FC2ブログ

ハイスペック・バカ

WingBoard導入

PDAはキーボードが重要です。
いや、私には、というだけですが。
まあ、もう何度も書いてることですので今更詳細は書きませんが。

で、現在使っているCLIE TG50は親指入力なので、長文をだらだら打つにはあまり向いていません(リナザウことSL-C860は意外と長時間の入力が苦にならない稀有な機械です。辞書はバカだけど)。
そこで導入したのがプリンストンテクノロジーのWingBoard for CLIE
これが非常に面白い構造になってます。

wingboard-01.jpg
閉じた状態の大きさはこれくらい。TG50と比べてもそれほど差がないですね。
で、これが

wingboard-02.jpg
ふたを開くとこんな感じに。良く見るとキーの配列がQWEと来てPに飛ぶという豪快なことになってますが、これがこのキーボードの最大の特徴、トライダースライド
この名称はトライダーG7というアニメに出てくる巨大ロボが公園を真っ二つにしてその下から現れるという豪快な搭乗シーンだった事に由来します。まあ今思いついたでっち上げなんで外で言わないほうがいいです。でもなんか格好いいなトライダースライド。必殺技みたいだ。
まあ脱線はいいとして。

wingboard-03.jpg
キーボードの左右を外側にひっぱると下から残りのキーボードが現れます。このままだと段差があって使えないじゃないか、と思いながら最後までひっぱると

wingboard-04.jpg
ガチっという音とともに真ん中のキーボードが突然持ち上がります。これが面白い。中身がどんな構造になってんのかさっぱりわかりませんが初めてやったとき面白くて何度も畳んだり伸ばしたりして遊んでました。
遊ぶのに飽きたら伸ばした左右のキーボードを真ん中に押し込むと

wingboard-05.jpg
完成です。
いいですね。この無駄なギミック。ガジェット好きにはたまらない構造です。普通折り畳み式と言ったら二つ折、四つ折(蛇腹)と行くところをこんなスライド式にしてしまう開発者が好きです。結果的に二つ折りにはないメリットが出来ました(後述)。

真ん中にある端子部分にクリエの接続端子を繋げばキーボードとして使えるようになります。折りたたむときは当然逆の手順を踏むわけです。
開いた状態でもB5ノートよりちょっと狭いくらいの幅であまり大きくならず、それでいてキーピッチもストロークもノートPCとほぼ同等なので打ちやすいです。
構造上キーを打つとガシャガシャと全体が軽く振動して音が出ます。それほど大きな音が出るわけじゃないし振動も気になるほどでもありませんが、気になるなら下に柔らかいものをおくといい感じかもしれません。もっとも二つ折りタイプのキーボードと違って端が浮いたりといったこともなく、さらにひざの上に乗せて打つときもひざとひざの間に折り目が入って突然折れる事もないので場所を選ばず打てます。これはかなりアドバンテージあると思いますよ。二つ折りタイプは広げた状態で固定するものってあまりないので(片付けにくくなるから)ひざの上で作業しようと思ったら何か固いものを下に敷く必要ありますから。
モバイルキーボードとしてはかなり理想的なんじゃないですかこれ。

さて、このキーボード、購入前に調べて気になったのが「入力にラグが起こる」ということ。しばらく打ってないと一文字目を認識しなかったりとか、打ったタイミングとちょっとずれるとか。
しかしそれも標準のドライバではなく、有志のドライバを導入することで解消するということで、最初からそちらを導入してみました。

長いのであとは興味のある方のみどうぞ。↓
スポンサーサイト



    23:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: