ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

2009年遊んだリスト(たまにオススメ)

今年もゲーム総決算の季節がやってまいりました。今年購入して記事にしたゲームは7本。順当に減少しております。経済的な問題とか身辺の問題とか色々ありましてあまり買えませんでしたし、遊ぶ時間も大幅に削減しております。脳内事業仕分けで蓮訪とかに「それは本当に今必要なものなんですか?」とか聞いてくる事が増えてしまったなあ。

それはそれとして今年のゲーム、オススメ度の数値化は行いませんが簡単な感想を書いていきましょう。


・マッドセクタ(Wiiウェア)
 常々ヌンチャクはFPS向きだろうと思っていたけど日本じゃあんまり出ないしなあ、と思ったらWiiウェアで出ました。気持ち悪い大型の虫を撃ちまくるゲームなのでそういうのが苦手な人には難しいかもしれませんが(体液が飛んできて視界さえぎるし)、ちょっとFPSというものに興味のある人は試してみて欲しいところです。
 それにしても手榴弾が未だに慣れません。

・ダン←ダム(DS)
 色々と惜しい部分はありましたがこういう挑戦はこのご時世評価するべきだとは思います。もっと「見てるだけゲー」が増えていくといいのになあと個人的には思っております。iPhoneアプリでタワーディフェンス系多いですがあれはまだ見ているだけというには忙しいし。

・Wiiスポーツリゾート(Wii)
 リゾート気分になれるかどうかはともかく、どれも面白いので普通におすすめできます。接客用としても。4才の甥もお気に入り。意外と一人でもやりこめる要素ありますし。

・ドラクエ9(DS)
 長い間遊べましたなあ。今までのシリーズから見るととても異質でありつつ正統でもあるという不思議なゲームでした。配信はまだ続いているので「終ってないよ!」という人もまだたくさんいるでしょうが、十分楽しませてもらったので今は遊んでいません。

・ラブプラス(DS)
 ギャルゲーの進化の方向性として誰もが考えながらも実行出来なかった領域だったと思います。その努力は数々の痛いニュースが示す通りに見事に結実しました。今後のギャルゲーは携帯機のフットワークと据え置きのグラフィックのどちらに比重が置かれていくのか、ちょっと楽しみです。面白いなあと思うのは大きな流れを作ったギャルゲーは案外グラフィックに比重がおかれていないという点でしょうかね。

・ブランディッシュ(PSP)
 古いゲームは現在のゲームにはない良さがあるし、現在のゲームは古いゲームにはない遊び易さなどがあり、それをうまいところで融合したのがこのブランディッシュだと思います。名作は時代を経ても色あせないとは思いますが、それでも時代に合わせたUIなどはあってもいいと思います。老舗だからこそ変わってはいけない部分と変わらなければならない部分がしっかりわかったのかな、と思います。

・ベヨネッタ(XBOX360)
 今年のゲームの中でもかなり楽しめた一作でした。アクションゲームとしての爽快感、眼鏡、やり込み度、眼鏡、個性的すぎるキャラクター、そして眼鏡、と大変素晴らしいゲームであります。キャラの良さとゲームの良さが合致する事って好みの問題だからなかなかないんですけど私はこのゲームで合致してくれたのでモチベーションも保ちやすかったです。
アクションゲームでなんかいいもんないかなと思ってる人にはおすすめ。


という訳で今年のゲーム総決算でした。本数が少ないながらも様々なジャンルのゲームが楽しめました。来年も良いゲームが出て欲しいものです。最近はどちらかというとiPhone含めた携帯ゲーム機に比重が高まっていたりしますけども。


ゲーム以外の話。
今年は個人的に色々あったせいで特に後半に更新頻度が低下してしまったりとかありました。あとゲームより模型に傾倒する時期が増えてきたように思います。現に今も色々企んでいたりしますし(fgで展開中)。
とりあえずTwitterとblogの使い分けについてはもうちょっと考えていきたいなーと。

なんとか大晦日には間に合いました。来年もよろしくお願いします。よいお年を。
スポンサーサイト
    15:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

小型マシン増殖中

 本当はもっとiPhoneの話題を書きたいのです。色々なアプリやゲーム、周辺機器もちょっとは買ってますしな。しかしなかなかタイミングが合わないというか時間が取れないというか。言い訳にもなりませんが。
 で、今日もiPhoneではないモバイル系話題。

 ポメラの新機種が登場しましたな。
 キーバインドの設定とかメモリ制限の大幅緩和とかかなり使い勝手に拘ったバージョンアップが施された様子。文章をQRコードで出力するというアイデアは、コード一つあたり(連結も可能らしいです)の文章量を考えると「メモ書きマシンですから」という拘りを逆に実感させられる凄い発想だと思います。ケーブルもオプション装備も何も必要とせずに外部にデータを送り出すというところが素敵。
 また、このブログでも要望という名の妄想で「カレンダーに日記機能がついたらいいな」といってたら実現しました。素晴らしい。別に直接キングジムに要望出してないので私が書いたから通ったわけじゃありませんが。
 全体的にメモリ増加の恩恵がそこかしこに現れているようです。さらにエネループにも正式対応したし、もう旧機種を買う必要性がまったくない。旧機種も並行販売されるようですがデジタルメモ帳として欲しい人は迷わず新機種にすべきでしょう。
 あとは個人的には連打時の取りこぼしがなくなっていればいいかなーと思います。こればかりは使ってみないとなんともいえないですが。
 「ああーもうすぐ8,000文字行くかしらどうなのかしらこのまま打っていても大丈夫なのかしら保存とか新規作成とか間に合うのかしら大丈夫なのかしらー!?」という一人チキンレースはもうやりたくありません。あれがなくなっているだけでも十分価値があると思います。

 もう一つは富士通のミニノート、LOOX Uの新機種。
 http://japanese.engadget.com/2009/12/03/lifebook-uh900-pc
 多分持っている姿はDSiLLと勘違いされそうなシンプルな外見となっております。こちらはWindows7の動くちゃんとしたPCで、マルチタッチが特長だとか。写真見る限り今までのLOOX Uと同じタイプのポイントデバイスもあるようなので、「画面が回転するギミックがないと嫌だ!」という人や「XPじゃなきゃ嫌だ!」という人でなければかなり良いマシンではないかと。サイズ的にも普通に両手で打てそうなキーボードっぽいし。
本体寸法は204 x 106.5 x 23.8mm、シグ3は189×117×21mm。かなり似たサイズです。シグ3はヒンジ部分にバッテリーがあるのでキーボードの奥行きはそれほど変わらないのではないかと。

 現状「気軽に持ち歩けて安い文字うちマシーン」が猛烈に欲しい(というか必要な)状態なのでこれらのマシンに興味津々ではありますが、結局シグマリオン3を何とか安く手に入れられないか暗躍中であります。モバイルカスタムとか終了してるけど当時のデータ全部手元にあるから問題ないし。PWZ3さえ使えれば他に入れたいソフトないし。

 しかし書いている最中にATOKがiPhone用を出すという話も上がってきているので、そこにBTキーボードが使えるようになればそれが1番良い選択肢ということになります。使えるようになってくれ。場合によっては悪魔に魂を売って脱獄すらも厭わないぜ。やるとしたらもう一台用意すると思うけど。
    19:05 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

需要はあるという話ですよ

同人イベント界隈の色々な意見を見て、画期的な解決策を思いついたよ。
プレミアムイベントってのを企画してみるといいんだよきっと。

プロのスタッフ(派遣)で全員固めて「接客」させて、事細かにルールを制定して、全ての項目に例外なく厳しい措置を下してルール違反者は発見し次第全員排除。タレコミがあった場合も事の真偽は問わず全員排除。勝手に追い出すと多分問題が発生するから、サークルは申込時、一般は入場時に「以下のルールに反した場合はスタッフに追い出されるが文句はいいません」という誓約書にサインさせる。年齢もきっちり免許証などがないと認めない形でのゾーニングを行うの。非常時以外は一箇所からしか出入りが出来ず、出入りは厳重にチェックしてキセルも撲滅。
もちろんサークル参加費、カタログ代など全てが10倍のプレミアム価格。上記の「サービス」を維持するならそれでも足りないくらいだろう。
同人誌頒布以外の行為は全て邪魔らしいからコスプレも画材販売も特殊イベントも一切なしな。BGMもなしで机並べて同人誌売るだけ。食事も禁止にしたい所だが生命活動の維持は重要だからプレミアム(ぼったくり)飯は用意するぜ。プレミアムだからな。もちろん同人誌以外のものを頒布するのもダメな。グッズ?アクセ?カエレ。こちとらプレミアムイベントだぜ。もちろん新刊が用意できなかった奴も排除な。プレミアムなイベントの参加資格ないぜそんな奴。

普通に考えて参加する人がいそうにない。でも一見な「お客様」や「お子様」が来るのが嫌でマナーも自分たちで守れないし注意も出来ないし全部主催者側におんぶにだっこしたい人たちはたくさんいるらしいから成立するはずだよなコレ。

そういうのがいいんだろ?
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。