ハイスペック・バカ

Treo700pがやってきた

いろいろありまして、Treoを買おう、という結論に至りました。

スマートフォンやHSDPA(の利用出来る端末)などネットワーク系に特化して進化し続けるPDAの遺伝子を遠めに見ながら自分にとってPDAとは何なのか、という自問自答を繰り返し続け、結局今の所は脳の拡張(主に記憶領域の)ということになりました。つまりメモとPIM。

この二点のソフトを有効に使うには、キーボードとPalmOSを搭載したTreo700pが今自分の求める最高の機械なのではないか、という結論に達したと言うかまあ全部後付けなんですけど

そういう訳で今手元にTreo700pが届いたのです。ブラボー。
もうね、今日届くってわかってから気が気じゃなくてね。仕事手につかなくてね。それくらい大変だったんですけどそれはまあいいや。とにかくしばらくはここの日記もTreo日記となります。

ずっとCLIEだった(N650C→UX50→TG50)のが急に海外製品を使うということで、他のブログのような「つうか海外在住なんで」とか「日本語版が出る前からPalm使ってますし」とかそういうスゲェ人とは違う日記になるんじゃないかと。比較対象がCLIEですし。

もし、今「Treoとか買おうかなーでもよくわかんないしなー」という人がいれば多少お役に立てるかもしれません。そもそも私がよくわかってませんので

とりあえず今日はここまでにしておきたいと思います。
    22:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

サウンドロップ

サウンドロップってあるじゃないですか。真似るの失敗したたまごっちみたいな形状の、真ん中にでっかいボタンがあって押すと特定の音がなるという。
結構欲しかったんですが今まで我慢してました。
知人がガンダムの奴買ってきて「認めたくないモノだな」というのが出て会話の節目に使ってて大変面白かったのです。使い所がよければ相当受けます。

色々と出てて「ウグイス嬢のサウンドロップ」にはかなり惹かれたのですが、その隣のスーパーマリオのサウンドロップを見つけてしまい、迷わずこちらに200円入れて回してしまいました。他のガチャガチャは「んー!うんーねえ…」とかそんな感じだったのですがマリオだけは考えるより先に財布から200円出してました。そういうもんです。ヴィレッジバンガードのファミコン系グッズにだけずっと居座ってみたりしますし。

そしてダイヤルを回して出てきたのは「コイーン」となるタイプでした。
ポケットに入れておいたらかがんだりする度にコイーンとなってやかましかったです。ジャンプはしてません。

そして100回押すと1UPすること判明。芸が細かい。
    20:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

すごい売り文句

道を走っていると、ドライブスルー的なゲーセンが結構ありますな。
最近はもうアーケードゲームはまったくやらなくなったので立ち寄ることもないんですけど、なんとなく眺めたりはします。
今日も適当に眺めたりしながら走ってたら、ゲーセンの入り口にこんな看板が。

tenga.jpg


テンガってあのTENGAですか?
そんなもん売りにしてんじゃねえぇー

ゲーセンとしてどうなんだそれ、と思いながら店にはいるとそこはエログッズとパチスロしかないお店に変化しておりました。怖くてすぐ出ました。

買ってませんて。
    22:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

キレイキレイ

普段使わない道を使ってみたら、絶賛工事中でした。
トラックが絶賛通行中で道が絶賛水濡れ中で結果として私の車に絶賛泥かぶり中

我が愛車の右半分がパイ投げパーティでもやったのかという具合に真っ白。
うん、さすがにこのまま走るのはちょっと、なんというか。

仕方なく近くにあったガソリンスタンドで洗車を。
なんか妙に洗車に力入れてる店らしく、やたら細かいメニューがありまして、しかし手持ちもなかったし急いでいたので一番安いコースで。

待っている間にジャンプでもあれば読もうかしら、と店内を見渡すと漫画の棚が。

BADBOYSとクローズと今日から俺は!がありました。
わかりやすいなおい。
    22:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シャープの新スマートフォン

シャープがまた新しいスマートフォンを出してきました
今度はイーモバイルから。

うーん、なんというか、そそられない。

シャープはもうザウルスのノウハウを活かしたスマートフォン作りに今後も行く感じなのかな。どこにどうザウルスの遺伝子があるのかっつうとまったくわからんのだが。単純にこっちのが儲かると踏んだか。正しいぞ。ザウルスもうやんないという噂の信憑性がどんどん増すな。新機種かと思ったらワンセグ付き電子辞書だった時はエイプリルフールにはまだ早いぜと思ったもんだが。

PDAとして見る場合、クラムシェル型よりスライド式の方が圧倒的に取り回しのスピードで勝るのだけど、耐久性に劣る事がままある。個人的にはそういう部分でちょっと気になる。安くて乗り換えを前提とした使い方の普通の携帯電話ならそれでもいいんだけども。
他社のスマートフォンがどんどんストレート型になっていく中、こういう方向でがんばって進化させていこうという姿勢は評価しないでもない。実際私はムラマサ買ったりザウルス買ったりとシャープ製品は結構好きだ。った。

もっとW-ZERO3esを尖らせて小型化させていくようなそんな機械が欲しい。スマートフォンを名乗るならもっとスマートに(そういう意味じゃないのはわかっとる)携帯電話としての使い勝手も考慮していただきたい。

ともかく、そそられない。
アタマ堅いね、とか言われようがなんだろうがこういう方向性はあまり好きじゃない。便利なのはわかるけど。

小型の機械は「全部入り」をやろうとすると必ず破綻する。現状の技術では。どこをそぎ落とすかという部分でその機械の方向性やセンスが問われるのだけど、多分その選択の仕方が私の好みじゃないのだろう。
というか、多分隙のなさ過ぎるスペックがかわいげがなくてイヤなんだろうなと今気付いた。なんてわがままな。

あと対象地域が問題外なんでどっちにせよ買えませんでした。
    22:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

(プレイ日記)パンくずでも落とせ

ウィッシュルームも終わったので世界樹に復帰してます。

例によってネタバレ満載の日記になりますので8Fまで行ってない人は読んじゃだめ。



よろしいか?

8F、階段を下りたところで左にも行けるのに気付かず壁でマップをふさいでしまい、さらに泉の扉にも気付かず壁でふさぎ、「なんだよどこにも行けねぇじゃねえか」と上の階をウロウロしてたら隠しルートでどんどん上がれる場所を発見。
したのはいいけど一度下がってまた上がるという性質上、なかなか歩きの難儀な場所でしてな、さらに敵も一階層下の敵が出るんで探索だけでも一苦労。ある程度歩き回って、アルケミストとメディックのTPが尽きたのでそろそろ帰ろうかと鞄を開けて糸を出そうと思ったらどこにもありませんでした。

いや、ちょっと待って。

アルケミストのTPが4しかないんです。
メディックのTPは12です。

このゲーム、がんばればワリと戦闘から逃げられるほうなんですが、それにしても現状で徒歩で帰るには三階分ほど歩かないと無理。
つうかもう夜遅くて眠い。

…死ぬべきなのか…っ!

いや待て、クールになれ。今鞄の中身をチェックしたときに見慣れないクスリがあったな。さっき宝箱から拾ったものか。…アムリタ(TPを15回復)か…。

Σ(☆∀☆)
アルケミストはさっきレベルが上がっていたな!スキルポイントが1あったな!アルケミストに帰還の術式を覚えさせ、そこでTP回復のアムリタを飲ませれば…!たった15、15しか回復しないこの薬、しかし…帰還の術式の消費TPは、15…!

帰還…っ!

その後糸とは別にアムリタも必ず鞄に入れるようになりました。
    22:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

(プレイ日記)白馬に乗った王子様

気がついたらトラックバックキャンペーンが終わってました。
まあいいや。どうせ当たらないし。

今日もネタバレ日記であるので6F踏破してない人は読んじゃダメ。


よろしいかな。


森の熊さん(FOEの)に絡まれて、ちょっときつかったところに横から何者かがやって来て疾風と共に一撃で熊を撃退してくれました。
うわ、すげえ!白馬の王子様みたいな!
だれと思ったら熊でした。

まあ、二匹でこられるよりはマシですけど。
    22:18 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

オンラインセッション実行

ネットでTRPG。
先月から急に仲間内でTRPGブームが到来してしまい、なんだかんだと話が進み、オンラインセッションを行うことに。
というのは先月書いたエントリの通り。


二日ででっち上げた、各種技能ロールと戦闘を一通り出来るだけの簡単なダンジョンなのですが、まあそれなりにコンセプトを通したダンジョンではありました。それなりに。

しかしマスタリングとバランス調整に失敗してプレイヤーがまあ疑う疑う。レベル1のキャラ相手にそこまできついことしませんがな、とは思ったけど初のメンツだけにお互い力加減がわからないからしょうがないですね。緩急の付け方は明らかに失敗。

ある程度ダンジョンの意図をくみ取ってくれた人がいたのだけど「そこまで深読みするか!」と逆にこっちが感心してしまう程考えてくれて、むしろそんなに深く考えて作ってないよと謝りたい気分になりました。

やはり顔が見える(GMの顔色をうかがえる)オフラインセッションとは勝手が違うものだなあということを、実際にやってみて改めて実感。メモ用紙一枚レベルの準備でほとんどアドリブで口からでまかせでやっていた頃とは勝手が違いますな。

次のセッションではプレイヤーとして参加。こちらも楽しみ。
    22:17 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

願いがかなう部屋

お久しぶりです。
いろいろと余裕のない日々が続いていたので日記書けませんでした。
二月からずっと今までの日記を夏休みの最終日に天気がどうだったかとか適当に書きなぐる絵日記のようなものにしてしまおうかとか思ったのですがそんな余裕がないので断念しました。

んで何やってたかっつうと世界樹の迷宮休んでウィッシュルームやってました。
テレビCM見てズキュゥゥンと心に響いたので速攻で友人に頼んで予約してゲット。しかし買った当時は世界樹ブームまっさかりだったのでしばらく凍結、と行きたかったのですが世界樹がこのままでは夏までかかりかねない、と判断したため一旦お休みしてプレイしたのです。

いや面白かった。雰囲気や音楽がストライクでした。
画面を縦に使う事でキャラクターを大きく表示させる事が出来たり、左右で「キャラが同時に喋る」事を表現出来たり、他のアドベンチャーとの差別化が顕著に出ていました。
タッチペンを使った移動や謎ときは、意外と快適。ちょっと前に流行ったFlashの脱出系ゲームが好きならそれほど詰まる事もないんではないかと思います。


行方不明の元同僚を探すために刑事を辞め、セールスマンとなった主人公が仕事のためにホテルダスクに泊まるのですが、そこに居合わせた何の関係もないはずの宿泊客や従業員が色々な角度から主人公に関わっていくという、実際にはたった一晩のお話です。関わっていくというか一部無理矢理主人公が足突っ込んでいるような気もしますが。

大人向けの雰囲気がとても心地よく、終盤に向かって収束していく伏線も良かったです。
元同僚の行方、裏切った理由、そこにからんだ「天使の絵」とその作者の謎。複雑な人間関係を理解していくと共に、そこに現れるそれぞれの共通点。

最近アドベンチャーゲームやってないなーという人にはおすすめです。所々パズルゲームが混じるので純粋にストーリーを楽しみたい、という人には不向きかもしれませんが、これくらいゲームっぽさが入ってると自分で解きあかしていく感が生まれて良いです。

難点としては一番時間がかかるのがキャラ探しだったりするところ。一度従業員と話をして、別な所に行って話を進めて、もう一度その人に会おうと思うととんでもない所にいたりとか。この辺は別れ際とかに「ああもう洗濯物が溜まってるんだよねー。忙しいったら!」とか言わせておけばヒントになったんじゃないかと。
また、せっかく会話で気になった言葉を後で質問するシステムになっているのなら、人探しするときもこれを使って人に聞けるようにすれば良かったかも(無関係の人は当然わかんないでしょうが)。

というわけでオススメです。買って。
    22:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: