ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガチャフォースが帰ってきた

ガチャフォースというゲームキューブのソフトがありましてな。
結構前のソフトな上にゲームキューブ用って事であまり売れなかったのですが、ゲームキューブといえばコレ!的な名作中の名作であります。
ゲームセンターで人気のあったガンダムのゲーム「連邦VSジオン」のシステムを使い、様々なオリジナルのロボットを操って戦うゲームです。キャラクターも可愛く、ロボのデザインもバラエティに富んでいて、これでコロコロとタイアップ出来れば小学生にも馬鹿売れしたんじゃないかと思うくらい。

発売当初遊びまくっていたのですが、ゲームキューブを手放す時に一緒に手放してしまい、後からWiiでも遊べる事を知って手放したことを後悔したものです。

そしてなぜかそのソフトが先月急に再販がかかりまして、大喜びで予約して手に入れましたよ。キューブは友達から借りました。

ああ、今やっても面白いよ。お友達をそそのかして買わせたりもしましたが、始めると止まらないんだこれ。

とりあえず当時遊んでいたセーブデータはあったものの、もうガチャボーグの詳細覚えてないんでデータ消して最初からやり直し。しかし少し遊んで当時の勘がある程度戻ったのでGレッドを出来るだけ使わないように、当初使っていたガチャボーグもあまり使わないように編成して遊んでおります。
コマンドガール、バトルガールを主軸としたガチャフォースを組んでいたのが前回のプレイ。機動力が高いので縦横無尽にフィールドを駆け回りながら敵を倒すのが本当に楽しかった。
今回は1軍としてその編成は残しつつ、ほとんど手を出さなかったキャラを使うようにしています。

最近はハンマーナイトの強さと格好良さに目覚めました。正面からの攻撃を防いでガンダムハンマーみたいな攻撃で重い一撃を食らわせる格闘タイプですが、これが楽しい。まだ格闘系は苦手ですがこいつで徐々になれていこうかと。
前回クリスタルが揃わずに手に入らなかったガトリングボーグがあっさり手に入ってしまい、その恐ろしい程の強さにも惚れ惚れしてしまいました。ゼロ距離連射で瞬殺とか脳汁出ます。

Wiiかゲームキューブを持っていてガチャフォースやったことない人は是非一度遊んでいただきたい。アクションゲームとしては屈指の名作だと思います。Wiiで続編でないかなあ。クラシックコントローラー同梱で。キューブコントローラーでやるのが一番楽しいとは思うけど。
スポンサーサイト
    23:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

まとめ買い

今月はまとめてコミックスが発行されてしまったので一気に買ってきました。
アマゾンリンクが大変うざいかと思いますが書影見せる目的なのでご了承いただきたいとか適当に詭弁。ちなみにブログでアマゾンリンク始めてからまだ一度もお金もらえてませんのでご安心ください。こんだけ長くやっててそれもどうかと思いますが。
あとやっぱり本は近所の本屋で現物手にとって買うのが一番だよな。

・宙のまにまに 3巻
 天文部学園青春漫画の三巻目。前半が文化祭、後半が県内の天文部を集めての観測大会。
 文化祭は、私は三年間クラブの展示ばかりやっててクラスの出し物にはほとんどノータッチだったうえ、我が母校はあまりイベントに大騒ぎする校風ではなかったこともあり、三年の時に自分のクラスで何やってたのかまったく覚えておりません。当日もそれほど大きな祭りって感じもなく、後夜祭とかもやった記憶がなく、なんだか書いていくとどんどん寂しい高校生活だったんじゃないかという気がしてきてイヤになってきました。いや楽しかったんですけどね。
 文化祭ネタといえばうる星やつらのビューティフルドリーマーとか、涼宮ハルヒの(アニメの)ライブアライブなどのイメージがありますが、実際あんなお祭り騒ぎやる学校あるんでしょうか。あったら行ってみたいなあ。去年知り合いの高校の文化祭見てきましたがまあ近いものがあったと思います。全体的にやる気が感じられずに「手作り感」というよりは「手抜き工事」という感じのものが多くて、まあ実際はこんなもんだろうなあ、と思ったものです。突然学校が別世界な雰囲気に変わると面白そうだろうなあ。
 後半の観測大会では県内の他校の生徒が登場し、突然世界が広がって新キャラも増え、和製ハーマイオニー姫ちゃんの苦悩も増えまくり。他校生徒の「あなたは何座萌え?」という台詞には笑いましたが。そうだよな、天文部員にもそういうのいるよな絶対。
 おまけ漫画のプラネたんのオチはどこかで見たなと思ったら魔法陣グルグルでギップルが同じことしてました。パクリっつうかナチュラルに同じネタにたどり着いたのかなとも思いますが(あからさまに同じすぎなのと誰でも思いつくネタではあるな、という所から)。



・ラブやん 8巻
 カズフサとうとう29歳。来年には魔法使い。大和田秀樹先生のドスペラード(買い逃した)で大々的にそのネタやられちゃってるんであえてやらないのではないかと思いますが。ネット発なものは意図的に外してる気がするし。
 ラブやんと微妙にフラグが立ったように見えたりしましたが、庵子さんがあんなことに。正直最終回でやるのかなーと思ってたらこんなところに持ってきてて、いやまあ引っ張りすぎると庵子さんの年齢もアレな事になるからしょうがないんですけど、これで最終回がどうグデグデになるのか楽しみです。商業作品でまともな終わり方した作品見たことないしなあ。しかしラブやんに限ってはむしろそっちの方がそれらしいんじゃないか、とも思えるのでこれでいいのかもしれません。しかし庵子さんエピソード見るとまともにラブにコメった作品描かせたらすごく面白いものが出来ちゃうんじゃないかとか錯覚しちゃう程しっかりとそれっぽかったのですが(アルプス伝説は実はまっとうなラブコメでしたし)。多分やんないだろうけど。



・ケロロ軍曹 15巻
 そろそろ惰性。でも面白さが衰えたような気がしないのは凄いなあ。福笑いとかベタながらも笑ってしまいました。あとラストに出てくるゲストキャラはどう見てもベレー帽とパイプ姿で有名なあの漫画家のお方にちがいなく、TPぼんで本人が出てくるシーンのオマージュ的なものがあり、ちょっとびっくり。



・ツレビト 1巻
 EAT-MANの吉富先生の最新作。女性キャラの絵柄が未だに安定しないでごろごろしてますな。この方の理想型がどこにあるのかはわからんけど描き続ける限り変わっていくんじゃないかと。
死んだ人がまず行く生と死の狭間で、死者の世界へ導く存在、ツレビト。
開始四コマで主人公の女子高生が死亡して、そこからツレビトというものの存在を知るまでの狭間の世界の描写がすごい。見覚えのあるモノを使って完全な異空間を描き出すところは圧巻。饒舌に語らせずに画力と演出で理解させるという、漫画だからこそ出来る世界。正直長く続けられるだけのポテンシャルを秘めているとは思えない題材だけどそれはそれでしっかりと語り尽くせるなら最後まで付き合いたいなと思います。掲載誌マガジンZよりもうちょっと読者年齢上の雑誌にした方がいいんじゃないかとたまに思いますが。若い人向けに絵柄作ってるのかなと今思ったもんで。




・電脳コイルアクセスガイドブック
 ブログではまったくふれてなかった気がしますがNHKでやってる電脳コイルというアニメが大変面白く、毎週末が楽しみでしょうがないのです。そのうち電脳コイルを語るエントリを作ろうかとか思ってたくらいで。9話までのダイジェストとキャラ設定資料とか色々載ってまして、資料に最適。先日から突然ブログパーツで犬がおりますが電脳コイルのオフィシャルパーツです。やたら動くデンスケにちょっと感動して設置してみました。訪問回数に応じて動きが変わるらしいですよ。CCレモンは全然飲みませんけど。
 アマゾンだと品切れで中古が3000円とか馬鹿みたいな値段になってますが昨日本屋で再度見かけて買えたので、わざわざそんなもん買う必要ないと思います。たぶん再入荷します。




コロコロ伝説も当然のように買ってあるのですが読んでないのでまた後日。
    19:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

実は初めてなんです

一時期ガンプラガンプラ言ってたせいで、どうも私がものすごく沢山プラモデルを作っていると思われていたらしいのですが、実際はBB戦士ばかり作っていたのでマスターグレードはボールしか作ってません。つまりガンダム持ってないんですがそれを言ったらたいそう驚かれました。

そんな折り、ちょうどガンダム祭りなるものが始まりまして、未来デパートでガンプラが最大四割引という素敵なセールをやっておりました。今調べたらこれジョーシンのオリジナルイベントなんですね。未来デパートって意味ないな。
そして気がついたら手元にマスターグレードガンダムver.ONE YEAR WAR 0079とニッパーが。
うん、アッガイが終わったら組み立てます。

正直なとこアニメのガンダムを格好良いと思った事はあんまりないんですが、ここ最近のアレンジされたガンダムは大好きです。しかも恐ろしく良く動くと評判なので早く作って遊びたいですな。
色も最初から落ち着いた色合いなのが良いですね。ちょうどアニメカラーバージョンが売ってたんですが、やっぱりこっちの方が好きです。
アニメのデザインが好きな人はMGパーフェクトガンダムを買って装甲を付けないことで非常に近いイメージのものになるようですね。特に胸のダクトが引っ込んでいるのはこれだけらしく。

ところでさすがガンダム祭りというだけあって、ガンダム買ったらDVDをくれました。
MG100体達成記念、「ROAD to 100」というDVD。
1体目のガンダムから100体目の∀ガンダムまでを一気に紹介するというもので、ナレーターがシャア役の池田秀一さん。ほんとに仕事断らないなこの人。シャア専用機やクワトロ専用機になると作中の名台詞を言ってくれたりして楽しいです。ガンダム系のネタでナレーションをやるのは大抵池田さんで、アムロ役の古谷さんが出てくる事はあまりないのですが、やっぱりシャアの方が人気だからですか。昔ログアウトの企画で古谷さんとガンダムのTRPGをやるというものがあったとき「いいですよ、でも僕シャアやりますからね」と言ってきた(シャアの方が人気だからと…)だけのことはありますな。ちょうど最近発売になった季刊R・P・G vol.2(AA)でインタビュー受けててその辺の事も話しておられました。インタビューではうろ覚えでしたがシステムは専用のものではなくパラダイスフリートの改造版だったかと思います。
DVDにはオーディオコメンタリー版としてバンダイの川口名人と岸山さんという方が適当にしゃべっているものもあり、思い出を語ってくれてました。本編があまりに短いためにそれほど多くは語れておりませんが、ファンなら一度は聞いてみたいところでしょう(多分)。映像が流れてしまってあっという間に次の話題に映ってしまうため、もうちょっと節目となる機体についての思い出がじっくり語られていれば面白かったのになあ、という気はします。結構スルーされてること多いんで。

しかしDVD見てたらザクも欲しくなってしまったぞ。ガンダム組み終わったら次はザクを買おう。ザクならBB戦士で一度作ってあるんですけどね。
あと最近出た1/20スケールのバンダイ版スコープドッグも欲しい。高いから買わないけど。

ちなみに二割引のところをレジでさらに二割引という価格でした。リンク貼っておいてなんですがお店行った方が安いと思います

    20:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

この気分屋っぷり

しばらくガンプラからは離れておったのですが、急に積んであったMGボールを組み始めました。所謂現実逃避。
正直なぜこれを買ったのか自分でもよくわからないのですが、なんとなく今組んでしまわないと一生積んだままなんじゃないかと思ったようで。
とりあえずMGらしくゲート処理さえちゃんとやっとけばあとはもうパチ組で十分それっぽくなってくれました。適当に組んで気が済んだので写真載っけるほどのものでもないのでやめときます。

で、組んでいるウチに何故かわかりませんがアッガイが組みたくなりまして。なんでかわかりません。ただ欲しくなったのです。
本当はマスターグレードの方が個人的に理想の体型なのですが、価格的な問題と、あとでかすぎるという問題のためにHGUCをがんばって探し出して買ってきました。
いったん仮組みをすませてから、ゲート処理とかパーティングライン消したりとかヒケ処理をしたりとかして塗装以外は本気でやってます。ABSをどうにかする技術はないのでその辺は放置しますが。

頭のパーティングラインとヒケ処理をして1000番の耐水ペーパーで削っていたのですが表面のペーパーの軌跡がものすごく目立って、これはどうしたものやら、と思っていたらどうもメラミンスポンジを使うと良いらしい、という事を知り、試してみました。ちなみにジャスコで5個入り88円でした

agguy.jpg

写真左がペーパーかけたまま、右がメラミンスポンジをかけたもの。

効果覿面
買ったままだと色がどぎつい感じがしたのですが、これだといい具合に落ち着いてくれますね。
全面をこれやんのか、と思うとちょっと気が遠くなりますが、まあ1/144だしアッガイだし、大丈夫でしょう。
そのうち完成して気に入ったら画像アップします。塗装とかする気ないのでモデラーの方が見る価値はないでしょうが。

    23:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

次のターゲットを探せ

なんかもうそういうブームが来たらイヤですがせっかくなので(どうせっかくなのか)エロゲで復活したら面白そうなPCゲームを考えてみます。

まず、ある程度の知名度があり、懐かしいなーと浸れるものが前提、となるとあまりにマニアックなものではいけません。シリーズが何作か作られているのが好ましいですね。
また、知名度もあり名作であろうともキャラクターが(もちろん女性が)前面に出ていないものも無理です。それこそ先ほど書いた言葉とはちょっと違う意味でマニアな世界になってしまいかねません。
そうなるとアリかなーと思うタイトルは結構限られてくると思います。

そのタイトルとは。

Xakシリーズ。

VRシステムで他のアクションRPGとは違うリアルな当たり判定を再現し、壁などでキャラが見えなくなると透過して見えるようにするなど意欲的なシステムで、3では操演システムによる職人技のドットキャラ演技を見せてくれたあのPCアクションRPGの名作シリーズです。シリーズ毎に魅力的な女性キャラも配置されているし、3における百鬼丸氏の美しいキャラクターはファルコムを超えたと本気で思った程でした。16色時代のPC一般ゲームとしては最高峰でしょう。
1は未プレイなのですが、2をMSXで、3をFMーTownsでクリアしており、思い入れは昨日のアークスの比ではなかったり。
3は特に操演システムを活かすために非常に頭身の高いキャラが動き回り(2以前でも他のゲームよりは頭身が高く、女性をかついで移動したりとか表現出来てました)、様々なアクションを駆使して戦え、途中でシューティングステージとか余計なものはありますが当時としてはかなり良くできたゲームだったと思います。PCエンジン版は別物にも程がありますのでなかったことにします
そんなXakで、ピクシーが、フレイが、あんなことやこんなことや陣痛イイィなんかなったらそれはもう泣きながらモニターを叩き割りかねません。でも絵が百鬼丸さんだったら泣きながら全部買うと思います。

というわけでイーアンツはマイクロキャビンに電話すると良いと思います。
    22:51 | Trackback : 2 | Comment : 0 | Top

今度はアークスが!

ちょっと前にヴァリスXで我々じじいゲーマーの度胆を抜いたイーアンツ。
陣痛イイ!という名台詞を残しついでに我々に禍根を残していった魔のゲームであります。まあやってませんけど。実際陣痛が究極のエクスタシーだったらどうなっちゃうんだろうな。無駄に人口が増加して増え過ぎた地球人は宇宙に生活の場を移してジオン公国が発足しちゃったりするんでしょうか。色々思い付いたけど自粛しておきます。今日は別に陣痛の話題をするために書いてるんじゃないので。

まあそんなわけでヴァリスを見事にどうでもいいエロゲーとして復活されたイーアンツ、なんかわかりませんが売れたっぽいです。うちのブログもしばらくの間検索ワードのトップがヴァリスXがぶっちぎりでしたし。どっかでAV作られてそうで怖い。夢精戦士ヴァギナとかそんなタイトルで。何も考えずにタイトル書いたけど夢精戦士ってただのドクヲだな。
それで味をしめたのかどうかはわかりませんが、今度はあのアークスをエロゲで復活させるそうです。もうなんでもありだな。

申し訳ないのですがアークスは2をMSXでやって、あとはメガドラでアークスオデッセイやったくらいでヴァリスと比べてそれほど思い入れがなかったりするのです。まあ元ネタ知識があった方が楽しいようなゲームにはならんと思いますが。とりあえずまた陣痛ネタをやってください。気合い入れて引きます。

次はコズミックファンタジーとかシルキーリップあたりでお願いします。もちろん買いません。
    23:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

萌えジェノサイド

らぶデスというエロゲーがありましてな。
3Dで見事に萌え絵を再現したおそるべきゲームでして、その再現度には驚きました。
そういや最近あんまりアニメ絵って言わない気がしますな。萌え絵にとってかわられた感じが。まあ揶揄されてた頃のアニメの絵柄が現状ほとんど使われなくなったからしょうがないのかもしれませんが。萌え絵ってそれほど興味ないのですが嫌いって訳じゃありませんよ。先日もらきすた初めて読んでみましたし。ええ感想ですか?京アニってすげえんだなって事がよくわかりましたよ。アニメ版はほとんど見てないんですけど間とパロディでうまく増幅してんだなとか。
何いってんですか原作がつまんないなんて一言も言ってないじゃないですか。訳知り顔の評論家気取りとかしたくありませんしどうせ書くなら良いところを見つけたいじゃありませんか。見つからない時はでっちあげるくらいの気持ちで。ゲド戦記の時のように。

まあ話を戻しますが、そのらぶデスというエロゲーに続編が出たとかで、体験版をまた配布しておられたので買う気がないので落としてみたんですけど面白いですね。マニュアルを読まずにはじめて操作方法がよくわからないままやってたらサッカーボールをフルスイングで投げつけてみたり金属バットでフルスイングで殴ったりしてましたよ。なんですかこれ、DVシミュレーターか何かですか。あんまり暴行加えすぎたら泣いて逃げ出しました。よく出来てますね。
で、ナンのゲームなんですかね、らぶデスって。デスって位だからやっぱり登場キャラ殺して回れたりするんでしょうか。そっちの意味の18禁でしょうか。萌えポスタルみたいな感じの。多分リアルなキャラでやられるより精神的にきついものがありそうですが。
    19:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

一度知ったらもう戻れない

 ウチは結構前から無線LANを使っており、さらにそれがバッファロー製品でAOSS対応で、DS買ったときに自分の先見の明の鋭さに軽く優越感に浸ってみたりしたものです。
 DS買うまでは特にWEPも設定せずオープンな状態で使っておりましたが、無線アクセスポイントに知らないポイントが見え始めたのでさすがにまずいということでAOSSを発動させました。DSとかPSP繋ぐときにもボタン一発で設定出来て大変便利でよろしいですな。ちなみにザウルスはそもそも対応してないんでWEPキーを手入力して繋いでます。
 しかしこれをPCで適用するにはバッファローのクライアントマネージャーを入れなければなりません。多分。そしてこれがまたちょっと困ったソフトで、再起動とか休止状態から回復すると回線が繋がるまで恐ろしく待たされるのです。
 今までは我慢して使っていたんですが、やっぱりこれはちょっとどうか、と急に思い立ってソフトを削除。vaioに入ってたsmart networkとやらを適用してみました。

 するとどうでしょう、あんなに待たされていた回線接続があっという間に!ンまあなんて素晴らしい!つうか今までよく我慢してたな!

 どこかでAOSS使うかもしれないし、とか思ってたんですけどよく考えたらそうそうソレを使える場所でこのノートPC使うわけがないのでした。デスクトップとの連携のために結構共有フォルダ作ってますんでオープンな場所では怖くて使えません。さらにNASを(アクセス権の設定が出来る事を知らずに)普通に繋いでデータ放り込んであるんで無線を今更オープンにも出来ません。

 とりあえず現状で十分満足したのでしばらくはこのままで行こうと思います。
    20:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ナンタコスの季節です

アレな食い物の話ばかりでしたので少しはうまいものの話でもしようかと。
夏になると食べたくなるものとしては冷やし中華とか色々ありますが、ここ数年何故か毎年食っているのがモスバーガーのナンタコス。
今年のナンタコスはソース違いで三種類。ナンの上に野菜が山ほど乗ってて恐ろしく食いにくく、口のまわりはおろか顎にまでソースがついてしまいました。まあ、モスの食い物は顔汚して食うのが礼儀みたいなところがありますんで特に問題はないかと思います。人前で食うのは勇気いりますが私は喫煙席で食うのであんまり気にしなくて良いので助かります。
私が食べたのはメキシカンモレという初めて聞く名前のソースで、甘いソースがタコスミートの味を引き立てていたように思います。スイカに塩ふるみたいな感じでしょうか。
今年はさらに黒胡椒モスチキンとラッシーもついててなかなか本格的です。ラッシーは正直微妙なところではありましたが、他の飲み物よりは合うと思います。

それにしても期間限定って言葉を最初に作った奴は偉いな。
まあとにかくうまかったですよ。
    19:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

魔法のストロー

最近噂の牛乳をおいしく変身させる謎のストロー、Sipahhを買ってみました。明らかに日本的なネーミングセンスとは思えないこの名前、飲む(sip)とあーっ(ahh)と言うからだそうです。
小林製薬みたいなネーミングセンスでした。

袋をあけると太いストローの中に怪しい粒状の何かが詰まっています。これを牛乳にさして飲むと牛乳と中の怪しい粒が溶けて混ざって味が変わるのですね。
ベルフーズみたいな製品でした。

飲んでみると視界に入るのがあきらかに普通の牛乳なのに味だけが変化するのでものすげえ違和感があって、確かに「あーっ」と言ってしまいそうになります。「アッー!」とは言いません。
味は大変濃いミルメークみたいな感じです。牛乳特有の生臭さ(?)がケミカルな味で完全に消されてしまうので、たしかに牛乳嫌いな子供でも飲めそうですね。味も「チョコ」「バナナ」「いちご」と子どもが好きそうなフレーバーばかりですので安心です。

飲んで行くと中の粒がどんどん溶けて消えて行くので、無くなるまでは飲めます。パッケージによると200mlまでは大丈夫みたいです。途中で捨てたくなった場合は、水の中でストローをもんで中身を潰すようにしているとどんどん溶けていくのでなくなった後は自治体の指示に従って捨ててください。

ちなみに水で飲むとセメダインみたいな匂いが口の中に広がります(バナナの場合)。おすすめ。
    20:01 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

目ぢから

フジテレビのCSはゲームセンターCXとか色々と面白いことをやってくれるのですが、デジ絵の文法という素敵な番組も作ってました。
デジタル絵師が実際に絵を描くところを最初から最後まで見せてくれ、一部補足までしてくれるという素晴らしい番組です。昔ニュータイプで「How to art」というコーナーがありましたが(今もあるのでしょうか)、紙面でやるより動画で表現される方が圧倒的に理解度が増しますね。
これもまた昔、ボブの絵画教室という番組がありまして、ボブというアフロの外人が油彩をあれよあれよという間に描いてしまう番組がありまして、「簡単でしょう?」が口癖ですがどう考えても簡単じゃありません。
youtubeにダイジェスト版がありましたので未見の方はこちらを。

ニコニコ動画だともっと沢山ありました。

ちなみにボブの説明を聞きながら素人が描いてみるとこうなる、という一例がこの探偵ナイトスクープでやったコーナーで見ることが出来ます。

探してみるもんですね。久しぶりに見ましたけど何度見ても爆笑してしまいます。電子レンジで卵を温める小ネタにも匹敵する秀逸なネタです。


話が盛大にそれましたが、デジ絵の文法で放送された、寿志郎さんの回を見まして、この方両手が使えないために口で描いているという凄い方なんですが、色々と知らなかったツールの使い方を教わりました。髪のハイライトとか、瞳の虹彩とか、大変参考になりました。
特に瞳のハイライト、これがあるとないとでは印象がまったく違うものです。
ためしに先日頂いた八つ橋のパッケージに描かれていた女性がまったくハイライトのない不気味な絵だったのでハイライトを入れてみました(実際に作業したのは私じゃないんですけど。一緒に八つ橋食べたお友達の一人です)。
yatu-yuuko.jpg

左が修正前、右が修正後です。
ハイライト一つでこんなにも印象が変わるものなんですね!

どうでもいい画像一つ見せるだけだったのに恐ろしく寄り道した挙げ句寄り道の方が面白いという皮肉な結果になってしまいました。

ああ、あとデジ絵の文法、DVDも出てますので誰か買って私にください(買えよ自分で)。
    19:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

名物にうまいものを教えてくれ

京都の土産と言えば八つ橋です。
というわけでおみやげのおこぼれとして八つ橋頂きました。

ラムネ味の

八つ橋ってあれだよな、あんこを餅で餃子風に包もうとしたけど耳が作れないからそのまま三角に折ってやめちゃった奴だよな。あんこだよな。小豆煮た奴だよな、あんこって。

しかるになんですかこの「原材料:ラムネあん」て。
なんだその斬新な日本語は。そんな単語生きてきて今まで聞いたことないわ。

他にもブルーベリーとかももとか青リンゴとか、どう考えても八つ橋とは繋がりようもない味の不思議な物体がテーブルに並びました。まあキュウリ味とかと違って単体では美味しそうなもの、という点ではマシだったかもしれません。

最初は各々家で食べよう、という話だったのですが、一つ試しに食べてみることにしました。
試してみたのはももの味。
口に入れた途端鼻腔に広がるももの香りと
口腔ににまとわりつくあんこ状のなにか。

何というか、八つ橋の姿をした何かです、としか言いようのない奇妙な味。
こうなったら他の奴も全部食べ比べてみるしかあるまい、という事になり、各々頂いた土産を開け始めました。
開けてみるとまあ毒々しい色がお出迎え。
yatu-ramune.jpg

これが冒頭のラムネ味ともも味。

yatu-blue.jpg

こっちがブルーベリー味。

食欲を減退させるために青いふりかけを開発なんて話もありましたが、これもまた見事にそそる色でございます。

まあお菓子だし、色が付いてるのはそれほど気にしないことにして食べ比べ、とにかくその丙丁付けがたい味の八つ橋どもが減る毎に私たちの口数も減っていきました。心とは裏腹に不本意に満たされていく腹具合がなんとなく納得しかねるものがあります。

これから京都に行かれる方は是非珍妙な八つ橋をお探しになり、満面の笑顔でおみやげを渡すと良いと思います。
きっとその渡した相手が京都に行ったときにもっと珍妙な八つ橋を買ってきてくれると思います。
こうやって人と人の絆って深まっていくんですね。深まるのは溝のような気もしますが。
    22:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。