ハイスペック・バカ

カブトボーグ#17「文字通りの頂上決戦」

カブトボーグ感想文、今日は第17話。

Wiiのバーチャルコンソールのソルバルウと、Wiiウェアのマッドセクタのおかげで久しぶりに起動してます。友達にバーチャ5やろうぜと言われているのに(これはこれで買ってきますけど)。やっぱFPSとリモコンは相性いいなあ。しかしスペースハリアーに「ヌンチャクを立てて持って操縦桿モード」という素晴らしい機能があるらしいのになぜソルバルウにはそれがないのかと。この機能付けた新バージョン出してくれたらまた買うのに!
段々「カブトボーグの感想書きつつ冒頭に普通の日記をつける」スタイルが定着しつつあるので開き直ってみました。普通に上記の分だけで1エントリ行けるのに。まあ拍手コメントがなかったから、というのもありますが。

まさかこのタイトルにあんな意味が
●第17話「頂上決戦!クライミング・ハイリスク」
    23:18 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

鬼太郎衝撃の最終回

日曜の朝に普通にシンケンジャーからテレビ見てましてな。
久しぶりに鬼太郎も見てみようと思ったのです。そろそろドラゴンボールも始まるし。

鬼太郎、たしか今シーズンは四七士とかいうの集めてご当地妖怪で何かしよう、みたいな魂胆だったかと思ったんですけど先月くらいに見たときまだ20人くらいしかいなかったはずで。どう考えても四月までに全員集まらないペースなのでどうするんだろうと思ってました。普通に考えてもう一年必要ですよね。

で、見てみましたら今週で27人目くらいが発見されました。
そしてエンディングで鬼太郎が「この妖怪百物語はこれで終わりですが」

終わりかい!

今週まったく最終回らしい展開なにも無かったですよ。残りの20人ががけの上に勢揃いして「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな事もなく。結局47人集めて何がしたかったのかわからず(これは私が見ていなかったから知らないだけでしょうが)、淡々とただ普通に「今週のお話」を消化しただけでしたよ。おかげでこれはつまり時間を移動とかして続けるんだなとエンディング始まるまで思いこんでおりましたよ。
こんな投げっぱなしの最終回見たことない。ドラゴンボールが終わったら続きをやるとかそういうつもりでしょうか。何年後だそれは。

いやいや、カブトボーグとは逆の意味で伝説に残りそうな最終回を見られて満足でした。

その一方で銀魂は四年目突入ということで三期目最終回に愉快な事やってくれて(最終回という事にして嘘最終回を何パターンも放映する実験作品)まったく正反対の内容でしたね。原作ストックないらしいけど大丈夫なんでしょうか。
    23:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#16「老人の夜明け」

カブトボーグ感想文、今日は第16話。

コメントにNGワード突っ込んだら効果覿面で驚いています。もっと早く知っていれば。
あと最近某模型サイトを知って延々読んでいたりするのですが、なんか烈火武者頑駄無が欲しくてたまらんち。12月に再販かかってるみたいだから探せばあるとは思うんですがなかなか見つかりません。どうも烈火だけ売れてるみたいなのね。そして件のサイトは烈伝のページだけ工事中というじらしプレイ。一応善処しますとは言っていただけましたのでじっくり待ちます。このシリーズは造形の出来の良さと相反するように塗装しないとその良さが伝わらないので買ったらがんばって塗装したいと思います。マーカーで。

拍手コメントレス。
>眠り、眠れ、睡眠ですね いわゆる三段論法という奴です
 ありがとうございます。普通に考えれば睡眠ですよね。なんだかスイミングで勝手に納得しちゃってました。本文も修正させていただきました。
 三段論法かどうかはさておき。

タイトルが意味不明
●第16話「美しき!リゾート・デンジャラス・サンセット」
    23:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#15「まともに大会やるなんて!」

カブトボーグ感想文、今日は第15話。

今日の拍手コメントはカブトボーグではなかったり。
>自分の場合は加齢で感性が鈍って普通日記が書けなくなったのかなーと思ってます。レビューっぽいもの書く方が個人的に楽で。(すたさん)
 そういうのもあると思います。出来るだけ鈍らないようにと思って始めた日記ではありますが、なかなか難しいですね。そもそもカブトボーグレビューは「定期的に書くネタを用意しよう」という意味もあったりします。先は長いですが。

ようやくまともな話か
●第15話「開幕!トータル・ブリリアント・カリズマティック」

    22:03 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

チャンバラバラ

 侍戦隊シンケンジャー、予想外に面白いよ。
 スーパー戦隊シリーズは個人的に「赤が権力持つバージョンは面白くない」というのがありまして。赤が実質的なリーダーとなる以上、本当に権力持っちゃうと他のキャラがそれに追随する以外に選択肢がなくなっちゃう事が多いので「5人のかけあい」が楽しめないのです。オーレンジャーとかボウケンジャーとか。
 対して「赤がバカ」なバージョンは五人の個性が生かしやすくなる傾向にあると思います。去年のゴーオンジャーやデカレンジャーあたりがわかりやすいかと。

 大きな違いは多分体育会系ノリと文化部系ノリの違いなんじゃないかと思うんですが。私は文化部系ノリの方が好きです。

 で、今年のシンケンジャーは赤が殿様という今までにない強大な権力をお持ちのキャラクターなので、正直どうかと思ったんですけど、強大すぎる事と「今時殿様って」という部分で存在そのものがツッコミ所という状態のため、逆にキャラが立ちまくってしまったために面白くなってます。

 特に先週は大雑把にいうと「赤が新武器を使うためにがんばった」という感じなのですが、開始段階ではまだそれを使う能力が足りていませんでした。しかし他のメンバーには弱音を一切吐かず、不安を感じさせないように配慮しつつ、影で努力して見事に本番で成功させ、その喜びをおくびにも出さず、体力的な限界を気付かせもせず、ひとりになった時、爺の目の前でだけ気を許して倒れるというパーフェクトな展開。殿であるという自覚や使命感から自分でキャラを作っている事もわかり(素だとわりと砕けた口調で喋る事が判明)、すごい勢いで株急上昇。正直他のキャラが食われすぎなのでここから挽回していかないといかんとは思いますが、靖子の事だから大丈夫、と友達も言ってました。

 という説明をしたら友達が「来週から絶対見る!」と言ってました。

 ちなみに今週は黄色萌え強化の回でした。あと敵が二又一成さんが絶妙な毒舌で精神ダメージが直接肉体に損傷を与えるという恐ろしい攻撃で、「マザコン」とか言うと吹っ飛ぶの。巨大化するまで一切直接攻撃をしないという絵面的にかなり愉快な戦闘でした。
    22:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

定期的に悩む案件

 なんか最近カブトボーグの事は抜きにしても何か買ったとか何か見たとかソレ系の事ばかり書くようになってきていて、もうちょっと日記っぽい適当な事を書いてもいいんじゃないかと思うこともしばし。単に書くことがないというのもありますが。
 しかしふと「そういうエントリは拍手コメントつかないもんなあ」という発想になっているのではないかと今気付きました。もともと6hotだった旧サイトでは人目も気にせず好きなこと書いてストレス発散の一つにもなっていたものですが、最近妙にそういう下心が支配してきているようです。アルファブロガー(笑)目指しているわけでもないのにそういう事じゃいかんよな。もうちょっと適当な事も書いていくようにしようかね。そういう系統はほとんどmixiで書いて満足しちゃってるというのもありますが。

 所で全然関係ありませんが今月は実はずっとDSのFF3を借りてやってました。そろそろ最終段階なのですが、いざクリアをと思ってクリスタルタワー上ったらイエロードラゴンとレッドドラゴンにほとんど2連続に近い頻度で遭遇してオニオンアーマーとオニオンシールドを入手してしまいました。借り物ゆえに手紙が出せず、タマネギ剣士にもなれないらしいので宝の持ち腐れもいいところですが貧乏性なのでタワー下りてセーブしてきました。借り物じゃなくても友達がいないからどっちにしろタマネギ剣士にはなれないのですが。
    21:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

藤子F先生の大全集

藤子・F・不二雄大全集が発売になりますね。

 小学館のことだからまたあっという間に絶版になったりとかするんでしょうけど、最近はこの手の商売もある意味では有用な部分もあるのかなと思ってきました。
 新しい形で出版すると新刊コーナーにおいてもらえるんですよね。当たり前だけど。再版じゃ棚に補充されるだけですし、新刊コーナーに置かれる事で様々な世代の新たな顧客が生まれる事もあるのかなと。永く沢山の人に読み続けてもらいたいものが、こうして定期的に本屋の目立つ所に置かれるというのは、そういう意味では良い事なのかもしれません。

 正直金の匂いしかしない作品集ではありますが、極論すれば商業誌なんてみんなそうですから、あまり過剰に反応しないようにします。

 ちなみにラインナップにオバケのQ太郎が入ってますがほぼ確実に新オバQでしょう。新オバQの最終回はホントに素晴らしいので是非読んでいただきたい。パーマンもドラえもんも最終回は素晴らしいのです。藤子F先生の作品の最終回って記憶にある人少ないと思いますが良いものが多いです。

 あと、藤子作品は単行本化や文庫化で欠番が非常に多く、台詞の変更も時代に合わせて行われまくっているのですが、ここら辺を「歴史的資料として」ちゃんと編纂してくれているとするならば今回の全集は非常に貴重なものとなるでしょうが、まあそんな事はないんでしょうねえ。キテレツ大百科でも次元刀とカラクリ武者が文庫版で欠番だったんだよな、確か。
    20:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#14「終末の時」

カブトボーグ感想文、今日は第14話。

この感想文書き始めて画像のアップロードが面倒だなあと思っていた矢先に複数の画像を一度にアップロード出来る機能が実装されましたFC2。さすがだ。
あとコメントのNGワードに「http」を追加させていただきましたんでエロコメントは減るんじゃないかと思われます。もし何か「これを参照しろ」的なサイトがございましたら拍手コメントかメールフォームをご利用ください。

不吉なタイトル
●第14話「敗北、そして崩壊・・・ロストワールド・エンドロール」

    23:52 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

カブトボーグ#13「また最終回」

カブトボーグ感想文、今日は第13話。

例によって拍手コメントレスを冒頭に。普通にコメントで書いていただいても構わないんですのよ。今まで友人以外でほとんどまともにコメントもらったことないので何かびっくりです。
全て12話の感想です。

>全52話のヒロインを言えるようになったら立派なボーグ脳です、みりき的な子も多いのできっとお気に入りが見つかりますさね!
 >さすがにもう第一話のヒロインの名前忘れてました。ボーグ脳にはまだ険しい道が続いているようです。ならなくていい気もしますが。

>ロイドの愛機、シーザー・カエサル・エンペラー(皇帝・皇帝・皇帝)にも触れておくべき、加茂。(駅からマンホールさん)
 >そうでした。スーパーロイドさんに気を取られてすっかり忘れてしまっていました。追記しておきました。ありがとうございます。

>これがニッチ産業か・・・!
 >隙間が狭すぎて商売になっていない気がしますがそういうのに限って熱狂的なファンが生まれるというものですね。ここのレビューで少しでもDVDが売れたりしてくれればいいのですが。

わりとわかりやすいタイトル
●第13話「夢を諦めない!フラッシュ・ドリーム・エボリューション」
    23:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#12「スーパーロイドさん」

カブトボーグ感想文、今日は第12話。

さすがに週3本はきついですな。しかし段々要約の仕方がわかってきたような気がします。今まではわりとほとんど全てのシーンを網羅するような書き方をしてきましたが、今後はもうちょっと読みやすく、見せたい所を中心に編集するようにしていきたいと思います。まあそれでも十分長いんですけど。

当然こんな名前じゃない
●第12話「過ぎ去りし日!チャコール・グレイ・フォルクローレ」
    19:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ミツグくんって言葉あったね

ラジオで何か曲が流れてて(最近ラジオネタ多いな)、懐かしい曲が流れてきたんですよ。
「あなたが私にくれたものー」
って延々と歌う奴。歌ってる奴も曲名も覚えてませんけど替え歌の方だけ記憶してるアレ。別に思い出したいとも思わないのでコメントとかで教えてくれなくてもいいですが、あれを久しぶりにじっくり聞かされる事になって、改めてこの歌すげえなと思ったわけです。だってアレ散々モノくれまくるじゃないですか。途中で「まだ施すか!」と突っ込みたくなるくらいの太っ腹っぷりじゃないですか。それでいて最後に「実は他に彼女がいた」ってお前どんだけ太っ腹なんだよと。どう考えても本命じゃない相手にそこまで施せる財力と気前の良さってどうなのよ。いやまあ大した物くれてませんけど、それでもそれほど長い間付き合っていたとも思えない相手にどれほどの間隔で物買ってやってたんだと思うとこのフった男の底の知れ無さが伝わってきますよ。
今こんな歌作ったら絶対「私があなたにくれたもの」になると思うですよ。
いやーバブルって凄かったんだなあってこんな歌で昔の景気とか思い返すのもどうかと思いました。そもそもバブル期に作られた歌なのかも知りませんけども。知りたいとも別に思いませんけども。
まあ当時散々言われ尽くしたであろう事をわざわざ今頃になって書く私もどうかと思いますけど。
    19:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

逆効果なキャッチコピー

先日車を走らせていたら、ちょっと気になる看板があったんですよ。

いや、普段は全然気にもとめないような看板だったんですけどね。どんな看板かっつうといわゆる「ここはこういう町ですよー。来てねー」的なそういう奴ね。「ここはコレが売りだからさー、頼むから走り去らないでウチでちょっと停車して何か買ってってよね!マジで!何なら看板とか無視していいから何か買って!どうしても欲しいものなかったら誰か町の奴に金だけ渡してくれてもいいから!」的なやつね。まあ多分そこまでは言ってないとは思いますけど。最近に限らず地方は苦しいですからね。それくらいしないと生き残れませんからね。まあそんな看板見る奴も大概その近辺の苦しい地方民なんであんまり意味ない気がしないでもないですけどね。長い旅の途中の人もいるかもしれないじゃないですか。スーパーモンキー大冒険並の長い旅の人とか。民家にふらりと入って出られないまま餓死しちゃうような。

まあそれはそれとして見かけた看板の文面がこんなんでした。

「くだものの里

 かも」

何で疑問系?そんなに自信ないの?しかも何で看板の上下使って見事な「行間ワザ」みたいな事してんの?侍魂?ABC?勢い余ってAVとか作るの?

そういう訳なんで加茂市は地名をひらがなで書くのはやめた方がいいと思いました。


以下は拍手コメントレス。
    19:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#11「仮装大行進」

カブトボーグ感想文、今日は第11話。

また唐突に拍手コメントレス。どちらも10話の感想でした。
身内じゃないけど楽しみに読んでいます。
 ありがとうございます。こういうコメントをしてくれる人がいると「やってて良かった」と思うものです。旧サイトの頃は一日6hotでしたから、例え批判的な内容でも読んでくれたという事実は揺るぎませんし。全話目指してがんばりますよ。

EUはもっと出てきて欲しかったです(過去形)。今回はカブトボーグ中でも非常に稀なマトモ回。とか思えるようになったら多分手遅れなのでしょう。
 実際まともな話だったと思います。カブトボーグ基準なら。その基準が出来てきた段階で十分なボーグ脳なのでしょうねえ。


 ものすごい勢いでカブトボーグエントリばかり並んでしまったのでやばいですね。
 なんか昔、まだブログじゃなかった頃に日記の感想で「シンさんは毎日がとても楽しそうですよね」的な事を言われた事がありますが、もちろんそんな訳ないんですが、今その人がこの状態みたらどう思うんだろう。どうみてもカブトボーグの合間に日常やってる感じになっちゃってますが。


当然こんな名前じゃない
●第11話「最強の名!マッドネス・デュプリティ・スクリーミング」
    19:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#10「早口言葉バトル」

カブトボーグ感想文、今日は第10話。

段々拍手の正体は身内が「かわいそうだから」と適当にボタン押しているんじゃないかという気がしてきました。
ちなみに日曜日にすら間に合わなかったのは風邪で完全に動けなかったからです。もっと早く書いておけば良いというごもっともなご意見については聞かなかった事にします。

爽快なネタバレ
●第10話「兄弟対決!ディープ・ギャラクシー・アタック」
    20:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#09「おばさん最強伝説」

カブトボーグ感想文、今日は第9話。

拍手コメントレスをいきなりここで。7話の感想です。
>皆大好きベネチアン。唯一ヒロインの分際で使い捨てでない女性ですがここで生意気だとか思った私はボーグ脳ではありません。ええありませんとも。

 何が凄いってヒロインに対して「分際」という単語が普通に出てくる所だと思います。狂気の世界にいると自分がその狂気に蝕まれている事に気付かないという好例だと思います。もう立派なボーグ脳。素晴らしいです。
 深淵をのぞき込む時は深淵もまた貴方をのぞき込んでいるという事ですね。
 拍手コメントは独自にレスが付けられる仕様なのですがいちいちまた拍手しないと読めないのが面倒なのでやっぱり本文で返信する事にします。

あの歌がモチーフなのかね
●第9話「輝け!ダイヤモンド・ダイヤモンド・ダイヤモンド!」
    23:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

カブトボーグ#08「殺しても死ななさそう」

カブトボーグ感想文、今日は第8話。

 週二回更新きついですわこれ。とうとう日曜日まで引っ張ってしまいました。適当にやってしまいたい衝動にかられますがどこを切ってもツッコミ所満載な内容のせいで手が抜けません。

誰も死にませんけど
●第8話「鎮魂歌!リビング・レジェンド・グッド・ナイト」
    23:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: