度は悪くて呼んでもなかなか出てこない。店内の漫画とか勝手に読んでる。
何も出来ないで椅子に拘束される。トイレもなし。とにかく契約時間まで我慢する以外の行動は取れない。置いてある漫画も読んじゃだめ。
我慢できずに時間が過ぎる前に帰ろうとすると違約金が発生するので我慢して払ってもらう。

現代の我慢をしらない若者に、我慢の重要性を教えるために生まれたとか適当な理由で作ってみてはどうですか。私は行きませんが。
    17:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

車載用に色々試してみた

久しぶりにiPhoneの話題。
車にiPhoneを繋ぐのに、ずっと使っていたのがコレなのですが。

シガライターソケットに挿して固定が出来るのは良いんですが、ノイズが乗りまくるようになってしまいまして。
こういうホルダータイプの奴の方が車の中で位置が安定するので良いなあと思っていたんですけどなかなかなくて。

で、色々探していたらこのカーママウントホルダーがなんかよさげ。

何がいいっていうとホルダー部が回転するんで横画面のアプリにも対応するのです。
そしてFMトランスミッターについてはこれを選択。値段の割には評判いいので。


しかしコレ、コネクタ部の幅が広くて今まで使っていたNEOのケースが使えません。
しょうがないのでコネクタ部を削り取ってみました。
fm-trans.jpg
(青い線の部分が切り取った所です)
これでNEOでもばっちりです。基盤が密閉されなくなってゴミが入りやすくなった分寿命は縮むでしょうけども、好きなカバーが使えるようになる方が嬉しいので満足。

あとはホルダー用に車のダッシュボード部分に百均で買ったガラスのコースターを貼り付けてそこに固定しています(吸盤なので)。
最初のホルダーよりも音も良いし使い勝手も良いので満足しております。接続すると「これは3GS対応じゃないけどいいの?」的な警告は出ますけど無視しても問題ないし、曲も続きから自動的に再生されるし、これでこの値段なら十分。あとはケーブルをうまく固定しておけるようにしたいと思います。
    17:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ジオンか連邦か、それが問題だ

ジェノザウラーが完成したので次は積んである1/144ガンダムG30thを作る頃合いかなーとは思っているんですが、今悩んでいるのはHGUCのザクF2を連邦仕様かジオン仕様のどちらを買おうかという事です。
どちらも現状店頭にない状態なので、先に再販がかかった方とか見かけた方を買えばいいんじゃないかとも思うのですが、ちょうどG30thを作る関係上、やはりジオン仕様がいいんじゃないかとか思ってみたり、しかしそもそもF2ザクとガンダム(RX-78)は別に時代が違うから並べる事とか気にする必要はないし、ザクったらお前緑色だろっていう気はするし、でもあの白いザクもあれはあれで格好良いよなあとも思うし、かといって二つも買えませんし。
結論が出ないまま動くに動けない状態ではありますが、例によって買うまでの葛藤が何より楽しかったりもします。今買ったところですぐに作り始められるわけではないし。
    20:39 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ジェノザウラー撮影

zoid-02.jpg
ジェノザウラー、せっかくなので写真撮ってみました。
背景とかカーテンのままだったりとか適当にも程がありますが、ご容赦いただきたい。

zoid-03.jpg
パチ組で終わらせる予定ではありましたが、集束荷電粒子砲の射撃ポーズくらいは取れるようにしておこうという事で干渉部分を削ってみました。完全なまっすぐにはなりませんでしたが、無加工状態よりはかなりマシになったんではないかと。

zoid.jpg
トミー版のジェノザウラー(サイコジェノザウラーに改造していますが)と並べてみたもの。こうしてみるとスタイルの違いがよくわかります。特にポーズ取らせるときにひねりが加えられるというのがとても嬉しいですね。あと尻尾もクリックが入って曲げた状態で固定出来るようになったし。
    23:47 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

HMMジェノザウラーやっと終わった

昨年くらいにコトブキヤのHMMジェノザウラーをサイコジェノザウラーに改造しようと目論んでいたのですが、その経過報告。

結論から言うと、頓挫。

あとは全て言い訳にしかなりませんが、とにかくヒケとか表面処理とか合わせ目消しとか後ハメ加工とかやってたらまったく進まない上に引っ越しとか色々あって作業時間そのものがなかなか取れなくなってしまい、このままでは一生組み立てる事すら出来ないだろう、という判断を下しました。
手足がだいたい出来ていた辺りで長い間放置していたのですが、この度思い切って頭から尻尾までパチ組み開始。大雑把なゲート処理だけして終わらせました。文章だと1行ですけど実際の作業はただのパチ組のくせに丸々半日かかりました。部品数多すぎ。

ガンプラに慣れ切ったヌルモデラーである事を前提で書いちゃいますが、これかなり組立てにくいです。気合いの入ったといえば聞こえはいいですがどっちかというと気違いのレベルのパーツ分割と、その割にはゲート位置が非常に処理しにくい配置というちぐはぐな設計。
胸部コクピットや背部武装基部、尻尾部分のフィンなどの部品の外れやすさなども気になります。コクピットはコアやパイロットが気合い入れて作られている分、接着するのも勿体無い所なのでもう少ししっかり固定出来る形にして欲しかったです。

あとはここまでこだわって作っておきながら荷電粒子砲発射体勢が取れない点とかも疑問。価格的にもマニア以外相手にしないレベルの模型でマニアが首をかしげる作りなのは残念だなあ。

まあ、なんとか組み上げたのですがもう気力使い果たしたのでジェノザウラーはこれで終了。サイコジェノは一個あるからもういいや。
気が向いたら家にあるジェノザウラー三つをまとめて撮影して紹介しようかなと思ってます。自己満足でしかありませんが。
    22:35 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

遅刻の言い訳

待ち合わせ場所にプチ遅刻状態で向かいまして。
軽く慌てながら走らせたら来るかどうかの確認の電話まで来て、焦りながら近くのインターからバイパスに乗ろうとしたのです。

バイパス入り口の上り坂で横転している軽トラ。
なんか散らばった荷物を端に寄せている運転手。
バイパスの登り口で横転するほどのスピードで突っ込むってどういう状況だろうかとか思いつつ、後ろの車は続々とUターン用の通路を逆送して戻っていく中、先に進みすぎたせいで戻ることも進むことも出来ないまま待つしかない状態に。

しかしこの状態でいくら待っても好転する事は何もないんじゃないか?と思ったので意を決して運転手に話しかけ、とにかく軽トラをなんとか立ち直らせてみようと挑戦してみました。

いやあ、二人で軽トラって持ち上がるもんなんですね。

持ち上がって元に戻った軽トラはシャアが計ったかのように奇麗に左端に立って通路が空きました。
運転手は電話も持っていて知り合いも呼んでいるというので急ぐ私はそのまま放置して会場に向かいました。

待ち合わせ場所に向かう車の中で私が思ったことは、「(あまりにも話が出来過ぎていて)遅刻の言い訳としては誰も信じないだろうなあ」という事でした。
    21:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: