ハイスペック・バカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

今月から一冊ずつ出ます

コロコロ伝説2号、買ってきました。
今号の目玉はやはりゲームセンターあらしでしょうか。ミサイルコマンドで地球を救うというスケールのでかさはやはり元祖ゲーム漫画と言うべきでしょうか。ファミコンロッキーは新幹線爆破を食い止めたくらいだった気がするし。競うところが違いますが。

個人的には名前だけで読んだことのなかった藤子先生のミラ・クル・1とかドラQパーマンとかそっちの方が嬉しかったりしますが。ドラQパーマン、何故かリアルタイムで読んでたんですがネームを藤子先生が担当していたのは知りませんでした。ドラえもんがパーマンに向かって「そこのへんなみなりの男の子」と呼ぶ辺りが最高です。のび太たちがタイムマシンと冒頭に登場した秘密道具を使って仕返しをする辺りは、確かに藤子先生ならではという感じがしますね。
ミラ・クル・1は大長編ドラを始めるために休止したというのがもったいない。ムリをさせるわけにもいかないですけどこの辺もやっぱり編集者の漫画への愛のなさを感じますなあ。別冊コロコロでも別な漫画連載してたんだよな、すぐ終わっちゃってタイトルも思い出せないんだけど。

ザ・ゴリラは、昔は一本くらいはこういう漫画ありましたな。バイオレンスな。
三兄弟の一人が凶悪なブライトさんにしか見えません。
ラストの全員死んでるのに「覚えとけ!」という無茶な注文とか、無人島でどうやってこの後助かったんだろう、とか色々面白い所はありますがとりあえず「殺していいんだ」という一点が一番面白い漫画だと思います。細かい所突っ込む漫画じゃないな、もう。

今号でもっとも凄いのはたかや健二先生の書きおろし「コロコロ執筆突撃隊」でしょう。
たかや先生がコロコロで描いていた当時の事を熱く描いたこの作品、素晴らしいです。
たかや先生といえば藤子スタジオのチーフアシスタントとして働きながらコロコロで連載を持つというよく考えたらすさまじい経歴の持ち主な訳ですが、その当時の大変さ、楽しさを見事に描いております。正直ここまで熱い漫画を未だに描けるとは思いませんでした。
若手作家が一堂に介して作品を執筆するという伝説の「コロコロ執筆室」。作家同士で手伝いあったりすることがあった、とは他の作家さんもインタビューなどでよく言われていた事ですが、まさかこんなシステムがあったとは。横の繋がりも強く、合作も非常に多く行われていたのはこういう事だったんですね。うちにヒーロースペシャルが一冊ありますがあまりに息の合った合作っぷりに今見ても驚きます。
つうかよく体持ったもんですわ。
安孫子先生のアシスタントをやっている中でエロ漫画でデビューしていた人がいて、アシスタント中によく居眠りしたりした人がいたというのを昔ラジオで聞いたことがありますが(その人は結局そこで独立した)、最後までやってのけたたかや先生、おそるべし。
ビックコミックの「倍速時計」の話で道具を取り出す絵のところがドラえもんの手になっていて、「誰だこんなの書いた奴!」って怒鳴ったのはもしかしてたかや先生だったのでしょうか。ちなみに犯人は藤子先生だったそうですが。

今号はこの漫画読むだけでも買う価値あります。つうかプラコン大作読ませろ。

別冊はゲームセンターあらしと金メダルマンの二冊。
金メダルマンは金メダリスト五輪たかしが色んな職業に挑戦するというギャグ漫画ですが、なんで金メダリストがこんなに知名度低いんだろうな。ちなみに連載当時は金メダルマンという名前はなく、サブタイトルの「金メダル教師」とかがそのままタイトルだったようです。単行本で初めてシリーズのタイトルがついたとか。いいかげんだな。

あらしは一巻がベースなので炎のコマが生まれてないんですよね。一番有名な炎のコマよりもムーンサルトりと水魚のポーズの方が先に出てるのは意外と知られてないかも。というか私はこれで知りました。「激闘!巨大マシーン」に出てくる、操作音とゲーム音による音楽、というのは細野晴臣がゼビウスの曲アレンジした時と同じ考えだよな。音楽は全然詳しくないんでよく知りませんがテクノミュージックのはしりとかそんな感じでしょうか。知らないからものすごい適当な事書いてますが。


来月はミニ四駆全開でぶっちぎりの7号です。故徳田ザウルス先生のダッシュ四駆郎が読めますよ。買うしかありませんね。
スポンサーサイト
    20:40 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top

再開しました

拍手コメントから始まる今日の日記。もうすぐ今日終わりますが。

世界樹はクリアされましたか?

いいタイミングです。非常に良い質問です。
先日戦国ランスで正史ルートと謙信ルートを終わらせて、お町さんの強さも堪能出来たのでひとまず満足したのであからさまに放置しまくった世界樹を再開させた所だったのデスよ。

現状どのような感じかというと、14Fから降りられなくなりました。
色々と歩き回っていたのですがどうにも降りる階段が見つからず、延々と歩いた挙げ句おそるべきダメージ床地帯を歩き回って疲れ果て、結局何もなくて途方にくれておりました。歩き回ってたおかげで無駄にレベルだけ上がって46とかになってます。

以前も8Fで似たような状態に陥った事があるので、今回もきっと地図の書き間違いだろうと思って14Fを延々歩き回っていたらようやく新しい道を発見して、先ほど15Fに降りてミッションをコンプリートしたところです。レベルだけ無駄に上がってたから楽でした。うっかり体力回復前に挑んでしまったりもしましたが(アルケミストのHPが30のままだったり)余裕で勝利。はっはっは。

そんな訳でまたちまちまと進めていきたいと思います。
三月くらいには「夏まで遊べそうだなあ」とかのんきな事言ってたらどうも冬まで遊びかねないペースになってきました。いや、それはちょっとどうかと思うので夏が終わる前に終わらせたい。そして次のゲームを買いたい。
    23:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

風になれ

コロコロ伝説を読んでいたら思い出した漫画がありました。

その漫画は、すがやみつる先生の作品、「風キッド」。

連載開始の前号にカラーでプロローグ的な漫画を掲載し、かなり力が入っていました。

カラー漫画では、レース場で信じられない記録をたたき出すバイクレーサーが登場し、やつは何者だ?という感じで始まり、なんと小学生である事が判明、そして人呼んで風キッドと言う、ということまでがわかりました。ほんとうにそれだけの漫画でした。

次号から本格レーサー漫画が始まる!作者がすがやみつる先生というところで本当に本格なのかという不安も一瞬よぎりましたが、先生の代表作「ゲームセンターあらし」も初期は実はまっとうな攻略情報を載せていたりしたので、きっとしっかりした取材のもとにすごいバイク漫画が始まるに違い無い!と勝手に断定。一ヶ月わくわくしながら待ちました。

連載がスタートすると舞台は遊園地。
そこのジェットコースターが故障で止められなくなり、速度が際限なく上がってしまうという緊急事態。乗客も一人を除いて全員気絶してしまい、このままでは大事故に!
しかしその残った一人の少年に向けて警察は「ゆ」「か」「し」「た」「の」と一文字ずつのプラカードを並べて(道路の脇にあるような、一文字ずつ読むと文章になるというアレ)、その「床下のブレーキを引け」という指示を伝え、大惨事を免れます。そんな綺麗なプラカード作ってる余裕がよくあったなとかまあそこら辺はさておき。
バイクはどうした、とかそのへんもさておき。

後日ジェットコースターを止めた少年の元に警視総監(現場にもいた)がやってきて、勝手にバイクの免許を交付し、すごいマシンに乗れと強要。色々あって、風キッドの誕生です。

少年漫画的には「まったく興味のなかった男がひょんなことから題材の天才として目覚める」というのはオーソドックスな展開ですがまさかバイク漫画がジェットコースターからスタートするとは思いませんでした。
警視総監曰く「あのスピードの中で耐えられ、さらにその状態でプラカードを読む事ができる動態視力を持つのなら優秀なライダーになれる」らしいです。

ともあれ主人公はバイクに乗ります。
しかしレースがはじまるのかと思ったらこのバイクで正義の味方になるらしいです。
あのカラー漫画はなんだったんだろう。

そしていろいろあって風キッドはでかい岩の下敷きになって死んじゃいます。
そこに(詳細覚えてないんですが)なんか悪の組織が現れて、人間を滅ぼそうと動き始めます。
人間だけを殺す中性子爆弾を使うそうです。この当時意味がわかりませんでしたが、こんな恐ろしい兵器です。すがや先生容赦ねえ。

人類はおしまいなのか、と思われた所に何故か風キッドが参上。サイボーグとして蘇ったのです。そしてバイクだけで悪の首領を倒してハッピーエンド。別に風キッドじゃなくてもなんとかなったんじゃないかと思わなくもありませんが、まあ主人公ですし、こうでもしないとどうしようもないです。

そんな感じでバイク漫画だけどレース漫画じゃない、というわりと風変わりな漫画である風キッド、コロコロ伝説でブームなんで便乗して復刻しませんかね。予告漫画から読み始めるとじわじわ来ます。

資料もなく記憶だけで書いちゃってるんで詳細に誤りがあるかもしれませんがその辺はご容赦いただきたい。
    21:38 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

もっと早く出てれば、あるいは。

更新さぼってたおかげでこの手のニュースがだいぶ賞味期限ギリギリです。しかし下書きしてた以上はもったいないのでアップしときます。

Palmから面白いものが出ましたね。
ノートPCではない、まったく新しいモバイルデバイス、だそうです。
Linuxベースで、BluetoothによりTreoと瞬時に同期出来て、メールやネットをTreo経由で簡単に使えるというもので、あくまでTreoの母艦として、Treoの小さな画面やキーでの操作を補佐するためのものなのですね。

先見の迷惑というサイトがありまして、今当たり前に享受しているコンピュータ系の、誕生の瞬間を見た人たちが発した言葉があります。
ほとんどの人が「いらんやん」という感想を述べています。そんなもんだろうと思います。

こういう事があるのでむやみに新しいものを否定するのはよろしくないと思うのですが、まあ日本ではあまり用のない機械ですね、これ。Treoの普及率とかネット接続の料金体系がわからんので一概に否定は出来ないですが。

Treoが普及しており、Treoによるデータ通信費があまり高くないとしたら、安くて軽くて大きな画面でネットにつなげられるこの機械はかなり有効な気がします。
でも日本にはこの程度のサイズのノートPCは結構出てますんで、どうせこのサイズならもっと色んな事したくなっちゃう気がするんだよなあ。
日本じゃ昔にポケットボードというこれとかなり近いコンセプトのマシンが出たことがありました。まあこっちはメールのための機械なんでネット接続とかはありませんでしたが(10年前の機械だからしょうがないんだけど)これくらいのサイズでいいんじゃないかなあ。なにもわざわざB5ノートまででかくせんでも。
PCではないスマートフォンの母艦、というコンセプトなら日本は10年も前に通り過ぎているんだぜ、とちょっと言いたくなっただけです。Docomoじゃないんで買ったことないんですけどね、ポケットボード。ハードオフのジャンクコーナーによく置いてあって意味もなく欲しくなったりします。
    20:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

どすえ

宮藤宮久郎脚本の映画、舞妓Haaaan!を見て来ました。

過去のとあるトラブルにより舞妓さんにハマってしまった主人公が、舞妓さんと遊ぶ(お茶遊びと言うらしい)ために奔走するという映画。
と言ってしまうとなんだかよくわからないのだけど、実際なんだかよくわからない。まあクドカンですし。

主人公阿部サダヲが異様なハイテンションで舞妓萌えを語ったり、お茶遊びの基本を教えてくれたりします。こういう店では一見さんお断りなので、なんとかして紹介されないもんか、と思った所に自分の会社(カップラーメン製造)の社長が出入りしていることを突き止め、認めてもらうために新しいラーメンを開発し、バカ売れしてとうとう社長に連れてってもらいます。
しかしそこにいたライバル(プロ野球選手)と張合うためにいきなり野球チームを作り、さらに自分も野球選手になって大活躍し、これでどうだ!と思ったら相手は引退して役者としてデビュー。負けじと野球やめて映画の製作をはじめると相手はなんと市長選挙に立候補。
まあこんな調子でどんどんバカな展開が続くわけで、何も考えずに笑うが吉、という感じの映画でした。

というか、骨子があってないような感じで、たまに忘れた頃にちょこっと出て来たりとかして中途半端だったんで、その辺は忘れた方が楽しめるかも。最後あたりは多少しんみりしてみたりとかあるんですけど、そこに至るプロセスがほとんど省かれていたり説得力に欠ける展開だったりしたんで無理矢理感が。

見どころとしては
・阿部サダヲの腹筋
・何をどういじっても京野ことみにしかならなかった京野ことみ
・動いてしゃべってる植木等(!)
辺りでしょうか。
特に最後の植木等さんが見られただけで元が取れた気がしますが私だけでしょうか。

テンポも良くて素直に笑える楽しい映画として、クドカンファンにはおすすめです。あと阿部サダヲファン。


先日コンビニ行ったらあんさんのラーメンが本当に売ってて驚きました。映画と違って本体140円で全部入れると440円という高さのためにネタで買う以外にはちょっとなあ、という感じですが。オプションが全部100円なのがいたいなあ。まあタイアップのネタ商品だろうからこれでいいんでしょうけど。
    21:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

1号の方が後回し

熱血!コロコロ伝説、うっかり更新放置してたらもう明日には次の号が出てしまいますが、今日は1号を。

coro-01.jpg

パッケージはやはり大人をターゲットとしたデザイン。
しかしこれは逆にコロコロだとわかりにくい気がしないでもありません。通常のコロコロと間違えないようにという子どもへの配慮の可能性もありますが(本誌では全然広告打ってないらしいんで知らない子どもも多そうだし)。

もともとドラえもんの掲載を目的として作られた本という事でやはりメインはドラえもん。そして新オバQ。
オバケのQ太郎は色んな問題があるらしくて(実際にはもう何もないとも言われてますが真相は不明)まったく再録や復刻の機会のないオバQがようやく読めます。
正直さすがに私もこの頃のコロコロは読んだことがないので掲載されている漫画もほとんどわかりません。
とかいいつついなかっぺ大将は単行本持ってたので(もらった)読んだことあるんですけども。

この頃はもう野球とウルトラマンばっかりだったのかという気がしますが、まだホビーらしいものもあまりなかった時代なので(むしろ漫画そのものがホビーだったのかもしれない)この辺はそういうものなんでしょう。
オリジナルの漫画は大半がギャグ漫画で、前述した通りドラえもん雑誌ということを考えると自然とギャグ漫画を中心に構成されていたのだと思います。

リトル巨人くんって実は二回連載されてたんですね。私が読んでいた頃にもあったんですが、それとは別に第一期連載があって、1号に載っているのはそちら。王監督が現役の時代ですよ。すげえ。いや、私が読んでいた頃も駒田が新人だったりとか今見れば十分時代を感じるのですが、それでもやはり凄い。

ウルトラマンの漫画も作者が同じってこの号に内山先生の漫画いくつ載ってんだ。
ウルトラセブンが道場の師範やってますけど見てる弟子が全員ウルトラマンの系列なのでアイスラッガー見せてもどうしようもないと思います。あと飲んだくれてる新ウルトラマンとか違う意味で面白いです。

coro-01.jpg

別冊付録は新オバQとがんばれ!ドンベの二冊。
オバQが読めるだけでもこの号買う価値はあると思います。藤子作品の中でもシュールなネタの多いオバQ。
第一話のドロンパのツンデレっぷりに萌えるもよし。
バケラッタとしかしゃべれないO次郎が通訳にQ太郎を雇おうとして戸田奈津子ばりの超訳で役に立たないQ太郎を解雇して、結局家族にオバケ後講座を強要したり(しゃべれないけど日本語は書けてたりする)。
O次郎になんとかサンタのプレゼントをやろうとして金策するもうまくいかずに時間だけがすぎ、最後の手段も潰えて気が狂う(!)Q太郎なんて今絶対描けない。
他の巻も読みたいなあ…。

がんばれ!ドンベはまったく初見で、なぜこれが別冊に?!とか思ったんですが面白いわこれ。クラスの劣等生を集めたグループが主人公で、色んな騒ぎを起こすんですけどなんつうか妙にリアルなのよね。なんか読むとトラウマボックスがパカパカ開きそうな気がしてなりません。小学生版中学生日記みたいな感じです。リーダー的立場の秀一の言動が「漫画的リーダー」ではなくてリアルなリーダーなのがいいですね。格好付けてみんなを引っ張ろう、とか守ろう、とかじゃなくて仲間の行動に一度切れてみたりとか上からものを見てない。こういう対等の関係ってのも面白いですね。本誌に載ってる方のどんべはヒロインの女の子が妊娠疑惑といういいのかコレって感じの作品で、どうも単行本未収録だったらしくて(そりゃそうだろうなあ)結構価値があるそうな。

今回の1号と6号は10年分の開きがあるわけですが、さすがに10年ともなるとまったく印象も変わり、その違いを見るだけでも面白いです。とりあえず自分の読んでいた年代を中心に、他の年代もちょっと読んでみてはいかがでしょうか。とりあえず私は明日また次の号買ってきますけど。
    20:03 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

やめられないんだこれが

というわけで戦国ランスにはまっている訳です。なにが「というわけ」なのかはさておき。

やっていたときにあまりに素敵なフレーズだったもので、ついついチャットに
「テキサスの掟!ばきゅーん」
と書いたのです。(結構ゲームとかしながらチャットだらだらしてたりするのです)
そしたら友人Aが
「おれはお前が気違えたのかと思った」
とか言うのですよ。

失礼な。
私ほど知性や品性に溢れた人間もそうはいませんよ。八犬伝に登場してたら智の球もらってたに違いありませんよ。そんな私に気違えたとは何事かと。
他の人も言ってやってくださいよ。
ねえほら友人Bもね、こう言ってますよ
「何を今更」

いやそうじゃねえだろ。
    18:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

どうでもいい話ですが

FC2の設定いろいろみてたら「禁止ワード」という項目がありまして、多分コメントとかにそのワードがあると表示しないとかそういう系統の機能なんだとは思うんです。それはいい。自衛のためでしょう。
しかしそこの例示として「バカ」て書いてあったんです。
それだとウチのブログは存在自体がアウトになってしまいます。
おのれ。
    19:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

一般販売開始

富士通のLIFEBOOK Uが一般向けにLOOX Uとして販売を開始しました。フォトレビューはこちら
予想外の早さで驚いていますが、たぶん富士通側も予想外の人気(企業向けなのに個人購入が多かったとか)で繰り上げたんじゃないでしょうか。真相は知らんけど。繰り上げた割には納期二ヵ月とかザラらしいけど。

結局今回のweb直販ではXPモデルのみということになり、さらに企業向けより圧倒的に安くなっているため、様子見していた人は両手上げてバンザイといった気持ちではないでしょうか。この値段だと標準バッテリと大型バッテリを一本ずつ買ったりもできますね。在庫すぐ消えるけど。

ITmediaでは早速分解しています

こちらでは試作品でのレビューも。

キー配列で「カーソルが独立していない」「『ー』が独立していない」という二点がかなりひっかかるのですが(使用頻度高いので)、おそらくまともな競合製品がXPで出るとも思えないし、コスト重視で無理矢理安く仕上げたという開発者のコメントからも価格的に競合出来るところもなさそうなので買ってしまいたい気分でいっぱいです。これを買う場合はTreoとかCLIEとか全部売って携帯プラスLOOXというスタイルになるでしょうな。新しい携帯、辞書機能が非常に強力になったおかげで短いメモならかなり楽に打てるし。USBケーブルで繋いでデータひっぱれるらしいんでこれ一つでいいかも、とか最近思い始めたし。

まあ先立つものの問題はさておき。
    20:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

人のこと気にしてる場合か

ゆーいち氏のあやまる前にケツを出せのエントリが1000到達だそうでおめでとうございます。

ハイスペックバカがブログになってからのエントリ数はここまでで352。
一月平均16回前後ですのでだいたい二日に一度くらいのペースで書いてますね。
まあ平均の話でして実際には「1~2週間一気に書き続けて同じ期間休む」という感じの、マラソンでペースを考えずに全力で走る「とも」みたいな書き方なんですが。

旧サイトでは月に一度まとめて30日分とか無茶な更新してたので、今見ると毎日更新してたみたいに見えますが更新頻度についてはブログ移行後の方が圧倒的に高いです。
まあ、今月ちょっとお休みさせて頂いてましたが何してたんかというとずっと戦国ランスやってましてな。友達に戦国ランスのMAD見せてもらったらなんか面白そうだったんで手を出したらもうやめられないとまらない。やばいです。ここまで面白いとは思わなかった。

初回のプレイで魔軍をアフリカ方面に追い込んだ後にそこから勝てず、独眼竜に挑んで武将を増やそうとしたら放置してた今川が攻めて来てどうにもならずに詰み、リタイア。
二度目は進め方も心得たので、原>足利>朝倉>巫女>上杉>伊賀>明石>タクガと順当に制圧し(天志教とは和睦)、前回詰まった本能寺の変やアフリカ制圧もわりとスムーズに進めてクリア。

現在二周目の謙信ルートで三カ国(魔軍足せば4)から同時に宣戦布告くらってひーひー言ってます。楽しー。
    21:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

受け身は取れませんでした

会社で荷物を運びながら階段を上っている時に転んでしまいまして。

荷物で両手がふさがっている状態だったので受け身を取るとかそういう体勢にもなれずに膝で全てを受け止めるカタチになってしまい、ものすごい音がして強打。
痛みでしばらく動けませんでした。
音を聞いて会社の人が様子を見に来てくれたのはいいんですが動かない私を見て焦ってました。意識を失ってるのかと思ったらしいです。

落ち着いてから膝見たら見事にすりむいてて血がにじんでました。
絆創膏なんか貼るの久しぶりだなあ。

いや、たまにはこういうドジっこっぷりを書いてみたらちょっとはモテそうな気がしたので。
気のせいですか。
    20:05 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

この世界での冒険譚の終焉

長いプレイ時間と、長過ぎる放置時間を経て、先日正式に、FF11を解約しました。
終わってしまえば楽しい事しか思い出しません。実際ブラックリスト機能とGMコールを一度も使った事がないので本当に対人関係には恵まれていたと思います。

解約する前にくいなはウィンダスまで歩いていきました。セルビナから船に乗ったらファントムとホラー師匠が御同席されており、歓迎の挨拶をホラー師匠に受けて一撃で昏倒したりもしましたが、通りすがりの白タルさんに治して頂き、なんとかウィンダスにたどり着きました。
文字潰れてますが



最後の日は、ずっと船で釣りをしていました。偶然にも満月。さらにブランちさんがお見送りに来て下さり、一緒に釣りをしてました。腕がにぶってあまり釣り上げられませんでしたが。
最後の日ということで海賊も見送ってくれました。二日で海のレアもの制覇する辺りヴァナの神(笑いの)には愛されていたのかもしれませんね。
海賊にもさようなら



倉庫キャラを減らして維持、というのも考えたんですが、平気で二ヶ月くらいログインしなかったりしていたもんでさすがに金の無駄というか。ケジメつけた方がいいかなーと。

リアルな話はさておき、沢山の人に出会い、沢山の思い出を手に入れて、ヴァナディールのヴァイとくいな(と倉庫たち)はモグハウスで眠り続けます。
野良パーティで一緒に遊んでくださった方々、サイト上での交流からサーバーを超えてお会い出来た方々、大事な友達のみんな、本当にありがとうございました。


最後の写真は、私が初めてヴァナディールにやってきて、初めてその姿に感動した、あの木の前で。せっかくなので二人で最後のあいさつを。
最後は二人で
    18:52 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。