FC2ブログ

ハイスペック・バカ

かつまぶし

私の地元ではカツ丼は卵でとじません。たれをくぐらせたカツを乗せるのがカツ丼であって卵でとじるカツ丼は卵とじカツ丼です。

政家というカツ丼屋が地元にありまして、私が行ったところはあまり繁盛してなかったんですが、たまには良かろうと思って入って見ました。メニューを見ると、面白いものが載ってました。

 「かつまぶし丼」

なんだかよくわかりませんが聞いたことのないものは挑戦してみれば良いので、これを頼んでみました。おいしくなければ「これを作ったのは誰だぁ!」と海原先生よろしく厨房に怒鳴り込めば良いわけですし(お前が厨房だよ)。

食してみたところ、これがうまい。
2センチ四方以下に細かく切られたカツと、細かくきざんだ青ネギとノリがトッピングされ、短冊状に切られた山芋が入って、真ん中に生卵(ほとんど卵黄のみに近い)が乗って、そこにタレがかかっています。
これを思い切りかきまぜます。今日あった嫌なことを全部吐き出すようにエネルギッシュに、あの人への想いを乗せてリズミカルに、まんべんなくかきまぜます。お好みでワサビも入れられます。

見た目はかなりアレですが、これが旨い。タレの味が満遍なく行き渡ったご飯にノリと青ネギがからみ、小さなカツはスプーンですくえば二つ三つついてきます。一緒に食べればタレとカツの味わいにノリとネギのアクセント。さらに山芋が生で入っているためシャキシャキとした歯ごたえも時折感じられ、まぜご飯特有の混沌とした食感に一瞬活を入れてくれます。
タレが甘口なのでこのままだと全体的に甘ったるい、ちょっときつい味になるのですが、ワサビを加えることで意外とさっぱりとした味に変化し、最後まで飽きる事なく食べられます。
これはうまい。
このちょっと独特な料理をもっと前面に押し出した方がいいんじゃないかと思うんですが。

お近くにお住まいの方はぜひ一度お立ち寄りください。
別にまわしものじゃありませんが。
スポンサーサイト



    14:14 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)

Author:毒蝮ワン大夫(又はヴァイ)
平和とHORIを愛するナイスガイ。
わりと衝動のままに生きるので日記の方向性が定まらなくて困る。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: