ハイスペック・バカ

iPadについてつらつらと。

iPadが出ましたが、あれは凄いね。ネットブックとまるで違う方向性で、「パソコンだけどパソコンじゃないもの」を明確に作ってきた。ネットブックの流行がどういう流れを生むか見極めてきた結果なのだとは思うけど、見事な作戦だと思う。

ネットブックは結局「すごく安いパソコン」だった。WindowsCEのようなパチモンじゃなく、ほとんどフルスペック。多少の性能の低さはあれど、同じソフトが動くので今までパソコンで出来ることは大体出来てしまった。そうなれば価格の基準は安いほうに流れるのだからネットブック以外のノートパソコンはただの高いパソコンでしかない。マニア以外はステップアップとか頻繁な買い替えとか起こさないから「ネットブック以外売れない」状態になる。
そこにiPadは「パソコンだけどパソコンじゃない」機械。フルスペックのMacやWindowsとはまたちょっと違ったものなので、同じソフトは動かない。だけどメールやネットは十分見られる。今までのパソコンの常識とか資産が使えないだけでパソコン的なことは一通りできる。だけどOS-Xが動かないからやっぱりパソコンじゃない。なんか違う。
こういう方向性ならMacとも用途が被らないしWindowsのノートPCや他社スマートフォンを持っている人にも訴求できる。パソコンじゃなくてもいいけど携帯では力不足、という局面は家の中なら結構あると思うんですよね。これなら部屋の移動と共に持っていってもかまわないだろうし。

まあ私はiPhone持ってますんで欲しいとは思わないですけど。どっちかというとあのサイズならキーボードが付いてて欲しかった。クレードル形式はちょっと違うんだよね。

それからFlashは相変わらず非対応なのでそこら辺が困る人には困るかもしれません。企業のサイトとかほとんど見られないし。豊富なアプリを使わせる(買わせる)ためにはFlashは本当に邪魔な存在なんでしょうな。今なら本当に何でもやれますからな。
AppleはiMac以降スタンダードな技術を勝手にレガシー扱いしてしまう事がありますが、Flashが今までのようにレガシー扱いされるのか、というと…どうでしょうかね。今回は画期的な代替案があるわけでもないので、急に時代が変わるという事はないんじゃないかと。

まあFlashが消えて1番困るのは多分フロッグマンでしょうな。
    19:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

介錯もコンビ名だったよな

 コンビ名を聞かれたときに「どっちが○○で、どっちが○○○なんですか」と聞く定番ギャグ(ex.どっちが「ゆで」でどっちが「たまご」なのか)が最近見られないよなあと思ったら、あれは漫才師の名前が「夢路いとし・喜味こいし」みたいな、明確な「二人で一つ」になっている状態が前提の時代の産物だったのだなと改めて思い出しました。今はもうそういう名前のつけかたしてるコンビほとんどありませんからなー。
まあ一人でも「リンクさ」が苗字で「ん」が名前なんて人もいましたけども(漫画のネタじゃねえか)。

そういや漫才師で思い出したけど正月の爆笑ヒットパレードか何かで染之助師匠とアンタッチャブル山崎がコンビで登場して、山崎が染之助師匠の間を全部台無しにしてたんだよな。一人で腹立てながら見てましたが。うん全然関係ないんだけど。でもあれはないわ。
    19:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

昔はオールナイトニッポンとか聞いてました

電気グルーヴとか福山雅治とかの時代によく聞いてましたなあ。
今日の話とは関係ないんですがね。


文化放送で超A&Gというネット連動のラジオがありまして、iPhoneでも聞けるようになったので通勤時とかたまに聞いたりします。
その中で朝に流れる番組で「三ヶ国語で聞くアニソン」というのがあるんですよ。日本人と韓国人と中国人の三人のパーソナリティがそれぞれの母国語で曲紹介をする番組なんですが、トーク部分は完全に日本語。曲紹介を交代で行われて日本語でのフォローのみ全曲アリ。
タイトルだけ聞くと韓国人と中国人にも聞けるような配慮のされた番組なのかと思ったんですけど、どっちかというと二つの国の言葉にちょっと興味がある人が聞くような番組なのかしら。というかターゲットがまったくわからない。

そんな事より問題なのは日本語が最も使えていないのが日本人の子だという点だと思います。
    20:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

序盤の雑感(戦場のヴァルキュリア2)

戦場のヴァルキュリアは前回書いたとおりの「とても未来な感じのシミュレーションゲーム」でした。駒を動かして遊んでいた頃から、「俺がこのユニットだったらここでこういう動きをするのにな」という妄想をしていた人もいるかと思いますが、そういうのを実際に自分で操作して実現出来るのがこのゲームの凄いところだと思います。こういうシステムだと負けた時とか思い描いた作戦どおりにいかなかった時に自分のせいにしやすいというか、納得し易いところがあります。何しろ自分で実際に動かしているわけなので。
全然関係ないですけど、そのうちシミュレーションも複数のキャラクターが独自の意見と正確を持って作戦の指示を出すだけであとは勝手に動くようなのも出てくるんでしょうかね。育てゲーの極北みたいな感じで。FFCC小さな王様のアレとかダン→ダムとか、それっぽいものはありますが、こういうタイプのゲームで見てみたいです。ネットゲームはある意味そういう感じですけど、スタンドアロンで気楽に遊べるのがいいなと。
閑話休題。

私はあまりシミュレーションゲームがそれほど好きではなく、アクションゲームやシューティングゲームを好むタイプの人間です。そんな人間でもこのゲームなら楽しめています。「任意に時間を止めてじっくり遊べるTPS」という側面があることも影響していると思います。
シミュレーションゲームとしての難易度ですが、「ユニットの特性とか相性とか何も考えずに配置して特攻してたら勝てないかも」程度には手ごたえがあります。また、一度クリアしたミッションがいつでも再挑戦可能になっているので、Sランク評価になるまで何度でも試せます。評価軸がほとんど経過ターン数のみっぽいので、詰め将棋的な楽しさがあります。

シナリオ関連は戦闘がしたかった分そもそも期待してなかったのでどうでもいいです。ちまたで言われるほど主人公はウザいとは思わないですし。
あと、戦場で活躍したり主人公の近くにいたキャラクターからイベントが展開していくというギャルゲーみたいなシステムは、キャラクターの愛着を生む良いシステムだと思います。
しかしクラスメイトミッションとかキーミッションとかの、事前に発生するイベントシーンが物凄い急を要する感じなのに無視して他のミッション受けまくれるというのはなかなか違和感が。そうしないとそこで詰む可能性があるし、ミッション開始時に見る形にすると毎回見させられて困るんで仕方ないんですけど。
というか緊急なイベントが発生したらすぐやれよという話ですが。クラスメイトミッションはやけにレベルが高いからクリア出来なかったんですよ。

あと強制退去が便利すぎる気がします。マップが複数あって出撃可能ユニット数が制限されているから仕方がないんだけど、予備ユニットが潤沢にある状態で強制退去が可能だと死にそうな時に簡単に逃げられてしまうので緊迫感に欠けるような。
戦場に連れて行けるユニット数を15人じゃなくて10人くらいにしてはどうでしょうかね。


とりあえず3月まで遊んだ状態の雑感でした。
とにかく面白いです。携帯ゲームらしく一つ辺りのミッションにかかる時間も短いので、あまり遊べない日でも一つくらいはミッションクリア出来ますし。
是非遊んで頂きたい。

あと全然関係ないですがこのシリーズのデザインがRAITAさんだったということを知ったのが2発売決定後だったりします。無念だ。有明行ってた頃はよく買ってたなー。
    20:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

未来のゲームを垣間見た(戦場のヴァルキュリア2)

私はシミュレーションゲーマーではなかったので詳しくは知らないのですが、大昔のSLGは升目に駒をのせて動かす「面倒くさい将棋」ではなく、模型などを駆使して遊んだのだそうです。プラモ狂四郎で蔵井明市郎がやっていたアレですね。
これらは模型を作るところから始まってあまりにも敷居が高かったので(というか作った模型を有効活用するために生まれたゲーム、というのが正しい経緯らしいですが)アバロンヒルとかが紙で駒を作って簡易的に遊べるようにしたところ大ヒットし、様々な進化を遂げた後、コンピュータゲームとしてさらなる進化を遂げました。

初期のコンピュータシミュレーションゲームはヘクス盤にかろうじて違いのわかる駒がセットされるだけの見た目で、「計算とかを自動でやってくれて相手もしてくれるゲーム」でしかなく(それでも十分凄いんですが)、まだコンピュータを使わなくても何とか出来るものだったと思います。そこからどんどん進化を遂げて、リアルタイムに駒がたくさん動き回って戦ってくれるようになったり、戦闘画面の演出がどんどん派手になっていったり、コンピュータがなければ到底遊べないような(一回の戦闘を処理するのにかかる時間が膨大になる)複雑なものや見た目も楽しめるものが増えていきました。

そしてPS3で出た戦場のヴァルキュリアは、駒を使うだけでなく実際の戦闘が全て3D空間で行われるという、ある意味先祖がえりのようなシステムになっていました。リアルタイムでキャラクターを動かし、敵もまたリアルタイムに反応をする部分はやはりコンピュータを使用しなければ再現出来ない遊びなのですが、キャラクター達が箱庭の中で戦車の大きさを実感しながら物陰に隠れたりして敵を撃つ様は、どことなく当時の模型によるウォーシミュレーションのやりたかった未来の姿の一つなんじゃないかなーと思います(もう一つの姿はFPSとして進化していったのではないかと)。

PS3版は遊べなかったので今回PSPで続編が出るということでずっと楽しみにしていたのですが、なんかやたら前置きが長くなりすぎたので続きはまた明日にでも。
    19:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#22「好き嫌いはいけませんね実際」

カブトボーグ感想文、今日は第22話。

 戦場のヴァルキュリア2があまりに面白くて、逆に「ここで一回くらいレビュー書いておかないとまた半年放置コースだ」と気付いたのでがんばって書きました。カブトボーグ系拍手コメントはあえて次の回のカブトボーグ系エントリに書くようにもしてますんでそっちも放置しまくるのが申し訳ないですし。

ボーグレビュー復活キター!何だかんだ言って21話のバトルは割りとまともで熱い良いバトルだと思いますその他いろいろなアレを考えなければ
>復活を待っていていただいていた(人がいた)だけでもありがたい話です。ありがとうございます。「その他いろいろなアレ」こそがカブトボーグの本筋であるとも言えるため、むしろマイノリティな21話の方がおかしいのかもしれません。段々価値観がおかしくなってきたような…。


●第22話「健康第一!ベジタブル・ジャーマン・スープレックス」
    14:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ラストウィンドウ感想

ラストウィンドウ買いました。クリアもしてしまいました。
休日にぶっ続けでやってだいたい15時間程度でクリア。小説についてはエピローグだけ読みました。予想外のボリュームの多さに全部読むかどうかは悩んでいる所だったりします。

前作、ウィッシュルームから一年。1980年のクリスマス間近。全然作中で言及されませんがこの年の12月8日はジョン・レノンが暗殺された日だったりします。
前回のホテルダスクの一件から、特に目的もなくなってしまったようでずっとサボリーマンを続けていたらエドからとうとうクビを言い渡され、失意のまま帰宅したら今度は住んでいるアパートも売りに出されて追い出される事になるという追い込まれっぷり。年も越せそうにありません。
しかしそんなアパートで、何故かカイルに直接裏稼業のオーダーが入り、住んでいるアパートの謎を解明していく事に。13年前の事件の謎を追ううちに、無関係と思われた父親の死の真相までもが浮かび上がり、複雑に絡み合いながらもカイルは真実を知るために、アパート内(だけ)を駆け回ります。

非常によく出来た続編でした。前作の空気を壊す事もなく、無理に前作を知らなければならない事もないため、今作から始めても特に問題はないと思います。もちろん前作に登場したキャラクターが何人か登場するため、やっておいて損はありませんが。というかレイチェルは2007年度ベスト眼鏡ストin二次元でありましたので2010年度もノミネートです。
謎解きについては前作同様、DSの特性を生かしたギミックが入っています。これも前作をやっていればピンとくるものばかりです。
登場人物はほとんど一新しましたが、ロリ趣味の人以外は(幼女が今回出ませんので)男女問わず、腐も含めて魅力的に映ることでしょう。残念ながらレイチェルを超える女性は現れませんでしたが。

前作はそのシステムやシナリオに大きな衝撃を伴っていたため、非常に評価が高いのですが、今作はいい意味で「軽いバージョンアップと新シナリオ」という構成のため、前作ほどの驚きはありません。トリックに関しても前作は「DSの機能をこんな風に使うとは!」という驚きがありましたが、今回はそれらの応用なので驚きとまではいかず。もっともさらに先に出ていたアナザーコードをプレイしていた人にとってはおそらくウィッシュルームすらもその驚きはなかったでしょうし、これは「ジャンルとしての成熟」と見るべきでしょう。


あえて苦言を呈するなら、ストーリーの構造が前作とほとんど変わっていない事でしょうか。
「一つの事件を発端として、途中で浮かび上がる、カイル自身の過去に大きく関わるある事件の真相。そして終盤にかけて意外な人物が事件に関与しており、住民の悩みを全て解決していきながら二つの事件の真相を知り、立ち去っていく」という形はどちらにも当てはまります。逆にいうとこれこそがこのシリーズの特長であるともいえるので無理に破壊する事は良いことではないのかもしれません。あと構造が同じとはいっても登場人物の(相関図的な)配置は結構変化していました。詳しく書くとネタバレになるので書けませんが。

前作がホテル、今作がアパートということで、次回作があるとするなら病院かなーとか勝手に妄想してみます。エドの体調が悪いみたいだし、緊急入院した先が偶然裏稼業の次の舞台だったとか、刑事時代に御世話になった人が登場して懐かしさに浸るも今回の大きな事件の黒幕(またはナイルの幹部)だったとか、そういう感じで。

ああ、これもさっきの構造と同じだなあ。苦言呈するとか言いながら自分でも改善できてないじゃないか。
ああ…ダメだな…俺って…。
    22:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シグ3がかえってきた

シグマリオン3が帰ってきました。
正確には三台目を購入したのですが。

「外出先での長文入力(電源確保可能)」を前提条件として、さらに出来るだけ手持ちの荷物の量(数・重さ)を減らせる事、取り出してすぐ使える事、変換効率が著しく低下しない事(ATOK搭載など)、安く手に入ること、などの条件を加えていった結果、現状で私に最も合っていたのがシグマリオン3であったという話です。

以前のように様々なソフトを入れたり無線LANカードを装着したりという事もせず、エディタとATOKとUSBメモリドライバ(USBメモリによるデータ移動が可能になるため。ノートPCにSDカードスロットがないのでこっちの方が楽かもしれないのです)を入れるくらいで運用。下手にレジストリの設定とかいじり出すといざという時の復旧が面倒なので今回は一切いじらず。エディタ使うだけなら変なところいじる必要ありませんし。

これで1kgオーバーのノートPCを持ち歩く必要がなくなって、荷物も軽くなるし負担も軽くなります。何しろ家でメインに使っているノートPCを持ち歩くというのは万一の破損や盗難に対するダメージがでかすぎますのでな。

毎日持ち歩いてメモをする、とかネットつないで調べ物したり遊んだり、という用途には全部iPhoneがやってくれるのでここまで特化させる事が出来ました。そうでなければ結局ネット接続用カードとか様々なアプリケーションがドカドカ入っていったことでしょうなあ。
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

とめはねっ!ドラマ化

とめはねっ!がNHKでドラマになりました。
NHKで漫画原作ドラマというとエスパー魔美とかキテレツ大百科とかしか思いつかないんですけど(ズッコケ三人組は漫画じゃないしなあ)、無理やり現代の設定に合わせようとしてかえっておかしくなったりしていてドラマ化はあまり信用してません。キテレツ大百科で評価できるのはコロ助の声が小山茉美さんだった所くらいでしょうか。

というか漫画原作ドラマで原作を尊重した上で面白かったドラマって、なんかありましたっけかね。最近だとのだめカンタービレはよかったような気がしますが、あとは…子連れ狼?(いや読んだ事ないが)
ドラマとして楽しかったものは多いんですよ。原作と全然違っている場合とか、原作読んだ事なくて判断がつけられない(というか違いがわからなくて楽しめたのかもしれない)ものとか。只野仁とか喰いタンとか好きです。

平日の20時というと帰宅できる可能性がわりと低いので見られないかなーと思ったら案の定ラスト10分くらいしか見られませんでした。無念。
とりあえずその10分での感想として。

なんか第1話でもうリレー書道が終ってた。早え!
会長のじいさんが高橋英樹だったが麿赤児がよかったなあ。
日野先輩は記号化が簡単なのでダントツで似てた。
ガチャピンが空気っぽい。

ちゃんと見たわけではないので評価もちゃんとは出来ませんが、次回はあの書道パフォーマンスだという事なので楽しみにしておきます。見られるかどうかはさておき。
    19:14 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

我々は三年待ったのだ!

ウィッシュルームの続編が出るだと?!

三年前、テレビのCMを見てズキュウウウウンとしてしまって急遽購入したDSのアドベンチャーゲーム、ウィッシュルーム(リンク先は公式サイト)。
絵も音楽もストーリーも大好きで、以前「一本だけ好きなソフトを選ぶなら」という記事を書いたときもDSではこれを選んだ程です。感想はこちら

最近なんとなくウィッシュルームのことを調べてたら(サントラが出たりとか変な動きがないかなーと思って)、なんと続編の発売が決定しておりました。しかも来週。急だなオイ!でも買うしかないだろ!何しろ三年も待ったのだから!みんなも買おう!売れれば売れる程続編の出る可能性も高まるのだし!


    22:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あけまして2010

あけましておめでとうございます。
右上のtwitterでゴニョゴニョ言ってましたけどブログ上でもあらためて。

年末は何をしていたのかというと、30日に車のバンパーが外れかかり、31日にそのまま高速道路に乗ったら風圧でバンパー裏側の樹脂パーツがタイヤに接触し、路肩に止めてキーホルダーの鎖でなんとかならないか苦戦していたら交通警備の方(?)が通りかかってガムテープを貸してくれて何とか上越市までたどり着けたかと思ったら高速出口でお釣り1,000円少なく渡されたけどもう出てしまって泣き寝入り状態だったり、その後実家で2日の昼までたかりまくってから帰宅してナイトガンダムいじったりとかしてました。
車はまだ直ってません。

昨年は色々変化のあった年で、今年はそれにようやく慣れて来た気がしますので、とりあえずの目標としては「毎月二桁は更新しよう」という事で。毎日は無理でも二日~三日に一度くらいは何か書くようにしていきたいなと。細かいどうでもいい話はtwitter使いますんで出来るだけ「後で読み返す価値のあるもの」を書きたいなと思っておりますがこの辺はなんとも言えません。まあ、最近は何もしないで何の結果も出せないどころか動いてみたら問題がかえって悪化しても「努力は認めて欲しい」とか言えば許されるらしいので私も積極的に使っていこうと思います。でも車屋が修理の時につかってきたら多分許しません。

それから今年はもうちょっと模型方面に力を入れていきたいなーとか思っております。たいしたものは作れませんが、少なくとも積んであるプラモデルくらいは完成させたい。買うのはその後だ。

まあそんな訳で今年も適当に生きていく予定ですのでお暇なときにでもまた覗いていただければと。
    18:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: